ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

ボードゲームの開封レビュー

ボードゲームに触れる最初の感動を、出来る限りエモーショナルにご紹介しています。コンポーネントについての紹介がメイン。あと簡単なルールについて。

【名作再び!】オルレアン(拡張:侵略 / 交易と陰謀)日本語版|遂に届いたEngames版オルレアン!せっかくなのでミニオルレアン特集です。

ども。コモノです。 最近Engames取り扱いの製品は争奪戦が続いてますな。先日もオルレアン争奪戦がWEBで勃発。Engamesサーバーがダウンするというハプニングに見舞われました。辛くも復旧後ギリギリ滑り込みで全部ポチれたのですが、やはり戦場に散った方々…

【ボドゲ紹介 】スキタイの侵略者(Raiders of Scythia)日本語版|帝国を脅かす勇猛なるスキタイ。8英雄の1人となり戦場を駆け抜けるよっ!

2021/02/26 初版のエラッタ情報を追記しました。 ども。コモノです。 今日はスキタイの侵略者のご紹介ですよ!2017年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門ノミネート作「北海の侵略者」のリメイクとして話題になっている本作。北海の侵略者では拡張だったソ…

【ボードゲーム】アルナックの失われし遺跡|探検という名の浪漫がアルナックにはあるのです。絶海の孤島に眠っていた失われたはずの遺跡を明らかにするよ!

2021/02/26 ルールブックのエラッタ・ソロミニ拡張について追記しました! ども。コモノです。 今日は遺跡探検のボドゲをご紹介しますよ!その遺跡の名はアルナック。絶海の孤島にあると言われている幻の遺跡。遭難しかけていた探検隊の前に突如姿を現したそ…

【ボドゲ】エバーデール 完全日本語版|拡張には目もくれず再販された基本セットだけこっそりポチってみたら、ワンプレイで惚れちゃったってご報告。

ども。コモノです。 今日は大人気作「エバーデール」の基本セットを開封するよ!そうです、あの可愛い動物たちがワイワイでてくるワーカープレイスメントです。 昨年末に拡張のカエル大使(真珠の入江が正しい)が発売されましたが、基本セットを持ってなか…

【ボドゲ紹介】パンドリア:商人たち|まさかの中量級ロール&ライト!あのIrongamesのパンドリアが紙ペンゲームになってやってきました!

ども。コモノです。 「パンドリア:商人たち」がついに我が家に届きましたっ!度々このブログでも触れておりますIrongamesが昨年リリースした気になるタイトル。 前作タイル配置&エリアマジョリティのボドゲとして渋い魅力を放っていたパンドリアが、なんと…

【ボドゲ紹介】クーパーアイランド完全日本語版(Cooper Island)|さぁ、上陸だ!愛犬とともに巡る、美しい島の開拓記が幕を開けるよ!

ども。コモノです。 本日も昨年より積みゲーの丘に奉っておりました重量級ボドゲを開けてみたいと思います。そのボドゲの名は「クーパーアイランド」。2019年エッセンシュピールのスカウトアクションで注目されたゲーマーズゲームですな。昨年アークライトか…

【ボードゲーム】クルセイダーズ(Crusaders:Thy Will Be Done)|「積みゲー」という罪なる丘より来たる神の軍勢。それは今宵マンカラとともに懺悔の声を響かせるのです。

ども。コモノです。 クルセイダーズというボドゲ、旬はすぎちゃった感ありますけれどもいつまでも積みゲーの丘に留めるものでもないと反省。いよいよクルセイダーズの箱を開けて愛でてみようという記事です。テーマは十字軍の遠征。 そしてマンカラ。マンカ…

【ボドゲ紹介】スチーモポリス(Steamopolis)|僕は市長になりたいです!皆様の熱い声援を受けたい一心で飛び回るワカプレが来た!

ども。コモノです。 届いちゃいました(年末に)。すでに2月なんですけども今日はスチーモポリスです。飛び抜けた派手さはないものの、ところどころ光る渋さが魅力のワーカープレイスメント。2020年Spiel digitalで密かに注目していた作品がテンデイズゲーム…

【7wonders】世界の七不思議 第二版&拡張:都市・指導者たち|豪華な装いが気になるあの名作ボドゲが届いたよ!気になる中身はどんななの?チェケラッ(_゚∀゚)o彡

ども。コモノです。 遂に届きましたよ!世界の七不思議 第2版です。ドラフトゲームの名作として名高い世界の七不思議が海外で新しい版となって発売されてるのに気が付いたのは昨年の事。 これはいずれホビージャパンから国内向け流通があるだろうと首を長く…

【ボドゲ】たぎる、論理 タギロン(TAGIRON) 新装版|滾ると書いて「たぎる」と読む!噂に違わぬ熱き数字当てプレイ。もうたぎり過ぎちゃって脳みそオツカレー。

「たぎる、論理」という言葉をどこかで耳にしたことがあるかもしれない。それは今日ご紹介する数字当てゲーム「タギロン」の事であります。なんなら「タギロン?え、なんかの怪獣の名前だっけ?」くらいの認識でいた訳ですが、実際手にとって遊んでみたらば…

【ボドゲ】スピリット・アイランド日本語版|精霊よ。集え、怒れ。開拓と言う名の侵略を許さぬ、精霊たちの戦いが始まる!

ども。コモノです。 今日は話題の協力型ボードゲーム「スピリット・アイランド」の開封です!ホント待ってましたスピリット・アイランド。BGGランキングのソロ部門で常に上位に位置している本作。以前ネット上の有志の方々で翻訳プロジェクトまでもが立ち上…

【海外ボドゲ紹介】 Draconis Invasion(ドラコニスインヴェイジョン)|侵略者を撃退するデッキ構築。美麗なカードに酔いしれっぱなしの小一時間が至福(ↀωↀ)。

ども。コモノです。 今日はDraconis Invasionです。2018年の秋にKickstarterでプロジェクトをバックしていた本作。本来なら2020年の6月頃には届いていたはずのこのゲーム、様々な事情がかさなり昨年末に遅れてようやく我が家に到着したデッキ構築ゲームです…

【ボドゲ紹介】Iwari(イワリ)Delux Edition|王と枢機卿の意欲的なリメイク。創世の地で勃興するのは我が部族なりぃ(ↀωↀ)!で、ボイドって誰?

ども。コモノです。 本日ご紹介するIwari(イワリ)はエリアマジョリティの名作「王と枢機卿」のリメイクした作品です。舞台となるのは人が営みを始めたる創世の地。その土地において自らの部族の勢力を伸ばし、後の繁栄の端緒をつかもうとする部族たちの争…

【ボードゲーム】黄昏の篝火(Bonfire)|この暗闇の世界を再び篝火で照らせるだろうか。今宵、失われゆく世界を救うノーム達となれっ!

ども。コモノです。 新年最初にご紹介するのは「黄昏の篝火(Bonfire)」です。昨年のSPIELでも話題となったシュテファン・フェルトの新作でございますね!現代はBonfire(ボンファイア)といいますが、実際ツイッターとかでもボンファイア遊んだ!というツ…

エンパイア・オブ・ザ・ノース ~北方の開拓者たち~ |異なるデッキ能力が魅力的!かわいい氏族たちは自らの帝国を北の地に打ち立てるのであります!

ども。コモノです。 今日はエンパイア・オブ・ザ・ノース〜北方の開拓者たち〜のご紹介でございます。ボックスアートをみてピンと来た方もいるかもしれませんが、エンパイアオブザノースは「インペリアルセトラーズ」の続編と位置付けられているゲームですよ…

バロニィ:スペシャルボックス 日本語版|マーク・アンドレが放つ男爵たちの戦い。領土を奪い、広げるアブストラクトは中世の世界そのものなのかっ!щ(゚Д゚щ)

ども。コモノです。 バロニィ:スペシャルボックス、ポチってしまいました。 バロニィはエリアマジョリティの人気作。基本セットの日本語版が市場から姿を消して早数年。その後拡張の「バロニィ:ソーサリー」が発売された時も基本セットの日本語版は再販さ…

【名作ボドゲ】サンファン2(San Juan 2nd Edition)日本語版|これがプエルトリコ・カードゲームなのだな(●ↀωↀ●)?まさかの日本語版がリリースされたサンファン2のご紹介です!

ども。コモノです。 今日は先日発売された「サンファン2日本語版」を開封したいとおもいます! メビウスゲームズから日本語版発売となったサンファン2。実は初版は2004年のゲームなのです。いわゆるロングテールなアイテム。ファンがいまだに多く、ボドゲが…

【ボードゲーム】K2 最高峰エディション|なぜ登る?それはそこにK2があるからだ!命を懸けて臨む世界最難関の頂を今ここに開封するよ!

ども。コモノです。 世界最高峰の山といえばエベレストです。しかし山岳登山家たちの間で世界最難関と言われる山があります。エベレストより踏破が困難と言われる頂。それがこのボドゲのタイトルになっているK2です。K2はカラコルム山脈にありエベレストに次…

【開封編】ネメシス 日本語版|遂に届いた2020年の極私的本命。暗闇の奥に潜むのは未知なる生命体か、それとも悪意か。。。

ども。コモノです。 遂にネメシス日本語版が我が家に到着いたしましたよっ(●ↀωↀ●)! コールドスリープから目覚めたら、そこはイントルーダーが闊歩する絶望の宇宙船でした。っていう設定からして希望も何もあったもんじゃないボードゲーム「ネメシス」。アー…

オリフラム 日本語版|次の王の座は誰のものに?まさに権謀術数をめぐらせる美麗なカードゲームは、フランス年間ゲーム大賞受賞作!

ども。コモノです。 フランス2020年間ゲーム大賞受賞作の「オリフラム」が日本語版になって発売されました。7枚の手札を駆使し、次なる王座を手中に納めんとするカードゲームはまさに権謀術数のオンパレードです。ライバルたちの手札はどのカードなのか?い…

ハリウッドセンセーション|アタシ、負けない。絶対に銀幕のスタアになってやるんだからっ!っていうトリックテイキングです。

ども。コモノです。 一行でハリウッドセンセーションを表すと、タイトルのようになります。ええ、トリックテイキングですとも。フレーバー万歳。 先日のゲームマーケットで入手したハリウッドセンセーションは2人用のトリックテイキング。2人用のトリテって…

【ボードゲーム】トロワ ダイス|ダイス?紙ペン?あの名作「トロワ」がRoll & Wrightゲームになったらしい?マジか!トロワの街、ちょっと行ってくる。

ども。コモノです。 めっちゃ久しぶりに個別ゲームの紹介です。なんだか妙に忙しくてゆっくり遊べなかったんです。さーせん。。。 レビュー再開の第1弾は先月発売された「トロワダイス」です。ユーロ系のボードゲームがお好きな方はピンとくる「トロワ」は、…

WICKED FOREST『ウィキッド・フォレスト』:TACTICAL GAMES|怖い?怖く無い?仄暗いイヌカレー空間に咲く穢れの花。みんなを助けるため...あ、やっぱ帰るね。

WICKED FOREST『ウィキッド・フォレスト』 画像引用:WICKEDFOREST – TACTICAL GAMES プレイ人数:3〜5人 対象年齢 :14歳以上 プレイ時間:30〜40分 // リンク アタシの住む村は、なんだか最近悪いこと続き。パン屋のじいちゃんも倒れちゃったし、花屋のお…

【名作紹介】サンダーストーン:竜の尖塔|ドミニオンライクなダンジョンRPG系デッキビルディング!ダークで美麗なカードにうっとり出来まする!

ども。コモノです。 我が家にはいにしえより伝わる伝説の積みゲーがありました。その名を「アンドールの伝説」と言います。そしてその伝説が我が家に届いたのと同じ頃、実はもう一つの伝説が我が家に届いていたのです。そのゲームはデッキビルディングなる技…

【ボドゲ紹介】トスカーナの城(The Castles of Tuscany)|舞台は15世紀のトスカーナ!ルネサンスの中心地で我が領地を繁栄に導くっす!

ども。コモノです。 本日ご紹介するのは2020年alea新作。そうaleaの新作、チラチラ気になってた人も多いと思う、あの緑の箱の作品です! 9月も中旬に差し掛かった頃、なんとなーく独Amazonをふらーりふらりとしていたところ、次回入荷予約を受け付けてたのを…

【ボドゲ】Loot of Lima(ルート・オブ・リマ)|ロジカルシンキングって何でしたっけ?論理パズル的思考力を極限まで高め、お宝をゲットじゃ!

ども。コモノです。 これまでの人生、どちらかといえばパッション優先で生きてきた実感があるのですが、ボドゲってパッションよりロジカルよね。なので相変わらずゲームに弱いわけなのです。それでも論理的に物事を思考し、組み立てることへの憧れみたいなの…

【ボードゲーム】パフューマリー(PERFUMERY):TACTICAL GAMES|目指すのは芳しいアコード。極上のブランドを作り上げるラグジュアリーな時間を堪能しようぜ。

『パフューマリー』(PERFUMERY) 画像引用:PERFUMERY – TACTICAL GAMES プレイ人数:2〜4人 対象年齢 :14歳〜 プレイ時間:40〜60分 // リンク 「香り」は時を経ても記憶を繋ぐと言われ、人の脳に直接働きかけます。香水はその香りの個性で人を魅了し、気…

【ライトなボドゲ】ヴィレジャーズ(Villagers)|ペストから逃れて新天地を求め、ドラフト&生産チェーンで新しい村を作るのです。

ども。コモノです。 今日ご紹介するのはヴィレジャーズ(Villagers)です。人目を惹く明るいカードデザイン、ちょっと変わった長方形のボックスなど、気になっていた方も多いんじゃないでしょうか。実はアタシもKickstarterでプロジェクトを実施していた時に…

【第二夜】ルート拡張:さざめく河のけだもの軍記|初めてのソロプレイダイジェストはメカメカしてる猫と共に。

ども。コモノです。 本日はルート(Root)をご紹介する第2夜をお届けします。基本セットの開封とコンポーネントを愛でて終わろうはずもない話題作。そして公式ルールとしてソロモードが追加される拡張「さざめく河のけだもの軍記」をざざっとご紹介いたしま…

【第一夜】ルート(Root)完全日本語版:はるけき森のどうぶつ戦記|メチャ可愛いのにちょっぴり毒っ気ある設定がたまらない。大人の童話のような話題のボドゲを謹んで開封するよ!

ども。コモノです。 ポルトガル年間ゲーム大賞というボードゲーマーの皆様から評価の高い海外のコンクールで、2019年度のグランプリに選ばれたルート(Root)。 基本セットの日本語版は初回出荷分が発売日にネット通販が瞬殺。再販を待ち望む声が高く、今回…