ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

ボードゲームの開封レビュー

ボードゲームに触れる最初の感動を、出来る限りエモーショナルにご紹介しています。コンポーネントについての紹介がメイン。あと簡単なルールについて。

クエスト:永遠の王の物語【ボードゲーム】|クエストでも途絶えていないレジスタンスの系譜。モードレッドの軍勢をアーサー王は打ち破れるのか?この激しい心理戦を切り抜けろっ!

ども。コモノです。 本日は「懺悔:積みゲーをご紹介」の会。取り出したりますは「クエスト:永遠の王の物語」でございます。皆様もボックスアートを目にした事はありますでしょう。 プレイ人数は4人〜10人という正体隠匿系ボドゲの雄。名作と言われたあのレ…

クトナー・ホラ:銀の町【ボードゲーム】|14世紀のボスニア。新たな都市の発展に貢献するよ!市場の価格変動にも気を配りつつ祈りつつ、銀鉱山を掘り掘りしながら街を発展させましょう!

ども。コモノです。 クトナー・ホラとは銀山で栄えたボスニアに実在する街の名前です。初めてこのゲームをチラ見した時は絶対に怖いやつだと思ってました、ハイ。きっと吸血鬼とか出てきちゃって教会の神父との戦いとか起きるヤツだと思ってましたが....違い…

ラタ 日本語版(Lata)【ボードゲーム】|イワシにする?それともサバにする?50年代のポルトガルで世界中に可愛い缶詰を届ける夢を抱きながら、悩ましい工場経営を頑張るボドゲです。

ども。コモノです。 今日はずっと気になっていたラタ(Lata)をポチったのでご紹介したいのです。 ラタはホヌゲームズさんで取り扱っていたポルトガルの缶詰工場を経営するゲームで、コンポーネントはカードゲーム中心ながらも何やら悩ましそうな雰囲気が面…

バイオハック(BioHack)【ボドゲ紹介】|狂った科学者たちが心から望むもの。それは金なのか、名誉なのか。時を経て、あの深く暗い狂気の深淵に触れるのはこの私しかいないっ!

ども。コモノです。 今日はバイオハックのご紹介です。バイオハック、知ってますか? あのアクアガーデンやオスティアでもお馴染みのUchibacoyaが手がけた中量級のボードゲームで、春くらいにKickstarterの製品版がバッカーたちのお手元に届いたタイトルです…

ミドルエイジス(Middle Ages)【ボドゲ紹介】|「こういうのが好き...」まさにそんな感じのライトな中量級。ドラフトとセットコレクションをしっとり味わう、中世貴族の領地繁栄への道。

ども。コモノです。 今日はミドルエイジスのご紹介です。ミドルエイジスは中世の某王国が舞台。プレイヤーは王国内の1領主となり自分の土地を豊かに発展させて、得たその富の多さを競うセットコレクションのゲームです。 なんと言いましょうか、うぉぉ!って…

ハビタッツ 日本語版(Habitats)【ボードゲーム】|カバも!マンドリルも!ラーテルも!タランチュラも!希少な生物たちが暮らす生息地を作り上げる、美しいタイルプレイスメントあります。

ども。コモノです。 本日はハビタッツのご紹介です。今回ホビージャパンから日本語版でリリースされたハビタッツ、実は3rdエディションになります。セカンドエディションで同梱された拡張もふくめてアートワークが刷新されポップになったバージョンです。 カ…

ブーンレイク 日本語版【ボードゲーム】|なぜかあまり話題にならなかった感じある(なんかごめん...)、とある湖畔でのすごろくめいたゲーム。A・フィスターのタイトルなんですけど、どうなの?どうなのぉぉぉ?

ども。コモノです。 今日は新年初め(いつよ?)にポチったEngames福箱に入っていたブーンレイクのご紹介です。ブーンレイクはかのGWTとかマラカイボをデザインしたアレクサンダー・フィスター手がけるタイトル。箱絵のアートワークはかっちょ良く、いつのま…

ルソンレイルズ 【ボドゲ紹介】|初心者向けといわれている日本マップの程よい優しさが好き。キューブのならんだ美しい盤面が好き。つまり好き。な鉄道ゲームです(*゚∀゚*)!

ども。コモノです。 今日はルソンレイルズのご紹介でございます!なんか久しぶりに新作を新作らしいタイミングでご紹介できますな。サニーバードさんから発売されたルソンレイルズは中量級の鉄道経営ゲーム。なにかととっつきづらい印象がただよう鉄道経営ボ…

ジャンヌ・ダルク-オルレアン ドロー&ライト 日本語版【ボドゲ紹介】|オルレアンの乙女と競うドロー&ライト。かの名作オルレアンの香りただよう紙ペンゲームは程よく悩ましいアクションドラフト!

ども。コモノです。 本日は寝かせちゃってたEngames福箱より「ジャンヌ・ダルク-オルレアン ドロー&ライト」のご紹介です!あのオルレアンが紙ペンになったって聞いて気にはなってたんだけど、最近紙ペンゲームの気分でもなかった&忙しすぎた理由で積んで…

フィレンツェの匠(The Princes of Florence)日本語版【ボドゲ紹介】|貴族の嗜みとばかりに大見得を切りパトロネージュの真髄を魅せましょう。実は初版が2000年という古典的名作ですよ!

ども。コモノです。 今年のお正月(いつよ?)にポチッとしておりましたEngamesの福箱をいそいそと開けているGW明け。だからいつの話だよ?って声が聞こえてきそうだけど、そんなこともあるわよ...(悲しみ) 肝心の福箱には色々入ってたんですが、中でもち…

スカイリム:アドベンチャーボードゲーム【ボドゲ紹介】|このスカイリムで巻き起こる重厚な物語を堪能するため、僕はルールブックという困難な嵐を乗り越え進んだのです...

ども。コモノです。 今日はスカイリム:アドベンチャーボードゲームなるちょっとお高めボドゲのご紹介です。このスカイリムアドベンチャー、もともと購入を躊躇っておりました。しかしめっちゃ疲れてた時に「スカイリム!」と右手が勝手に飛びついてしまった…

アトラスロスト(ATLAS LOST - RISE of the NEW SOVEREIGNS -)【ボドゲ紹介】|失われた文明を求め、あたらしい世界のあらたな指導者にならん。雰囲気最高なテックツリーが来たよっ!!

ども。コモノです。 ついに届いちゃいました。届いちゃいましたとも!Covid-19の影響で少し到着が遅れていたタクティカルゲームズ新作「ATLAS LOST」が遂に我が家に届いちゃいました!実は1月に....届いてた。でも開けてる暇なかったんだよ...タイミングよ..…

Ostia Pirates(オスティア:パイレーツ拡張)【ボドゲ紹介】|オスティア・ポルトゥスの海に海賊たちが現れる!新たな支援者や地縁のつながりまでもマンカラに絡み合う濃厚なマリアー...ジュッ?

Ostia Pirates(オスティア 拡張) ローマ帝国時代、オスティア・ポルトゥスは海運業を中心とした商業で発展を遂げた港湾都市です。六角形の独特なその港は13代ローマ皇帝トラヤヌスの時代に拡張され、ローマ帝国500年の栄華とともに繁栄を極めました。 富を…

スピリット・アイランド拡張「ひび割れた大地」日本語版【ボドゲ紹介】|もはやソロプレイ好きには必携なのでは(_゚∀゚)? より大きな島で遊べるようになった厳しい大地に惚れちゃった夜。

ども。コモノです。 本日ご紹介するのは2023年年末に発売されたスピリット・アイランドの拡張「ひび割れた大地」です。先日ご紹介した「枝と鉤爪」はスピリットアイランドを久しぶりに遊んだこともあって非常に楽しすぎたため、この2タイトルは同時にご紹介…

スピリット・アイランド拡張「枝と鉤爪」日本語版【ボドゲ紹介】|侵略者よ、海に帰れ。タワーディフェンスの名作に新しく加わるのは自然の理。脳内妄想はさらなるドラマの高みへ・・・

ども。コモノです。 どうもみなさまあけましておめでとうございます。本年も地味にボドゲブログを更新してまいりますのでお暇があったらどうぞ観にきてやってくださいませ。2024年の最初の記事は昨年末に発売された名作ボドゲ拡張セットのファーストレビュー…

【ブロガー会】4年ぶりに開催となったブロガー忘年会!「我は方向音痴ではない...」と己に言い聞かせリアルに彷徨う探索ゲームからの「ヤブロークエスト/バロンダ」

ども。コモノです。 先日のソロボドゲマイベストではこんなことを言うてました。 「誰とも遊べなかった令和5年が終わります。」 www.comonox.com 割と真面目に振り返ったわけですが、いやほんとに今年は誰とも遊んでないんです、ボドゲを。そう、1年間ずーー…

Mai 1968【ボドゲ紹介】|あの頃のパリ、5月。権威への反抗は民主化へのロマンと誤解。退屈が生んだカウンターカルチャーのワンピースがチャック袋に詰められた令和。

ども。コモノです。 ゲムマで買ったぜ!タイトルのご紹介をぼちぼちと始めようと最初手に取ったのは「Mai 1968」でございます。そう、戸塚中央&TakeWatchのコンビが送るチャック袋のストイックなマルチゲームです。 なんとフレーバーはあの5月革命なんです…

スリーピング・ゴッズ【ボドゲ紹介】|冒険とはこんなにも自由だったか!神々の眠りを起こすトーテムを探す、自由な自由な旅がテーブルに広がる夜。

ども。コモノです。 今日はスリーピングゴッズのご紹介です。いわゆるゲームブック的アドベンチャーの本作。リゴレからクラウドファンティングというスタイルで日本語版が提供されたボードゲームで、残念ながら記事執筆時点では新規購入が難しいタイトルです…

Otaru1899【ボドゲ紹介】|志高くあれ!激動の時代、後に北のウォール街と呼ばれることになる小樽の発展を担う一族となりましょう。なるのですっ!

ども。コモノです。 ついに我が家にも「Otaru1899」が届いてしまいました! うちばこや新作のOtaru1899は2人用のボードゲーム。先に発売済みの「Sapporo1876」の拡張としてデザインされた本作は単独でも遊ぶことができる独立拡張です。明治、昭和の時代に劇…

グレート・ウエスタン・トレイル 拡張 北部への道 第2版【ボドゲ紹介】|ドナドナドナードーナー...子牛を乗せてー....え?北部に販路が広がったの??? そう、ここは夢溢れるフロンティアであります( ✧Д✧) カッ!!

ども。コモノです。 今日はグレート・ウエスタン・トレイル第2版にあわせてリプリントされた人気拡張「北部への道」のご紹介です。第1版のころから評判の良い拡張でGWTはこの北部拡張を持って完成するとかしないとか言われてたのを見ててずっと気になってい…

テラミスティカ:革新の時代(Age of Innovation)【ボードゲーム】|テラミスティカの何かに目覚めた感あるビギナーが革新の時代を迎えて思う事。それは「もう、このままずっと遊んでいたい...」だった件。(目覚めてない)

ども。コモノです。 先日初めてテラミスティカを遊びました。噂に違わぬ面白さ、なぜコレまで遊んでこなかったのかという後悔。もにょもにょ言葉にできない嬉しい感情に包まれた初テラミスティカだったわけですが、なんでそんなに楽しく感じたのかは謎です。…

テラミスティカ & オートマソロボックス【ボードゲーム】|新時代が到来しておりますが、祖となるテラミ基本&ソロボックスをあえてこのタイミングで紹介するのは決して時代の流れに付いていけないからではない..のよ? |ω・`).....チラッ

ども。コモノです。 本日はテラミスティカ&オートマソロボックスのご紹介です。世の中ではテラミスティカの新しいタイトル「革新の時代」が国内発売されたばかり。もちろん革新の時代も興味ありまくりなんですが、そもそもテラミスティカって何なのよ?なん…

兵馬俑 日本語版【ボードゲーム】|私は造り、並べる。かの皇帝陛下をお守りする兵士を。馬を。千年、万年の時を経ても、秦始皇帝のゆるぎない偉業の証とするために。

ども。コモノです。 今日は兵馬俑のご紹介でございます。話題作のリリースが続くとどうしても目立つボドゲを手に取りがちなボドゲあるあるの犠牲となった兵馬俑ですが、興味がなくなっちゃったということではございませんでした。ホントだぞ? 気になる気に…

エクスペディションズ【ボードゲーム】|大鎌戦役の後日譚はシベリアが舞台。ツングースカに起きている謎を解き明かすため、再びメックを駆る日がやってきたよ!

ども。コモノです。 つ・い・に。届いちゃいましたよ!サイズ-大鎌戦役-と同じ世界観を持った新しいボドゲ「エクスペディションズ」ですな!もうアートワークみた時に一目惚れ、日本語版出るって聞いたらとりま財布のことはスッと忘れてポチったエクスペディ…

ケルタエ(Celtae)【ボードゲーム】|ケルトの魂の拠り所。鋭い眼光が見据える先には、かのローマ帝国。名誉を賭けた戦いに備え、我が部族に栄光を!!

ども。コモノです。 今日はケルタエのご紹介です。ケルタエはラテン語で「ケルトの人々」という意味の言葉です。その名の示す通り、ケルタエは1世紀の頃にヨーロッパ各地にひろがっていたケルト人を率いて部族に栄光をもたらそうとするボードゲーム。 人々を…

ティルトゥム 日本語版【ボドゲ紹介】|いつの時代も商人は富をもとめ、名声を望むもの。ルネサンス期の西欧諸国を廻る見本市の旅は、己の才覚なくして成功はなし...|ω・`).....チラッ

ども。コモノです。 今日はルネサンス期の裕福な商人となり各国を巡るティルトゥムです。おや?なぜに今頃?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はまだ手に取ってなかったので先日のテンデイズ周年セール時につい魔が刺しポチッとしてしまった本…

パックス・パミール第二版【ボドゲ紹介】|アフガニスタンの動乱期( ゚-゚)? 遠目で悶々していたタイトルは手にしてみたらシックで大人な香り漂うボドゲ。これが知謀をめぐらすということか。

ども。コモノです。 今日はパックス・パミール第二版のご紹介です。ちょいと前にテンデイズゲームズから日本語版が発売されていたコチラのタイトル、少しお値段が高めだったのと見た目が地味に映ったコンポーネントで、どうにも購入までに踏ん切りがつかなか…

ラ・グランハDX 日本語版【ボドゲ紹介】|マヨルカ島の陽ざしをたっぷり浴びながら、ロバとシエスタを堪能。豪華なコンポーネントで愉しむラ・グランハはやはり素晴らしい。

ども。コモノです。 今日はあのラ・グランハがデラックスになって帰ってきましたのでそのご紹介です。テンデイズゲームズから日本語版でリリースされた本作、元々のラ・グランハのプレイ感はそのままに新たな拡張が追加されたり、新しいソロオートマが追加さ…

厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件 第2版【ボードゲーム】|ウォルトンさんからの贈り物、それは終わることない難解な事件現場。僕は推理し、メモし、考え....( ̄◇ ̄)ポケー..

ども。コモノです。 今日は話題になってたのに遊び逃していたボドゲ(毎度)のご紹介でございます。ソロでもめっぽう楽しいと評判だった推理系ボドゲ「厄介なゲストたち:ウォルトン氏殺害事件 第2版」をめでたく入手したのですよ!2022年に日本語版の第1版…

モバイルマーケット【ボードゲーム】|現実逃避したいんですが、なんか現実を思い出さずにはいられないスマホ会社経営.....計画ってやっぱ大事よねそうよね・・・(꒪ཫ꒪; )

ども。コモノです。 今日のゲームのテーマは、僕らの生活にいつのまにかなくてはならないモノとなったスマホです。自分が子供の頃にジャスコのフロアの一角にあった電電公社(現在のNTT)未来なんちゃら館みたいなところで紹介されていた先進的な未来の電話…