ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

【2021年】緊急事態宣言再び。しっぽり過ごす時間に推薦したいボードゲームセレクション15選〈大人向け〉

f:id:comonox:20210108174158p:plain

ども。コモノです。

 

今日は巣籠もりでも安心、大人がしっとり愉しむのにお薦めのボードゲームをまとめますよ!関東ではまたしても緊急事態宣言が発令されてしまいました。なかなか収まらないですねぇ...自粛ムードもまた高まってきていて、我が家でもなんだか外には出づらい雰囲気に。仕方がない事とはいえ、早く収まってくれることを祈るしかありません。そうなってくると「じゃ、ボドゲすっか!」となる訳ですよ。

 

....なるよね(ↀωↀ)?

 

なので今日はお家で過ごすゆっくりとした時間のオトモにぴったりなボードゲームをピックアップしてみようかと。ワード系やパーティ系のボドゲも楽しいですが、今回は声を出したり会話が入るゲームは避けてしっぽりテーブルを囲んで遊ぶことを想定したピックアップにしています。もちろんソロで遊べるゲームもあるよ。自宅にいる時間が長くなる時期だからこそ、親しい方々との時間をじっくり楽しみませう。

 

 

おすすめボドゲの選出にあたって

今回は「2人でも遊べる」ことを基準にピックアップしたのでプレイ人数が3人〜というゲームは除外しています。またご夫婦やご家族・仲の良い友人・恋人同士などの、普段から親しい方々と遊んでいただく事を想定してセレクトしました。各ゲームは遊びやすさ(ルール理解や準備の簡便さ)をプレイ時間ごとに分けて記載していますので、みなさんが遊べる時間を想像して選ぶ際の参考にしてみてくださいませ。

  • ライト級(プレイ時間30分弱)
  • ミドル級(プレイ時間30〜90分)
  • ヘビー級(プレイ時間90〜120分以上)

分類はあくまで個人的主観なので、もし異なる感想をお持ちになった場合はご容赦ください。初めて遊ぶ時はちょっと時間かかるしね。ほほほ....(言い訳)

 

みんなでクリア!協力型のボードゲーム

ボードゲームには協力型と呼ばれる種類のゲームがあります。プレイヤー同士で競い合うのではなく、ゲームに参加した全員が同じ目的をもってクリアを目指すゲームです。競技性が問われるゲームとは異なりお互いがサポートし合いながらクリアを目指すので、クリアできた時の達成感を共有できるのが何と言っても魅力なのです。軽めのプレイ感のゲームからたっぷり時間をかけて遊ぶゲームまで、幅をもたせてセレクトしてみました。ちょっとヘビーなゲームも混じってますが一緒に遊ぶ人たちとワイワイルールを確認しながら楽しんで見たら良いかと。重量級のボードゲームが初めてでも、意外と遊べちゃうかなと思います!

ライト級(プレイ時間30分弱)

ささっとテーブルに出せばもうすぐにでも遊べるゲームです。UNOやるかー、みたいなノリで始められるボードゲームですよ。 

ザ・ゲーム :クワンチャイ・モリヤ版(1〜5人)

f:id:comonox:20210107135948j:plain

手札からカードを場に出していくザ・ゲーム。うまく全ての手札を置ききれば良いのだけど、 案外難しくて詰まってしまう。自分以外のプレイヤーが何を出したか、なるべく記憶しておくと言いのだけどそうそううまく行かないのがこのゲームの面白いところでもあります。

www.comonox.com

 

 

ミドル級(プレイ時間30〜90分)

ご飯を食べたあとなど、少し寝る前にワイワイやりましょう!というシーンでも出しやすいミドル級。食後の映画の代わりに遊んでみると、いつもと違った満足感が得られるかもしれないですよ。

パンデミック:新たなる試練(2〜4人)

f:id:comonox:20210107141346j:plain

 

世界で猛威を振るっているCOVID-19と戦う医療関係者の方々は連日ニュースで報道されている通り。まさにそれとおなじような未曾有の危機を救うべく、ウイルスたちとの戦いに挑むパンデミックシリーズはいままさに遊びたいゲームです。勝てそうで勝てない難易度、盛り上がるゲーム展開など、始めて遊ぶ人でもすぐに楽しめるルールながら終わった後は映画を見たかのような満足感。もしウイルスに打ち勝つことができたらその喜びはひとしおなのです。みんなで世界を救いましょう! 

ルールを少し簡易的にしてライトに遊べる「パンデミック:ホットゾーン」もあるので、初めてパンデミックを遊ぶならこちらもおすすめです。

 

ヘビー級(プレイ時間90〜120分以上)

箱がまずでかい。重い。高いという買ってもらうまでのハードルが高い重量級のボードゲームなのですが、みんなで同じ目標に立ち向かい喜びを分かち合うのであればこの位のハードルは越えていけると信じてのご紹介です。だって楽しいんだもの。

ロビンソン・クルーソー完全日本語版(1〜4人)

f:id:comonox:20210107142718j:plain

無人島に流れ着いたプレイヤーたちが様々な困難に立ち向かいながら、与えられたミッションをクリアしていくロビンソン・クルーソー。なおロビンソンは登場しないんですがプレイヤーがロビンソンのような冒険を体験する事になるのです。実際に島を探検し生き延びるためのアイテムを集め、猛獣に襲われながらも撃退して毛皮を調達したりする様は、まさに漂流者のサバイバル。某無人島生活のようなハプニングも多数用意されていて、せっかく集めた資材が天候で吹き飛ばされたりもします。クリアする難易度的には高いので協力しながら無事ミッションをクリアした時の達成感はハンパありません。うまくいかなくても「あの時ああしておけば....」とか感想を言い合うのもまた楽しいオススメの協力ゲームなのでございます。さぁ、レッツサバイバル。

www.comonox.com

 

マンション・オブ・マッドネス第2版(1〜5人)

f:id:comonox:20210108161401j:plain

 

クトゥルフ神話をベースにしたミステリー小説家のような展開が待っているマンション・オブ・マッドネス第2版。スマートフォンかPCのアプリを利用しながらゲームを進行するので本当にミステリー小説の中で遊んでいるような臨場感が魅力です。

次から次へと降りかかる難題を解決しながらアプリの指示に従い進行するゲームはさながらミステリーホラー映画。死と隣り合わせのスリルや、謎を解いていくドキドキ感がゲームを始めた直後から堪能できること請け合いですよ。「重い・デカイ・高い」というハードルをそのまんま体現するゲームですが、それに見合った満足感も得られるボードゲームとしてオススメです。1人でも遊べるし。

 

 

 

 

2人じっくり遊ぶのにオススメ

仲の良い2人でじっくり遊ぶボードゲームには、ゲームの準備が割と簡単でささっと始められるゲームを中心にセレクトしてみました。勝ち負けがはっきり出るゲームが多いのですが、プレイを重ねると上手くプレイできるようになるゲームが中心なので「昨日までの俺と思うなよ!」的なやりとりが楽しめます。おうちに置いておけば空いた時間にさっと出せそうなセレクトとしましたよ。

ライト級(プレイ時間30分弱)

2人で遊ぶけれど、適度に運の要素もあるボドゲを入れました。それでも実力差は出るかもしれませんが軽いので「もう一回!」となる楽しいゲームです。

XENO(2〜4人)

f:id:comonox:20210108161054j:plain

ラブレターという大ヒット作品のリメイクです。リメイクされたのがオリエンタルラジオの中田さんという事で、目にしたことがある人もいらっしゃるかと思います。お値段が1000円を切るのにこのイラストです。カードの品質も高く、手にしたときにおっ!ってなります。 手番では手札を場に出すだけのシンプルなルールなのに、相手が次どのカードを出してくるか深い読み合いと攻防を繰り広げるゲームです。ワンゲームが本当にサクッと終わるので、軽い・小さい・安いと三拍子揃ってる優等生。

www.comonox.com

もちろんオリジナルのラブレターも良いですよ。アートワークにバリエーションがあるので、好きなラブレターをチョイスするのもあり。 

 

 

バトルライン(2人用)

f:id:comonox:20210108092834j:plain

ポーカーのようなカードの役を作って中央のフラッグを奪い合うバトルライン。2人用のボードゲームでは不動の人気を誇る作品です。トランプのポーカーを遊んだことがあれば直ぐに馴染めるルールなので、ボードゲームを遊んだことがない人でもプレイしやすいのが特徴なのです。バトルラインは負けるとね、本当に悔しいのです。繰り返し遊びたくなる率高めの定番作品ですよ! 


海外ではアートワークが異なるバトルラインも出ています。ルールを覚えた後なら問題なく遊べると思うのでお気に入りを入手するのも楽しいよ。

www.comonox.com

 

ミドル級(プレイ時間30〜90分)

じっくり腰を据えて遊びたい時にオススメの作品を3つご紹介します。最初は60〜90分前後かかるかもしれませんが、慣れてくるとワンゲームの時間も短くなるかなと思います。どれもコンポーネントが秀逸なので、眺めているだけでも楽しい作品ですぞ。

ノヴァルナ (1〜4人)

f:id:comonox:20210108125839j:plain

月の満ち欠けがテーマになったノヴァルナはタイル配置で得点を来そうアブストラクト系のゲームです。個人的にはちょっとシュールな月の表情がオススメの作品。獲得するタイルに描かれた条件をタイル配置により達成するのですが、どのタイルを取ってどこを置くのか考えるだけで終わらないのがノヴァルナの面白いところ。獲得したタイルによって進むコマの位置が変わり、1番後ろにコマを配置しているプレイヤーが手番を行うというルールが単調になりがちなタイル獲得にスパイスを効かせてくれます。しっとり悩ましい好きな作品です。

www.comonox.com

  

アズール(2〜4人)

f:id:comonox:20210108135204j:plain

ボードゲーム の本場ドイツでは著名な賞を連続で受賞するなど、世界各所で高い評価を受けたアズール。タイルをピックアップして手元のボードに配置してくゲームですが、2人でプレイすると本当に気を抜けない争いになります。コンポーネントは鮮やかで美しく、2人でのプレイは熾烈。美しくも厳しい世界を堪能できるゲームとして是非遊んでみてもらいたいボードゲームなのです。ゲームはシビアですが手元のボードがタイルで埋め尽くされていく様は本当に綺麗で、プレイ中勝敗さえ気にしなければうっとりいい気分に浸れるのもお気に入りのポイント。楽しみ方は人それぞれだからね。(勝てない)

www.comonox.com

 

ウォーチェスト(2または4人)

f:id:comonox:20210108140019j:plain

今年日本語版の発売が予定されているウォーチェスト。今は海外からの輸入しかないのですが、それでもちょっとオススメしたいゲームなのです。能力の異なるコインをバッグから引きマップに配置していくのですがとても戦略的なゲームが楽しめます。コンポーネントも豪華で、まるで中世の貴族が戦術シミュレーションを行なっているかのようなプレイ感。気分は名将軍か覇王なのです。 若き王子に次の国を託すため、その能力に磨きをかけ国を率いてほしいと願って贈られるチェストという背景設定があるとかないとか。卓上で己の王たる資質を試すのも一興でございますよ。

www.comonox.com

 

1人の時間も遊びたい。でもみんなとも遊びたい。

ソロプレイ可能なゲームは「ソロプレイでも楽しいけれどみんなと遊んでも楽しい。」という基準でセレクトしています。なんならソロで実力を磨いておいて誰とプレイしても勝ち抜けるようになってしまえば良いという、そんなマルチな魅力溢れるタイトルをピックアップしました。 

ミドル級(プレイ時間30〜90分)

ソロプレイは考え、悩むことそのものが楽しい。であれば短くとも小一時間くらいは悩んでいたいものです。

オー・マイ・グーッズ!+拡張「ロングズデイルでの反乱」(1〜4人)

f:id:comonox:20210108143508j:plain

 

ロングズデイルでの反乱は拡張セットなので、オー・マイ・グーッズ!が必要なのはいうまでもなく。拡大再生産を存分に楽しみつつも、クリア難度の高いキャンペーンに挑むロングズデイルでの反乱。軽いプレイ感なのですがそう易々とクリアできないのって、悔しいのよねぇ・・・拡張をいれても4人まで遊べますし、オー・マイ・グーッズ!単体でも楽しいのでこのセットは密かにオススメです。欲しいカード出ろ出ろ出ろ....って祈る感じもたまらなく楽しいよ?

www.comonox.com


ブルゴーニュ:カードゲーム(1〜4人)

f:id:comonox:20210108144209j:plain

※日本語訳が付いてない場合があるので注意しましょう 

ブルゴーニュ:ダイスゲームと見た目がそっくりなので購入するときは本当に注意したいブルゴーニュ:カードゲーム。名作ブルゴーニュをカードのみで表現したと言われている(言われてない?)作品です。ただカードを並べていくだけかと侮るなかれ、このミニユーロのカードたちの配置を毎ラウンド悩み切る事になるのです。ソロプレイでは毎ラウンド勝利点判定があり、仮想のプレイヤーの得点を上回っていなければなりません。優雅に領土を発展させる事を夢見るものの、常に何かに追い立てられているかのようなギリギリのプレイを味わう事になるのです。小箱ながらしっかりしたプレイ感なのでオススメですよ。

www.comonox.com

 

ウイングスパン (1〜4人) 

f:id:comonox:20210108160333j:plain

 

実在する北米の鳥たちがテーマになっているウイングスパン。かなり正確に鳥たちの生態が反映されているようで、一種の鳥類図鑑のように見ることも出来るゲームです。自分の個人ボードに鳥を呼び寄せ、カードを並べていくだけでかなり満足感がありますよ。気に入った鳥たちの組み合わせを検討してもよし、得点効率を追求してもよし。知らない鳥たちの生態に触れながらタブロービルドを存分に楽しむことが出来るボードゲームです。ぱっと見ヘビー級?と思わせながらも、意外とサクサク遊べるバランスの良さも人気の理由です。拡張も出ているので長く遊べますよ!

www.comonox.com

 

ヘビー級(プレイ時間90〜120分以上)

ソロプレイでヘビー級。心ゆくまで悩むことが可能です。そしてどのゲームも4人まで遊べるので、試してみたい戦略を1人で心ゆくまで検討することだってできるのです。 

オーディンの祝祭(1〜4人)

f:id:comonox:20210108161525j:plain

間違いなくヘビー級。文句なくヘビー級です。しかし熱烈なファンがいるように、どこか病みつきになるところがあるボードゲーム なのです。ソロプレイなのになぜそんな重いゲームを遊ぶのか。ヴァイキングの生活を夢想しながら得点ボードにタイルを当て込み、次は何をしようかと悩む時間がどうにも楽しい。 オーディンの祝祭は遊ぶ準備もプレイもルールを把握するのにも時間がかかりますが、ソロプレイでもゲームの面白さが損なわれない貴重なヘビーゲームなのです。

www.comonox.com

 

テラフォーミング・マーズ(1〜4人) 

f:id:comonox:20210108162257j:plain

火星を開拓するという壮大なロマンに包まれたテラフォーミング・マーズ。拡張もたくさん出ており、リプレイ性も高いのです。何より企業カードの選択と手札の組み合わせで何通りも戦略を練ることができるので、ソロプレイでは膨大なカードを前にずっと考え事を巡らせることができてしまう時間泥棒的なゲームでもあります。カードのコンボなどを考えるのが好きならばかなり楽し時間が体験できること請け合いです。豊富な拡張セットやアップグレードアイテムも充実しているので、幅の広い楽しみ方ができるのもオススメのポイント。

 

 

 

 

 

〈大人向け〉お薦めボドゲのまとめ

今回は大人がしっとりゲームを楽しむ事を想像しながらゲームをピックアップしました。ワイワイあそぶコミュニケーション系のボードゲームも楽しいですが、最善手を考えながら指しつ指されつ遊ぶボードゲームも良いものです。

外に出ることがなかなか出にくい場面でも、今日ご紹介したようなボードゲームを手に取ってみると濃密なお時間が過ごせるかもしれません。自宅でも退屈する必要なんてないんだぜ?

 

 

ぼっちのホビーBlogまとめ記事

www.comonox.com