ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

【ニュース】あぁ、とどめの一撃が放たれた。ふるりん本舗の出版予定ラインナップの破壊力が瀕死のマイヲレットを直撃した2021年夏。

ども。コモノです。

 

毎月発表される各社からのボドゲ新作情報は見ているだけでも結構楽しい訳ですが、中には息が詰まる思いというか、重いと言うか。。。「ぐっ...」ってなる情報もあります。って言うか毎月何かしら息が詰まってるのでその内倒れるかもしれません。

8月、9月に発売される新作の情報はだいたい出揃ったかなぁ。。どれ買おう?なんてツラツラ財布の中身と相談しつつネットを漁っていた昨晩、不意に飛び込んできた情報に思わず息が詰まりかけたのでご紹介しときますよん。

 

ふるりん本舗から今後の出版予定がアナウンス

ふるりん本舗さんは海外ボドゲのインサートを取り扱っている専門ショップ。最近Twitterを賑わせている水族館ゲーム「アクアガーデン」の製作元であるUchibacoyaとは兄弟店の位置付けです。ちょっとこだわりの光るボドゲアイテムやランナップが魅力的なショップさんですね。

Lisboa DX版日本語マニュアル付きで発売決定(しかも来週)

ふるりん本舗さんといえば最近Age of Steam DX版やヴィニョス、ギャラリストなどのラセルダ作品の日本語版の取り扱いが記憶に新しいですが、遂にあのLisboaが販売されるようです!ウヒャ!

https://cf.geekdo-images.com/OrHS8_a1CqSGiXeTfCk0Wg__original/img/hVArRkZYHiPTGTfi0DPR58i4o44=/0x0/filters:format(jpeg)/pic3209553.jpg

画像引用:BoardGameGeek

boardgamegeek.com

あの全てが美しいLisboaが国内流通するってのは、単純に幸せを感じます。なお積みゲーと化してるのでそれはどうするのかっていう現実とのせめぎ合い中。

アークライト・カードゲーム他、新作の出版決定

Kickstarterでプロジェクトが始まった時にどれもピックアップしていた3タイトル、全て日本語版の発売となるようです!これは嬉しい。

アークライト・カードゲーム(Arkwright: The Card Game)

こちらはカードゲームなのにBGGのルールの難しさを表すウェイトが「3.67」※注1もある重量級のゲームなのです。それもその筈で、元となったArkwrightという経済ゲームは同ウェイトが「4.57」いう超ヘビーゲーム。

boardgamegeek.com

カードゲームになって遊びやすくなったよ!という事が言いたいカードゲーム化であることは間違い無いのですが、すでに感覚が一般の人とズレてる人向けの結果であることは間違いありません(褒めてんのよ?)

ストロガノフ

https://cf.geekdo-images.com/o7CUpHZLvw5vuwRCqPZMHw__original/img/Em35adNA6vzdSSdQ74HUazuMkUY=/0x0/filters:format(jpeg)/pic5827215.jpg

画像引用:BoardGameGeek

ハンザ・テウトニカのデザイナー新作。舞台はシベリアで、そこに暮らす遊牧民?の生活がテーマです。美しいアートワークもさる事ながら、ストーリーテリングも織り交ぜたエリアムーブメントっていう物語感も味わえそうなメカニクスでちょっと興味を持っていたタイトル。なんかこう知らない世界での生活というのか、中央アジアから派生した遊牧民系の生活ってロマンを感じちゃうのですよねー。重量級と中量級のちょうどいい間くらいの位置付けなウェイトも遊びすそうなのです。

boardgamegeek.com

ヒポクラテス(Hippocrates)

https://cf.geekdo-images.com/q9o0GqIslWhlr6qpHEgRRg__original/img/OiGITwWaKLHlRGG0RMX7FgD4zSs=/0x0/filters:format(png)/pic5897247.png

画像引用:BoardGameGeek

ヒポクラテスはトロワやブラックエンジェルのデザイナー新作ですよ!古代ギリシアでヒポクラテス(医学の父と呼ばれてる方)の死後、その治療院の後継者候補の1人として貢献し、名声を高めて医学の道の正当な後継者となることを目指すという壮大な使命を持ったボドゲです。派手さはあまり感じないものの、テーマ、アートワーク、メカニクスとバランスが良さそうな中量級。Kickのプロジェクトもずっと悶々していて資金面から涙ながらにお見送りしたボドゲです。日本語版で出るとか、めっちゃ素晴らしき。

boardgamegeek.com

 

ふるりん本舗のアナウンスまとめ

とまぁ、外すに外せないタイトルばかりなんです。ということで、どうしましょ....と悩みが一つ増えました。どうしましょ。あぁどうしましょー。全部は買えない。。。Lisboaのソロルール訳してる暇がどうしても取れないし、、入れ替えとヒポクラテスかなぁ。。さぁ悩もう。人は考える葦であるのだから。

サマーセールだってやってるし

www.comonox.com

 

それでも気になる国内新作ボドゲもあるで