ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【プレイレビュー】ポートロイヤルでブイブイいわす(死語)よ!コモノと訪れる「ポートロイヤル(Port Royal)&拡張」の旅。

アディオス!コモノだ。

 

先日のオー・マイ・グーッズ!のレビューで、デザイナーのA・プフィスター(Alexander Pfister)に興味が湧いちゃったコモノ。 

www.comonox.com 

いろいろ調べていくうちに、昨年開封レビューを書いたままになっていたポートロイヤル(Port Royal)がプフィスター作だという事に気がつきまして。いそいそと引っ張りだしてきたのだ。拡張にあるソロモードはゆっくり遊ぶ事なく棚にしまっていた(超反省)ので改めて遊んでみたわけですが。

f:id:comonox:20170723233651j:plain

おぉ!となりました。

 

BGGの評価も良いねー。

boardgamegeek.com

 

スキルが少しは上がって楽しみをしっかり見いだせるようなボードゲーム脳になったのか、はたまた夏の夜の夢なのかはアレだけども(プフィスターさんごめんなさい)、今日はA・プフィスター作「ポートロイヤル&拡張」のプレイレビューをお届けするよ!

 

〈拡張ゲームの特徴〉

ご存知の方もいると思うが、ポートロイヤルは実在した海賊の街。パイレーツ・オブ・カリビアンのモデルになった街としても有名だな。基本のゲームでは街で一番の影響力をもつ顔役になる事を目指して、人を雇い探検をしながら影響力を獲得するゲームだ。

 

これが拡張を入れて遊ぶと、ちょっと違った趣になる。契約カードが示す課題を規定ラウンドで達成できるかどうか、それをプレイヤーが協力したり、競争する事ができるのだ。ソロモードは協力プレイを1人で遊ぶ事を指す。孤独だ。

 

これが契約カード。カードサイズは80×120のディクシットサイズだよ。

f:id:comonox:20170723234007j:plain

15コイン払うとか、結構えげつない契約もあるな。

 

契約カードを使ったゲームでは勝利点はほぼ意識しなくて良い模様。ただ契約カードの中には勝利点を持つ事で達成できる契約もあるので、めくられた契約カード次第なのかかな?

 

〈ゲームの流れ〉

基本的なゲームの準備と流れについては以前のブログを参照して欲しいぞ。 

www.comonox.com 

今回はソロプレイなので、ひとりカードをめくりまくるゲームとなったわよw

さて、今日もめくっちゃうぜー。(○・ω・)

 

 

〈プレイスタート!〉

まずは準備。協力ゲームでは契約カードを3枚開く。。。

f:id:comonox:20170723000726j:plain

今回はこの3つの契約を達成する事が目的になるよ。達成条件は以下の通り。

 

左上:フリゲート艦(赤)のカードを引いた時にコインを受け取らない(3回)

右上:カードの絵柄の人物を雇う

下 :コスト3の人物を4人雇う

 

ソロモードが楽しめる協力ゲームでは勝利点で争う事が基本的にないので、規定ラウンド内で3つの契約をどのようにクリアしていくのかがポイントになるぞ。最初に開いた契約カードの内容によって、ゲームでの戦略が変化するようになっているよ。

 

契約カードを引いたら時間の山札を作る。まず通常の山札から13枚カードを引き、更にに以下のルール通り追加でカードを引いて時間の山札に加えるよ。

・契約カードの封印アイコンに記された数字を足した枚数

・契約カードのアルファベットの種類の枚数

下の写真だと数字が「0+0+1」で1枚、アルファベットが「C・D・B」なので3枚の計4枚を最初の13枚に追加して、合計17枚が時間の山札となるよ。

f:id:comonox:20170723001525j:plain

毎ラウンド、最初の1枚を時間の山札から引いていく。山札がつきるまでがタイムリミットで、これが結構厳しい。更に協力ゲームではプレイ開始前に時間の山札からカードを取り除き、後々の難易度判定のポイントとするルールもある。

 

今回は初めてのチャレンジなのでまずクリアする事を目標にしてこのままスタートすることにした。時間の山札は合計17枚になったので、17ラウンド以内の契約履行を目指すのだ。17ラウンド、正直「これ、余裕じゃね?」と思ってたコモノ。 

 

ポートロイヤルは甘くなかったという現実をこの後お楽しみ下さい。

 

・1ラウンド目(探検フェイズ)

港に配置するカードの1枚目は、時間の山札から引く。2枚目を山札から引いて配置したところ、契約にあるフリゲート艦が出た!

f:id:comonox:20170723001654j:plain

契約達成すればクリアになるので、普通ならもう少しカードを開けて色々考えるところだけどさっさと探検フェイズ終了とした。

 

・1ラウンド目(交易・雇用フェイズ)

交易・雇用フェイズに移るよ。今回港から取れるカードは1枚のみ。(取れるカードの枚数は港に停泊している船の種類によって変わる)

交易(船のカードを取る事ね)を行なってフリゲート艦を捨て札に。通常ならここで3コインが入ってくるのだけど契約達成のためにコインは受け取らなかった。契約カードの所定の場所にキューブを配置して1ターン目終了。キューブとか使って契約の進捗管理するあたりがボードゲームっぽくて憎い。

 

・その後のラウンド(雑ですみません・・・)

続くターン。探検フェイズで調子に乗ってめくっていたら、スキフ艦の2枚目を引いちまいました。

f:id:comonox:20170723001924j:plain

同色の船カードが港に停泊するとドボン。今回の港のカードは全て捨て札になったよ。。。

 

続いてのラウンド、港には今回の契約達成条件に関わるカードが2枚出てしまった。船員の雇用コストが「3」(この時点でコイン3の人物は誰も雇えていないし、直前のターンでもコスト3の商人が流れてしまっている)、契約対象のフリゲート艦も。

f:id:comonox:20170723002055j:plain

ぬぬ。。。どっちにすればいいんや。

 

フリゲート艦は1/3達成中なので、これで2個だし、やはりここはフリゲート艦の契約内容を進めるでしょ! 

コモノ、いい判断しただろ。

 

ウハウハしながら契約カードのキューブを進めるぞ。

f:id:comonox:20170723235721j:plain

フリゲート艦の契約は後1回で達成だな!

 

続くラウンドでも港にフリゲート艦がお目見え。ここまではかなり順調だった。そう、このフリゲート艦の契約を達成するまでは。

f:id:comonox:20170723235837j:plain 

3回目のフリゲート艦カードをゲット。コインを受け取らずに契約を達成したぞ!契約の報酬「8コイン」を獲得。

f:id:comonox:20170724000023j:plain

契約クリアのキューブを置いた時の満足感、悪くないです(笑)

ただ、全体的に流れが良かったのはこのあたりまでだったのだ。。。

 

続くターン。次は雇用契約を達成するのだ。「コスト3を4名雇用する」と「開拓者と商社事務員を雇用する」の二つ。

f:id:comonox:20170724000124j:plain

なんでこんなに港にカードを集めちゃっているかというと、手元にコインがほとんど無かったので雇用したくてもできないという悲劇中。

ようやく港に4種類の船が停泊したので、カードを2枚引けるのだけど、港にコスト3の人物が4名も出てしまったという・・・とりあえず交易1回、雇用1回で船員を雇った。コスト3はあと何名残っているのか。

 

続くターンでも交易と地味にコスト3が出た時にすかさず雇用。でもひたすら交易優先。コインがない。

f:id:comonox:20170726001945j:plain

たまに血迷って船を撃退してみたりする。

f:id:comonox:20170726002216j:plain

まだ2名しか雇用できていないという現実を認めたくない。

 

その後、なんとかコスト3を1名、商社事務員を1名雇用する事が出来て、最終ラウンドに突入した。誰だ17ラウンドで余裕とか言ってた奴は。

 

・最終ラウンド

開拓者が出た!でも最後のラウンド、ギャンブル的に大量に港に招待中。コインはちなみにこの時点で残り7。港に4種類の船が停泊しているのでここでコスト3の人物が港に出てきてくれれば契約を達成する事ができる!

f:id:comonox:20170726002547j:plain

そして、、、(゚◇゚;)!!!

f:id:comonox:20170726003047j:plain

同じ色の船が2種類、港に停泊するとドボン。

ドボン。

ドボン。

船員を1人しか雇ってないので戦力足らず。撃退も出来ず。

ドボン。

 

.....(;ーωー;)

 

 

〈まとめ〉

ポートロイヤル、なめてました。すみません。ごめんなさい。今回流れをブログにまとめていてよくわかりました。ポートロイヤル、マネジメントが大事。

カードの引き運があるので完璧にとはならないけれど、残りの山札には大体どの位のカードが残っているのか、捨て札やコインに紛れているカード(プレイ中見る事ができないカード)は何が紛れているのかを予想が必要。そして港に出たカードを見てどの契約から達成していくのかしっかり見極める事が大事なゲームでした。あれだよ優先順位ってやつだよ。優先順位。今回は最初フリゲート艦の契約を優先してしまった訳ですが、実際は開拓者の雇用や、コスト3のカードを雇用するタイミングをミスった感じが強く、それを間違えなければ達成できてたんではなかろうかという反省しかない。反省しかない。

 

ポートロイヤルでブイブイいわすどころか、ブイブイ言わされた感しかなく、ワンピースのティーチみたいな海賊に「ブヘヘヘ、だらしねー奴だな!」って言われてる感が超悔しい。

 

A・プフィスター作、ポートロイヤル。拡張版も面白いよ!シンプルだけど運も程よく絡んでお手軽。煮詰まるような悩ましさはないけど軽やかにスベったりノったりする感じは遊んでて楽しいです。もちろんソロじゃなくても皆んなでワイワイやったら楽しかろう?拡張版では同じく契約カードを使用して協力ゲームではなく競争ゲームもできるのだけど、こちらは奪い合いがかなり熱くなるのではないかと思う!たぶん何度か遊ぶとより楽しくなる感じなので、晩御飯の後とかに、まったり軽く遊ぶなら良いボードゲームだと思う!

 

・・・・もう一回やろ。

 

【おまけ】 

今年(2017)、新しい拡張が出るみたいですぞ。

 PEGASUS SPIELE ONLINE: Detailansicht - Wir machen Spaß

Port Royal: Das Abenteuer beginnt... | Board Game | BoardGameGeek

キャンペーンモードの追加っぽいけど、ドイツでは12月発売?予約を始めてるサイトもちらほら見かける。国内は来年かな。

 

 

【PR】

拡張版は日本語版ではないので注意が必要だぞ。

購入するときは和訳がついているかチェックすると良いと思う。けど、なんかおかしなプレミア価格・・・・

ポートロイヤル 日本語版

ポートロイヤル 日本語版

 
ポートロイヤル:契約をもうひとつ……(Port Royal: Ein Auftrag geht noch...)

ポートロイヤル:契約をもうひとつ……(Port Royal: Ein Auftrag geht noch...)

 

A・プフィスター作品の大箱にも興味津々。

グレート・ウエスタン・トレイル 日本語版

グレート・ウエスタン・トレイル 日本語版

 
モンバサ 日本語版

モンバサ 日本語版

 
ブルームサービス(BroomService)/alea/A.Pelikan & A.Pfister作
 

 

 

〈おすすめの記事〉 

www.comonox.com

【ボードゲーム】祈りゲーって何だい?小箱でじゃかじゃか拡大再生産。「オー・マイ・グーッズ!(Oh My Goods!)」ファーストレビュー。

ども、コモノです。

 

今日は本当はルーンバウンドのプレイレビュー用にテノリスに行ってマーガスと遊びまくってやる予定だったのですが、まさかの次女が発熱、おまけに長女も一緒に自宅待機という超絶予定外の休日となったコモノです。

 

まぁ仕方がないとはいえ、、、5時間以上連続のフリータイムが手に入るという過去数年まったく叶わなかったお休みが吹き飛んだので、世界が崩壊する音が耳の中で響くレベルでコモノのテンション下がりまくりです。。。全国の育児で遊ぶ時間が取れないとお嘆きの皆様、いまコモノはみなさんの心と一つですぞ!

 

そんな訳で今日は

神様、どうか良い子にしていますので、コモノに1人で自由に遊ぶ時間をください。

と、マジでどこかに祈りに行きたい気分な訳ですよ。マジでお祈りするよ、する。

 

コモノは宗教とは無縁の世界で生きてきたのでクリスマスもお正月も楽しむ純粋で節操の無い日本人です。宝くじを珍しく買えば、過去生きてきた中で最大の念を込めてお祈りもしますし、厄年は関東の厄除け大師を全て回りきる勢いで神頼みをしてました。なので「祈り」という神聖な行為において、まったく加護が期待できない部類の人種な訳ですが、ボードゲームにも祈る事が重要なゲームがございます。

 

それが本日ご紹介する小箱祈りゲー代表作のとも言われる(言われてるよ、な?)オー・マイ・グーッズ!(Oh My Goods!)です。もともとはオーストリアのボードゲーム博物館が出していたボードゲームでしたが、ルックアウトシュピーレという大手からタイトルを変更して再販されたボードゲームみたいね。そこら辺の事情はよくわかりませんが、遠い東方の島国ヤポンで手に入るようになったのは有難い事ですな。

 

オー・マイ・グーッズ!  日本語版

画像:Amazon

オー・マイ・グーッズ!(Oh My Goods!)

デザイナー :アレクサンダー・プフィスター(Alexander Pfister)
プレイ人数 :2~4人
対象年齢  :10歳~
プレイ時間 :30分

 

続きを読む

【ボードゲーム】ひゃっほー!ドラゴン!RPGでガチな冒険するよ!「ルーンバウンド第3版」ファーストレビュー

やっほー。コモノだ。

 

先月の浅草ボードゲームフリーマーケット、行かれた方はかなり楽しかった模様である。コモノはあいにく仕事だったから行けなかったのだ。事前に仕事だったって事はわかっていたのに、いざ行けなかったら行けなかったで未練たらたら。皆さんがツイッターで流す戦利品報告を、じっとりとほぼ梅雨空くらい湿度のある眼差しで眺めていた・・・

 

とりたてて欲しかったボドゲがあったわけでは無いのだけど、なんかみんな楽しそうだからアレだ。羨ましかったんだよね。。。。(素直に)

 

ρ( ̄ε ̄。)イイモンイイモン・・・・

(。_ _)シュン・・・

 

と、勝手に落ち込んでたんだが、チラホラ売れ残っちゃったって出展者の方々がツイート流してた。

 

ふーん。。。っとチラ見してたツイートの中にコモノは見つけてしまったのだ!そう、あのルーンバウンドを!

男子なら一度はプレイしなければいけない気になるRPGフレーバー満載。旧版になる第2版はプレミアつきまくりのおかしな価格で取引されてる、メジャーなRPG系ボードゲームだな。ルーンバウンド欲しいでっす!と反射的に手を挙げてお譲りいただいたのだけど、その相手の方はまたしてもU壱さんでした(笑)。 

 

U壱さん登場記事はコチラ

このブログでもとりあげているScytheやらQuests of Valeriaなどの海外勢ボードゲームのセレクションでは、いつも超参考にさせていただいているお方だ。いやー、ありがたや。。。

 

そんな訳で、勢い余って入手してしまった久しぶりの大箱、ルーンバウンド第3版のファーストレビューをお届けするよー!

 

 

〈開封(°▽°)!〉

なんか久しぶりの大箱、かなり大きく感じるな。コレが男子の浪漫の大きさか。

f:id:comonox:20170715143013j:plain

ルーンバウンド第3版

プレイ人数:2〜4人

プレイ時間:120〜180分

対象年齢 :14歳以上

続きを読む

【ボードゲーム】マトリョーシカって本当はいくつまで入ってんだろね?絵柄が超綺麗な「マトリョーシカ」ファーストレビュー!

ども。コモノです。

 

今日は小箱系ボードゲームのご紹介ですぞ。ちらちら他のブログなどでも紹介されていて、ちょっと気になっていたボードゲーム、「マトリョーシカ」です。

f:id:comonox:20170711083125j:plain

最近コモノは会社のお昼休みくらいの短い時間で、皆んなでちょいっとプレイできるような軽めのゲームを見つけるとついついポチってしまう病にかかっております。(言い訳)

この「マトリョーシカ」も絵柄も可愛いしなんだか楽しそうだなって思ってたボードゲームなのですが、先日トリックプレイさんに在庫があるのに気がついてしまい、ボソッとツイッターで呟いてみたところ。。。 

なんとトリックプレイさんからお返事いただいちゃいました!

送料が高いと思い込んでたので、このお返事いただいて即ポチる流れに。

あぁぁぁ・・・(笑)

続きを読む

【ボードゲーム】ヴァレリア王国で今度は冒険だ!「Quests of Valeria(クエスト・オブ・ヴァレリア)」そしてまさかの絶賛和訳中。え?マジ?!

やぁ、みなさん。コモノックスだ。

名前を省略せずに書いたのが久しぶりすぎて自分でも違和感ありまくりだ。

 

つい先日、「Villeges of Valeria」というカードゲームをご紹介したのだが、今日は同じ世界観を持つボードゲーム「Quests of Valeria」のご紹介だぞ。前回同様、実にグッとくるアートワークが心に刺さりまくりのボードゲームなのだ。

 

どうでしょう、この美麗なカードときたら。

f:id:comonox:20170705235954j:plain

The Story of Quests of Valeria(超意訳)

栄華を誇る街、多くの人々が集まる有名な酒場。プレイヤーは王国で著名なギルドマスターズの一員となり、酒場に集う民衆を雇い様々なクエストをこなす。プレイヤーは仲間のギルドマスター達を出し抜き、王とその王国の人々からの賞賛を勝ち取るのだ。

 

いやいやちょっとコレ、やっぱり期待高いなw

 

更に。このボードゲームは日本語訳が公開されていないのだけど、どうしても遊んで見たくなったコモノ。Google翻訳というインターネット時代の超文明の利器をフル活用して、人生初の日本語訳作成に初チャレンジしたぞ!中学の頃を最後に、英語を意識して訳するなんてことをしてこなかったコモノであるが、意外となんとかなりました!

Google翻訳、超すごい(笑)

続きを読む