読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【ボードゲーム】あのアーカムホラーがカードゲームに!「アーカムホラー ザ・カードゲーム 完全日本語版 (Arkham Horror: The Card Game)」ファーストレビュー!

コモノです。

きっと皆様も聞き覚えのあることでしょう、このテーマソング。

 

【世にも奇妙な物語】_テーマソング_【高音質】 - YouTube

 

コモノは不思議な町の不思議な出来事と聞くと、世にも奇妙な物語のテーマソングが頭の中を駆け巡ります。今日なそんなテーマソングをオープニングに、世の中の奇妙な出来事ばかり起きている街、アーカムを舞台にしたカードゲームをご紹介しますよ。

 

 

アーカムホラー ザ・カードゲーム 完全日本語版 (Arkham Horror: The Card Game)

画像引用:駿河屋 

 

プレイ人数:1~2人(2セット使用すると4名まで遊べるよ)
プレイ時間:60~120分
対象年齢:14歳以上

 

平和な日常を送っていても、一度や二度くらは誰もが超常現象のようなものに出会うこともありますよね。コモノだって例外ではなく未確認飛行物体を見たり聞いたりってことくらいはあるわけですが、そんな体験が些細なことと簡単に片付けられてしまうかのような不思議体験を堪能できる街、それがアーカム。クトゥルフ神話に登場するこの街は、毎晩どこかで混沌を象徴するような出来事が発生する街です。

 

こんな謎めいた街、もちろん冒険しないわけにはいかない訳ですな!もはや冒険するための街と言っても過言ではないんですアーカム。

 

今日はボードゲーム界隈では根強い人気を誇るクトゥルフ神話系のゲーム、アーカムホラーをタイトルに冠したカードゲーム「アーカムホラー ザ・カードゲーム 完全日本語版」(そのまんまのタイトル)を、いそいそと開封してやろうと思いますよ。

 

もちろん深夜に!

もちろん独りで!

(あ、記事のアップは昼間だけど・・・・)

 

ぼっちのホビーBlogとしては願ってもないこのタイトル。

さぁさぁ、まず今宵はそのコンポーネントを堪能していきたいと思いますよ!

 

 

〈開封!〉

アーカムホラーといえばこのボックスアート。かっちょいい。

f:id:comonox:20170530122322j:plain

ボードがないタイプのカードゲームとしては箱が大きい気もするけど、いい。許す。

 

・コンポーネント

f:id:comonox:20170530122356j:plain

コンポーネントはやはりカード類とペーパートークン、マニュアルしか入ってないので箱がスカスカ感あるのは否めないかなー。カードが大量に入っている(当たり前だけど)のはテンション上がるポイントですな。

 

・ガイドブック

ビギナーズガイド、リファレンスガイド、キャンペーンガイドの3部が入っております。1冊もそんなに厚くないよ。

f:id:comonox:20170530122504j:plain

この基本セットにはいっているキャンペーンは1種類(シナリオは3つ)みたい。少ない。

 

ビギナーズガイドを読んでいたら見慣れない言葉が注釈で書いてありました。

f:id:comonox:20170530122604j:plain

LCG(リビング・カードゲーム)?

ちょっと調べて観たら、トレーディングカードゲームに似たシステムで遊ぶゲームことらしい。トレーディングカードゲームと違うのは、コレクション性が少ない事だそうな。あらかじめ発売される拡張に含まれるカードは決まっていて、レアカードが出てくるまで延々パックを買うとかの地獄は体験しなくても良いとか。

今後カードのみの拡張が発売されるとガイドには書いてあるし、新しいシナリオやキャラクターが追加されるのから、このシステムで長く遊ぶことができるということなのか。よく考えたらマンション・オブ・マッドネス第2版やエルドリッチホラーも拡張追加されてくもんなー。

 

海外で発売されている拡張一覧はコチラ。

Arkham Horror: The Card Game | Board Game | BoardGameGeek

 

アークライトさん、全部日本語化して出してくれると信じたい。

信じてます!

 

・カード類

アーカムホラー ザ・カードゲームって言う位ですからこのゲームの主役がカードであることは間違いない。カードは主にプレイヤーカードと、シナリオで使うカードに分かれるよ。

 

今回のアーカムを探索するのはこちらの5名。

f:id:comonox:20170530123513j:plain

超ビギナーはローランド・バンクスを使ってプレイしなさいって書いてありました。でもコモノはアグネス・ベイカーが良いです。アグネス一押し。(理由は察しろ)

 

こちらがプレイヤーカード。

f:id:comonox:20170530123303j:plain

所持品とか、スキルとかイベントとかが描かれている。

 

不安な時に暖かいコートが安心させてくれるんですね。

f:id:comonox:20170530123353j:plain

わかります。

 

こちらがシナリオカード。基本、邪悪な事しか描かれていない。

f:id:comonox:20170530123818j:plain

事件も起こります。

f:id:comonox:20170530123852j:plain

何が起きているんだ?

 

あ、ディープワンの仔。

f:id:comonox:20170530130627j:plain

(゚∇゚ ;)エッ!?、、仔?

 

あぁぁぁ。。。マンション・オブ・マッドネスの悲劇が脳裏をよぎるよ。。。

www.comonox.com

 

・デッキ

LCC(リビング・カードゲーム)の特徴であるデッキ構築。

これがビギナーズガイドに書いてあった初期探索者デッキ。ゲームに慣れてきたら、探索者ごとに設定されているルールに沿って自由にデッキ構築をして遊ぶことが出来る。

f:id:comonox:20170530130733j:plain

ビギナーズガイドの最後にデッキ構築のアドバイスが書いてあるけど、拡張セットが出てからじゃないと自由に組み替えは出来ないぽいな。

でも違うデッキでプレイできるのであればリプレイ性は高そうだし、攻略方法も工夫しながら遊べそう。拡張出るの、楽しみだな!

 

〈まとめ〉

既に「アーカムホラー」というボードゲームは発売されていて、同じくクトゥルフ系ボードゲームのエルドリッチホラーと並ぶ超人気作。現在は入手困難(アークライトのHPを見る限りでは絶版にはなってないみたい)でプレミアムつきまくりのゲームです。今作はそのアーカムホラーとテーマを同じくしたカードゲームで、BoardGameGeekで8.4という高評価を昨年から維持している人気作なのだ。

 

boardgamegeek.com

 

手に入らない旧作より、手にはいる最新作。しかもお値段も適正価格w

これを遊ばない手はないですな!今回はクトゥルフ出てこないみたいなので、気分的に安心して遊べそうだ・・・プレイはやっぱり夜だな!

 

【PR】

アマゾンでも売ってるよ。

アーカムホラー ザ・カードゲーム 完全日本語版

アーカムホラー ザ・カードゲーム 完全日本語版

 

ゲームではトークンを放り込んでおく中の見えないバッグ(混沌バッグ)を用意する必要があるみたい。ダイスバッグがあると混沌バッグの雰囲気盛り上がるよ。

 

 

〈おすすめの記事〉

www.comonox.com

【プレイレビュー】待望のナショナルエコノミー・メセナ!コモノ、相変わらずのカツカツ感を堪能するの巻。

皆さまこんにちは、コモノです。

 

先日のゲームマーケットで国産ワーカープレイスメントの名作、ナショナルエコノミーの新作が発表されました!「ナショナルエコノミー・メセナ」は施設のカードが刷新され勝利点などのいくつかの新要素が追加された新作だよ。

f:id:comonox:20170519212531j:plain

コモノもツイッターでその新作情報をチラ見してからと言うもの、ずっと気になって発売を心待ちにしておりました!前作のナショナルエコノミーはプレイするたびに己のゲームの下手さを実感させられるとともに、なんとも言えない中毒性が再プレイを呼ぶと言う悪循環なんだか幸せなんだかよく分からない感情に毎度なるボードゲームでしたが、「ナショナルエコノミー・メセナ」ではどのようになったのか?気になる前作の違いと、コモノが新作に挑んだ結果を今日はレビューしてまいります。

 

ささ、開封ですよー!

 

  • 〈開封!〉
    • ・コンポーネント
  • 〈前作との違い〉
    • ・消費財が多様に!
    • ・勝利点トークン
    • ・おっさん(ワーカー)カード
    • ・メセナの名にふさわしい施設への変更
    • ・手札による効果の変化やら可変コスト
  • 〈とにかくプレイ!〉
    • ・セットアップ
    • ・ラウンド1
    • ・ラウンド2
    • ・ラウンド3
    • ・ラウンド4
    • ・ラウンド5〜7
    • ・ラウンド8〜9
    • ・得点計算
  • 〈まとめ〉
続きを読む

【ボードゲーム】コモノ、世界を滅亡させます。「Plague Inc. The Board Game」ファーストレビュー!

みなさんこんにちは。コモノです。

 

「破滅」って言葉、あまい響きありますでしょ?

f:id:comonox:20170518135446j:plain

なかなか実生活では避けて生きたい言葉ではありますが刹那的な事柄というものは、感傷的ですが少しばかり蠱惑的だなとコモノは思っております。

 

先日のゲームマーケットで買い逃してしまったボドゲ「Plague Inc. The Board Game」はそんな破滅を体現するゲームといいましょうか。当日は残念ながら買い逃してしまったのですが、フォロワーさんからケンビルさんのネットショップに在庫がまだあることを教えてもらい速攻ポチ。

 

本日無事届いちゃいました!

ひゃはははっはははぁはぁぁ・・(既に何かに感染中)

f:id:comonox:20170518135507j:plain  

Plague Inc. The Board Game

プレイ人数:1〜4人

プレイ時間:60分〜

 

Plague Inc.はもともとスマホアプリで人気を博した人類滅亡系ウィルスシュミレーションゲーム。プレイヤーは未知の病原体となって人類を滅亡に導くという、なんとも香ばしいテーマのゲームです。人類を滅亡に導く。。。そう、あの名作ボードゲーム「パンデミック」の逆を行くテーマなのですな。

続きを読む

【ニュース】ゲームマーケット2017春に行ってきた!予算オーバーな懺悔を綴るスレはこちら。

ども、コモノです。

 

行ってきました。ゲームマーケット2017春!

やはり、ぼっちのホビーBlogとしてもこのイベントは外せない。(ゲムマに行きたいだけ)

直前まで行けるかどうか怪しかった訳ですが無事に行くことが出来たよ。

いやー、ヨカッタヨカッタ。

 

前回の反省をいかせず、またしても買いそびれちゃったゲームや予定外にもかかわらずポチってしまったゲームなどなど、新旧作織り交ぜて今回ゲットしたボードゲームの振り返りはやはりやっておかねばなるまいよ。個別のレビューはまた後日やるので、今日は全体感のメモくらい。メモと言いながらほぼ心の懺悔となりますが、コモノのお買い物報告をお送りするよ!

 

そう、ゲームマーケットの朝は小さな嘘から始まるのだ。今回も颯爽と「会社行ってくるね!」とお家を後にしたコモノ。いそいそ向かう先は国際展示場前だ。

f:id:comonox:20170516111236j:plain

そして空はあいにくの曇り空。 

あぁ、、この背徳感に似た感覚よ・・・

 

例えるならば子供時代に夜こっそり起きて見ていた11P◯的な感じ(おっさん限定)とでもいいましょうか、ないまぜな感情とともに本日もこの建物の前に立つ。 

会場には10時ちょっと過ぎに到着しましたが、相変わらず人は並んでます。結構待つのかな、、、と思っていたら10分もかからず入場できちゃった。前回のゲームマーケットより広い会場だったのね。会場内は相変わらずの盛況ぶり。始まってまだ20分くらいだっていうのになんだこの人たち。さては暇だな?(オマエモナー)

続きを読む

【ボードゲーム】Villages of Valeria (ヴィレッジ・オブ・ヴァレリア)がUSから届いちゃったぜ!新しい首都作るから誰か暇をください(泣)

こんばんは。コモノです。

 

なかなかブログ書く時間も取れず、4月末から5月にかけては記事の更新頻度がガクッと下がりました。そして気がついたら5月も前回の記事更新から1週間以上あいてしまいました。

 

忙しいのって、困ります。。。ボドゲできてないし。

仕事って何様?!(キレ気味)

 

さて、、、

今日はコモノ、USアマゾンで初のお買い物となったVillages of Valeria (ヴィレッジ・オブ・ヴァレリア)の開封レビューをお届けしちゃいますよ。

f:id:comonox:20170509161507j:plain

英語も読めないコモノが何故このゲームを買ってしまったかというと、ツイッターでいつも絶妙なボードゲームチョイスを見せていらしゃるU壱さんという方が取り上げてらしたからなのです。

 

 

何これ超楽しそう!

続きを読む

【プレイレビュー】アグリコラ:ファミリーバージョンで綴る、ヒトリコラ劇場へのプレリュードでござる。「羊と猪、コモノと4頭の牛。」

ボンジュール、コモノだ。

 

なんと1週間以上もブログの更新ができなかった。コモノにも忙しい事はあるのだ。このブログでは毎度の事だが、今回も記事のタイトルに意味はないのでサラリとお流しいただきたい。ちょっと思いついた言葉を並べたら少し意味ありげなタイトルになったな。(なってない) 

 

今日は地味に積みゲーと化していたアグリコラ:ファミリーバージョンのプレイレビューをお届けするよ。ファミリーバージョンってのにまだ違和感あるけど、なんでエディションにしなかったんだろうねぇ。。。

f:id:comonox:20170425225554j:plain

さて、ゲーマーズゲーム、ドイツゲームのお手本、ワーカープレイスメントの金字塔などなど、賞賛の言葉には全く困らない本家アグリコラ(現行品はアグリコラ:リバイズドエディション)を、より簡易なルールでご家族でも遊べるようにした!という触れ込みのファミリーバージョン。

 

対象年齢も8歳からとドイツ系の重量級ゲームでは確かに珍しいアウトラインのゲームですな。コンポーネントもどこか牧歌的な雰囲気が増してる感じだ。

f:id:comonox:20170426235443j:plain

こんなにカラフルになったコマたち。これだけでもテンション上がるな!

続きを読む