ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【ボードゲーム】遂にあの「Massive Darkness」が届いたよ!豪華なミニチュアにテンションがヤバい事になっているファーストレビュー:前編がこちら

ども、コモノっす。

 

遂にぃぃぃぃぃ 

届いたよっっ(◎д◎))!!

 

昨年の夏、夢にうなされたかのようにポチったコモノ人生初のKickstarter案件。このゲームがなければ、和訳もないボドゲには手を出していなかったに違いない罪作りなボードゲームに出会いました。

www.comonox.com

「巨大な暗闇」という人生そのもののようなタイトルを持ち、ダンジョンとモンスターという男子の浪漫(震え)要素が満載で70体を超えるミニチュア達が冒険者を待つという、もはや萌えしか感じられない贅沢な設定。1年という長き期間を経てもなおコモノの熱が冷める事はなく、到着をずっと心待ちにしていたボードゲーム、その名は「Massive Darkness」

 

〈Massive Darkness〉

www.kickstarter.com

 

今日は遂にみなさまにその開封レビューをお届けできることがコモノは嬉しくてなりません。 箱を開け、ミニチュアでハァハァ言いながら検品がてら、巨大の闇の中をみなさまへチラとお披露目いたしますぞ!

 

【目次】

 

〈開封!〉

まず海外から届いたダンボールを開けると、ん?

なんでこんなにたくさん箱が入っているのだ.....Kickしたのはコアボックスのみ、あとはストレッチゴールだけなのだが。。。

f:id:comonox:20170813004119j:plain

全部ストレッチゴールでした。もうニヤケがとまりません。

(*´ェ`)ポー 。。。

 

・コアボックス

Massive Darknessの基本セットがこちら。デザインもねー、結構好みなんです。

f:id:comonox:20170813004319j:plain

Massive Darkness

プレイ人数:1〜6人

プレイ時間:90分〜

対象年齢 :14歳以上

 

箱はでかい。D&Dボードゲーム「ラス・オブ・アシャーダロン」と同じくらいの大きさと重さだな。今回残念だったのが、ダンボールの中で緩衝材のスチロールに押されて外箱がちょこっと変形してた。

f:id:comonox:20170813004345j:plain

まぁ、いた仕方あるまい。。。

 

これがミニチュアの収納されている箱だ。これだけでなにか別のゲーム1個分くらいの大きさがある。

f:id:comonox:20170813085447j:plain

チラ見せ。

f:id:comonox:20170813085513j:plain

まぁまぁ諸君、慌てるでない...

楽しみは後でだな?ん?言うな、言うな、みなの心はちゃんと解っている。

(あんた誰)

 

ミニチュアの入っている箱の下に、カードとかが入っているぽいな。

f:id:comonox:20170813085734j:plain

おぉー。超整然としている。なかなか良い感じだけどカード類はシュリンク外したらどうしまうんだろ?バラける気がしてならない。

 

全部一旦出して見た。やはり何と言っても目を引くのはミニチュアさんだな!

f:id:comonox:20170813004509j:plain

その他はプレイヤー(ヒーロー?)ボード、カード類、トークン系タイル、ダンジョンタイル、ヒーロー毎のスキルシートが入っている。ミニチュアで箱の厚みが出ているけど、コンポーネントそのものはシンプルな感じだしトークン類もそんなに数はないな。

 

ルールブックは当然ながら英語だ。カード類も英語だ。

f:id:comonox:20170813085139j:plain

コモノも現在和訳中だが、途中まで進めてはちーん、進めてはちーん....という繰り返しのループにいる(笑)

f:id:comonox:20170813085223j:plain

Google先生がいらっしゃる現代において、自分のための和訳というこの作業は単純に気持ちの問題だと思うので、秋になるまでには遊べる程度までには持っていきたいのだ!頑張れコモノ。。。

 

 

〈コンポーネント〉

さて、コアボックスのコンポーネント詳細でござる。ミニチュアは例によって後ほどな。。。

 

・ダンジョンタイル

全部で8枚、両面仕様であるな。これをクエストで指定されたように並べ、キャンペーンをクリアしていくぞ。

f:id:comonox:20170813083738j:plain

冒険を通してヒーロー達は成長していくのだ。

 

・トークン類

パッと見てそんなに多くはないね。

f:id:comonox:20170813083907j:plain

厚みはしっかりある系。そしてこのタイルに今回の残念ポイントがもう一箇所.....

禿げハゲてた!

f:id:comonox:20170813084611j:plain

抜いちゃえば良いので問題ではないんだけど、なんでしょうね。ちょとだけモヤモヤしますよ。

 

・プレイヤーボード(ヒーローダッシュボード)

プラスチック製のトレイで、冒険者達の成長と装備、ライフを管理する粋な奴がこちらです。

f:id:comonox:20170813084844j:plain

これだけだとよく判んないので、セットしてみる。

f:id:comonox:20170813084933j:plain

いきなりなんかテンション上がる系に!(単純)

※実際セットする時には必ずルールを参照しろな?

 

・カスタムダイス

特殊ダイスが付属してくる。

f:id:comonox:20170813090055j:plain

可愛らしい色合いだな。ちょっと味気ないのでKIckのアドオン追加しておけばよかったかもしれない。そのうち別売して欲しいな。

 

・カード類

カードはモンスターカード、ヒーローカード、アイテムカードなどだ。

f:id:comonox:20170813090213j:plain

もうアイテムだけ見てても心が踊る。そしてこちらがヒーロー達。

f:id:comonox:20170813090356j:plain

この6人がダンジョンへのお供だ。ちゃんとクエストを通してスキルレベルもあがるし、成長するのだ。

 

モンスター達。こいつらをブッ倒していく。

f:id:comonox:20170813090452j:plain

同じモンスターでもレベルが異なるカードがある。TRPGっぽくて好きだな!

あと、ヒーローとモンスターにはそれぞれ対応するミニチュアある。後ほどご紹介するぞ。

 

なお、先日発表されているのだけどKickで発送されたカード類に対してエラッタのアナウンスが出てた。日本向けに正しいカードは同梱されているっぽいが、、、どこにあるんだ?w?

cmon.com

あれか、アドオンの箱に貼り付いてたカードの束かな?あとで確認しよう。。。

公式HPでは丁寧に説明されているので、気になる方はそちらも必ず確認しよう。今後の製品版では解消されてると思うぞ。

 

・クラスシートパッド

キャラクター毎のスキルレベルなんかを管理するシート。

f:id:comonox:20170813091731j:plain

 メモパッド形式になっていて、一枚づつ使うようになっているみたい。なお、公式HPには印刷用データが公開されているので無くなっても安心だな。

 

公式HPはコチラだ。

cmon.com

 

〈ミニチュア類〉

 遂に!待望の!というか、Massive Darknessの外せない魅力であるミニチュアをご紹介するぞ。

f:id:comonox:20170813202205j:plain

まずは、、、モブキャラ達!ちなみにコレは1段目の様子。

f:id:comonox:20170813202304j:plain

モブキャラにしてこのクオリティである。

 

そして。ヒーローズ!

なんすかこのかっちょ良さ。ゴレンジャー(古い)も真っ青だぞ。6人だし。

f:id:comonox:20170813202355j:plain

どのヒーローを選んでも楽しめそうである。

 

二刀流!どや!

f:id:comonox:20170813202438j:plain

この二刀流の見本のようなかっちょ良さ。この造形美たるや。

 

そして漢たるものの見本もいる。

f:id:comonox:20170813202552j:plain

アックス(斧)持ちの理想形。(コモノ評)

ふぅ。。。落ち着け。俺。

 

そして、BOSSモンスターズ! (o゚∀゚)o キタ!

f:id:comonox:20170813202712j:plain

このクオリティ!

f:id:comonox:20170813202934j:plain

もはや繊細!

f:id:comonox:20170813203010j:plain

おぉぉぉぉぉ・・・・

これは「Massive Darkness」満足しかないよ。。。

 

〈前編まとめ〉

ストレッチゴールの基本的なミニチュアまでは前編でまとめる予定だったんだけど、調子に乗ってミニチュアの写真がしがし入れてたら重くなっちゃった感ある。あまり読み込み不可が高くなってもアレなので(タダでさえ最近重いので・・・)一旦前編はこのあたりで〆とこうと思うぞ。もはや後半はミニチュアの紹介だけになりそうな勢いだが、ダンジョンの冒険を彩るミニチュアの精度が高いのは単純に嬉しい。

 

あとはこれをどう塗るか!って課題が残るが、まぁそれは急がなくても良かろう・・・

 

怒涛の後編、チラ見せして次回を待てw

チラっ。

f:id:comonox:20170813203604j:plain

ぬっはーw

 

【PR】

Massive Darknessはまだ国内流通はしてないぞ。Gen Con 2017でイベントはあるみたいな記事が出ておりました。

cmonfanboy.com

オフィシャルサイトでもComing Soonだ。しばし待つのだ。。。

cmon.com

 

〈おすすめの記事〉

そろそろダンジョンとかドラゴンでまとめが出来そうだな・・・

www.comonox.com

【欲しいモノ】終わりなき欲望との戦い。夏空に散るのは恋ではなく財布なのだ。「パンデミック:レガシーシーズン2」他、気になる予約情報!

やぁやぁ、コモノだ。

 

夏は好きではない。暑くてだるくてもともと無いやる気なんか全て吹っ飛ぶほどに気持ちが後ろ向きになるのだ。そういう夏だからこそ、室内にこもって遊ぶアイテムに意識が向きがちな今日この頃だが、またしてもコモノの心をウワッさウワッさ揺さぶる新作の情報が流れてきたぞ。 

 

そう、あの大人気シリーズ「パンデミック・レガシー」のシーズン2国内発売のアナウンスだ。来ちゃったな、遂に。今回は黄箱と黒箱だ。

パンデミック・レガシーは一度遊んだらもう2度と遊べないという中々ぶっ飛んだ仕様だが、もはやボードゲームというよりも一つのドラマを体験する熱いプレイで多くの人を虜にしている名作。その待望のシーズン2が遂に国内発売される!

続きを読む

【ボードゲーム】「グレート・ウェスタン・トレイル日本語版」キチャッター!牛と汽車コマ、その他3匹のオッさんが頑張る。

やぁ、コモノです。

 

欲しい欲しいわめき散らしておきながら、たいしてボドゲをポチれていないのは間違いなく財布が寂しいからです。夏なのにね。

さて、今日はアレクサンダー・プフィシュター作「グレート・ウェスタン・トレイル日本語版」が届いたので開封レビューをお届けするよ!

 

最初このボードゲームを見かけた時の感想は、、、

f:id:comonox:20170807142508j:plain

「おっさんが3人もいるやん。もっさいのぅ」

でした。ごめんなさい。ごめなさい。ごめんなさい。

 

だってさー、色気とか無いじゃん。おっさんじゃん。自分がおっさんになってからというもの、おっさんが近くにいると自らのおっさん化が激しくなるかもしれないじゃん?それって、辛い・・・・(。-з-)

 

ということで、全く初見では興味を持っていなかったので大して調べもしなかったコモノ。しかし全く別の角度からこのゲームに光があたりました。それはボードゲームデザイナー「アレクサンダー・プフィシュター」です。そう、グレート・ウェスタン・トレイル(GWT)のデザイナーは、あのA・プフィシュターだったのですよ!(◎-◎;)!!  

続きを読む

【プレイレビュー】こっそりPAX拡張(PAX:Nocturnus)ポチッちゃったので遊ぶ件。PAX:Nocturnusプレイするよ!

みなさま、Bonum vesperum.

コモノだ。

 

はじめてラテン語書いた。今日は以前ご紹介したPAXの拡張「Nocturnus」のご紹介だぞ。ラテン語とか書いちゃうと、ちょっと頭が良くなった気がするな。

f:id:comonox:20170804084637j:plain

左の袋に入っているのが今回の拡張セットだよ。カードとマニュアルだけのシンプル構成だな。

 

前回のPAX開封レビューはこちらだぞ。

www.comonox.com

 

なんで突然ラテン語かというと、拡張の名前になっている「Nocturnus」がラテン語なのだ。これまでのコモノの人生でラテン語なんて意識したことは殆どなかったけど、「こんばんわ」のラテン語が知りたくて調べてたら意外にも知ってるような言葉があった。例えば。

 

メメント・モリ(死を想え)とかな。

※中二病の弊害です。ぇぇ。。。

続きを読む

【ニュース】気になる夏のセール&ショップ情報。あのボードゲームが!あのボドゲが!初めてボドゲ買うなら今かもしれない件。

ども。コモノです。

 

先日に続き欲しいモノシリーズ第2弾です。ええ。

別にボドゲレビューをサボってるわけではないんです。ええ。

 

だってねー。セールとかですよ。セール。Amazonとか駿河屋ならいつもの事なのであれですけど、ボードゲームマニアではない方はなかなか利用しないと思われるボードゲーム専門店のECサイトがセールなんです。ビギナーからすると敷居が高いイメージの専門店、意外とそんな事ないんだよってお伝えしたい訳です。

 

コモノ、今日は過去にすごろくやさんのセールを逃した思い出(苦すぎる・・・)を胸に、たまにお世話になる2ショップのセールから個人的にオススメかつ、コモノが狙っているボードゲームをご紹介。過去このブログでとりあげたゲームも入っているので、過去記事も参考になれば此れ幸いに候。。。

 

どちらのお店も初めてでも安心してお買い物できると思うぞ!

 

 

〈テンデイズゲームズ〉

shop.tendays.jp

開店7周年記念セール

店頭セール:8月4日(金)~8月6日(日)
通販セール:8月7日(月)夜~8月10日(木)開店前まで

続きを読む

【欲しいモノ】8月のポチる夜。または遠くから聞こえる夏祭りの太鼓に踊るコモノの夜。

やっほー、コモノだ。

 

夏まっさかり、気分はどん詰まり、財布は厚みはただのお飾りみたいな8月がやってきたぞ。もはや3回韻を踏む事すらただのヲサンであるが、妙なテンションにでもならないと色々ままならない感満載の夏だな。

 

今日は最近あんまり書いてなかった、欲しいモノシリーズの夏バージョンだ。昨年書いていた記事に登場したボドゲもなんだかんだで手に入れてしまったので、ここで書いておけば来年の今頃までには手中に納めることになるかと思う。かれこれボードゲームを始めて1年あまり、なんでこんなに物欲が途切れず、かつ未だに欲しい欲しい病が治らないのか。その謎を解くにはきっと飽きるまで買い続け、遊び続けないとダメなんだろうという真実に気がついた。(ダメなやつ)

 

まだぼっちプレイが殆どだと言うのに・・・

 

そんなぼっちでも遊べそうなこの夏のセレクション、8月にポチる予定も含めて今日はお届けしておくよ!みんなも躊躇うなよ?

 

ではレッツラゴー。

 

〈グレート・ウェスタントレイル日本語版〉

8/5発売予定で現在絶賛駿河屋さんで予約中。とにかく安いのである。

 

予約:グレート・ウエスタン・トレイル 日本語版 (Great Western Trail)

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:75~150分
対象年齢 :12歳以上
デザイナー:Alexander Pfister

 

プレイ人数が2名からになっているので、通常ならお買い物優先順位としては下がるのだけど、GWTはポチる。絶対ポチる。なぜかと言えば!

続きを読む

【ボードゲーム】コモノォックスゥは〜洞窟にはいぃるぅぅ。カメラマンとぉ照明さんのぉぉ、後に入るぅ〜。目指せ黄金郷!「エルドラド (Wettlauf nach El Dorado) 」ファーストレビュー!

みなさん、ども。コモノです。

 

タイトルを読んでニヤついた方、引いた方。みなさん紛れもなくコモノと同じくオッさんです。探検といえばそう、あの昭和ゴールデンタイムの金字塔、水曜スペシャル川口浩探検隊だな!

 

「あたりに立ち込める濃い霧が、ジャングルの静けさをより一層際立てている。探検隊の耳に聞こえるのは道なきジャングルを踏み分ける足音のみ。原住民からもたらされた情報では、霧の濃いジャングルの奥深くに、鮮やかに光り輝く街のようなものを見たとの情報があった。果たしてこの先に我々の求めている黄金郷は実在するのか。。。」

 

なんてナレーションで、川口浩の探検は始まったな。な?探検。もはや自分でもよく分からないテンションになりつつある探検の魔力。今日ご紹介するのはそんな魔の魅力に囚われた探検隊たちが競う、心踊る神秘の都エルドラドへのレースゲーム。今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品「エルドラド (Wettlauf nach El Dorado) 」だよ。

f:id:comonox:20170728000458j:plain

ライナー・クニツァさんという著名なボードゲームデザイナーのこの作品。巷で言われているクニツァらしさが無いとか、どんな事なのかよくわかっておりませんが面白い!という声が多数なのと、エルドラドがテーマにあるってだけで即ポチしたコモノ。きっとボードゲームマニアックスな方々が面白いって言うんだから面白いはず!これは期待大だな!と割と小躍りしてたんです。発表前に届いてたからしっかり遊んでテンションあがりまくったレビューを書くはず、書けるはず!だったんだけど。

続きを読む

【プレイレビュー】ポートロイヤルでブイブイいわす(死語)よ!コモノと訪れる「ポートロイヤル(Port Royal)&拡張」の旅。

アディオス!コモノだ。

 

先日のオー・マイ・グーッズ!のレビューで、デザイナーのA・プフィスター(Alexander Pfister)に興味が湧いちゃったコモノ。 

www.comonox.com 

いろいろ調べていくうちに、昨年開封レビューを書いたままになっていたポートロイヤル(Port Royal)がプフィスター作だという事に気がつきまして。いそいそと引っ張りだしてきたのだ。拡張にあるソロモードはゆっくり遊ぶ事なく棚にしまっていた(超反省)ので改めて遊んでみたわけですが。

f:id:comonox:20170723233651j:plain

おぉ!となりました。

 

BGGの評価も良いねー。

boardgamegeek.com

 

スキルが少しは上がって楽しみをしっかり見いだせるようなボードゲーム脳になったのか、はたまた夏の夜の夢なのかはアレだけども(プフィスターさんごめんなさい)、今日はA・プフィスター作「ポートロイヤル&拡張」のプレイレビューをお届けするよ!

続きを読む