ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【ボードゲーム】「ディクシット:オデッセイ(Dixit Odyssey),レヴェレイション& デイドリーム」ファーストレビュー:ディクシットの開封から始まる2017年。あなたは電気羊の初夢を見たいか。

みなさま明けましておめでとうございます。コモノです。

 

2016年最後はごく普通の文章を書いたので、アレだ。新年だからいつものコモノ調にもどってブログを始めようと思う。

 

年が明けていろいろ思うところもあるが、正月は基本的にコモノは暇がない。みなさんの「年末年始はボドゲ三昧❤️」みたいな殺意がわく羨ましいツイートを横目に、コモノは指をくわえて過ごしているのだが、まぁ仕方ないな。

 

はやくウチのチビーズ(4歳&1歳)がボードゲームマニアになるよう、日々英才教育を進めながら耐え忍んだ年末年始。4歳の長女は年末にこっそり与えたナンジャモンジャとナインタイルに上手くハマったようだから、なかなかイイ線をいっている。このまま道を外さずに育って欲しいぞ。

 

ナンジャモンジャのご紹介はコチラ

www.comonox.com

 

さて今年最初のレビューは何にしようかと少し考えた。積みゲーはそれなりの数になっているのだけど、なにせゆっくりプレイする暇がとれそうに無いからしばらくプレイレビューは書ける気がしない。(新年といっていい期間のどこかで、オーディンの祝祭は遊びたいと思ってはいる。祝祭だから新年っぽいしな)

じゃ、どうするんだと考えてみても開封レビューを待っているボードゲームは同人系のゲームがいくつかあるのだけど、新年最初のレビューって気分では無い。(暗黒議会とかだし・・・)

 

うーん。。。困った(笑)

 

どうしたもんだろかね、と少し考えていたところ、ふと思い出した。

「ディクシット:オデッセイ」と追加拡張カードボックスが年末に届いてたじゃん!」

 

読者の方々は「届いたゲームを忘れてるってどうかと思う」と御思いだろうが、ひとつ言い訳をしておくと、コモノは自慢じゃないが忘れるという事にかけては定評があるのだ。あ、忘れるってのはいい意味でも悪い意味でもなんだが、今回はたまたま悪い意味で忘れたって事だ。慌ただしかったからたまたまだぞ・・・・

 

ディクシットの拡張は初夢よろしく、「ディクシット:デイドリーム」と「ディクシット:レヴェレイション」の2つで、夢というテーマとは相性が良い拡張だな。ということで。2017年最初のレビューはディクシット:オデッセイ(Dixit Odyssey)と拡張2種のレビューからにしようと思う。ぼっちゲームじゃないじゃん!というのはまぁ、いつものことだから許せ。

 

箱を開けるのは深夜に独り、孤独だからな?w 

それではいつもの開封レビューをお届けするよ!

 

 

〈開封!〉

ディクシットは基本コンポーネントを以前購入していて、ぼっちのホビーBlogでもレビューしている。開封レビューしか書いてないけど会社に持ち込んでみんなと遊んでみたところ、噂に違わぬ面白さだったんだぞ。2010年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞している事にも納得だ。

 

ディクシットの開封レビューはコチラ

www.comonox.com

 

そんなわけでディクシット:オデッセイ(Dixit Odyssey)から開けるよ。

今回届いたディクシット:オデッセイはその続編にあたる。ずっと市場でも売り切れていて最近再販が始まったので年末ポチってしまったんである。

f:id:comonox:20170103161635j:plain

ディクシット:オデッセイ 多言語版

プレイ人数:3人~12人
対象年齢:8歳以上
プレイ時間:約30分

 

まず、ディクシットと何が違うかと言いますとだな。。。

プレイ可能な人数が最大12人に増えたこと!(ぼっちのホビーBlogとしてはあまり重要ではないポイントではあるんだけども...)

f:id:comonox:20170103031116j:plain

ディクシットは大勢で遊んでも場がもたつかずにいつもワイワイ楽しめるゲームだったから参加できる人が多いというのは結構ありがたいと思う。ディクシットの基本セットが3〜6人だったから一緒に遊べる人が倍増した事になるな。

 

中を開けるとこんな感じ。

f:id:comonox:20170103162438j:plain

一番目を引くのは12枚の投票ボードだな。

f:id:comonox:20170103162547j:plain

ディクシット:オデッセイに封入されているカードのデザインを使用した投票ボードが12枚入っているよ。

f:id:comonox:20170103162652j:plain

ディクシットはこのデザインが良いですよ。ほんと好き。

タイル抜いて並べてみた。

f:id:comonox:20170103165517j:plain

投票ボードはこんな感じで使う。

f:id:comonox:20170103165604j:plain

うん、投票しないとなんか起きそうな顔だな・・・・ 

 

そして12名までプレイ人数を増やしたので、得点ボードがタイルに変更になってた。個人的にはこの変更は嬉しい。

f:id:comonox:20170103162823j:plain

分割されてるのをつなげて使用するタイプだ。

 

その他はウサギ駒が12個。

f:id:comonox:20170103162934j:plain

繋げてみた。

f:id:comonox:20170103173956j:plain

そして。。。。並べる!

f:id:comonox:20170103174015j:plain

うむ。壮観w やっぱウサギ駒かわいいねー。

f:id:comonox:20170103174111j:plain

コンポーネントは従来のディクシットよりちょっと豪華な感じだな。

 

〈カード〉

さて、ディクシットの1番の魅力といえばこのカード!

f:id:comonox:20170103174337j:plain

ディクシット:オデッセイにも84枚の新しいカードが入っているぞ。

従来のディクシットに混ぜて遊んでも良いし、カードを差し替えて遊んでも良い。

f:id:comonox:20170103174540j:plain

相変わらず雰囲気の良い、なんともいえないカードのデザインだな。語り部(親)になった時の言葉のセレクトにそこはかとない色気が自然と表れそうなデザインだ。

 

そして、今回購入した拡張セットの2つをご紹介するぞ。ディクシットの拡張は基本的にカードの追加セットなので、コンポーネントにはカードしか入っていない。

 

〈Dixit 5 Daydreams〉

ディクシット5番目のの拡張セットデイドリーム(Daydreams)。日本語にすると空想という意味のこのセットはコモノ当初から欲しくてたまらなかったセット。

f:id:comonox:20170103222036j:plain

もうデザインからしてやられっぱなしですよ。

カードデザインはちょっとダーク目だけど、とっても想像力を掻き立てられるカードデザインが揃っているのだ。

f:id:comonox:20170103222206j:plain

どんな言葉を選んでやったらよかろうか・・・

f:id:comonox:20170103222237j:plain

ぐぬぬー。たまらない。

f:id:comonox:20170103222319j:plain

そして今回Daydreamsでイチ押しのカードがコレ。

f:id:comonox:20170103222423j:plain

コモノ、サラリーマンですし、酉年ですし。

 

〈Dixit 7 Revelations〉

そして昨年末に新しく発売されたディクシット7番目の拡張セット、レベレイションズ(Revelations)。Revelationsの意味はなんと黙示録だぞ。

f:id:comonox:20170103222915j:plain

この内箱の美しさといったら。今回は予約購入をしたから、レベレイションズにはプロモカードが付いてきたよ。

f:id:comonox:20170103223329j:plain

そしてカードたち。もう美しすぎる。

f:id:comonox:20170103223615j:plain

雰囲気からだと、聖書で言うところの予言書の意味の黙示録というより、啓示とか天啓って意味の黙示録っぽいな。

f:id:comonox:20170103223640j:plain

何をいったい明らかにするというのか。

f:id:comonox:20170103223821j:plain

なんだこのセクシーな感じ。

f:id:comonox:20170103223923j:plain

レベレイションズ、期待以上のデザインだった。もはやコレクションとして保管しときたい(本末転倒)。

 

〈まとめ〉

ディクシット:オデッセイの内箱には84枚のカードを全部で3セットしまっておける場所がある。(ディクシット、ディクシット2のカードを入れる仕様みたい)3種類のテーマのカードは混ぜて遊んでも良いし、差し替えながら雰囲気を変えて遊んでもよい。ただ一回混ぜてしまうとそれぞれのカードを見分けるのは困難なので注意が必要になる。

 

混ぜちゃったけどどうしても分類しなおしたいというアナタは、ディクシットを販売しているメーカーのHP(本国のサイト)にカードを一覧で見ることができるリンクがあるのでそちらを参考にしたらよかろ。事前にカードのデザインを知りたい人も参考にして見たら良いと思う。

 

LibelludのHPから各アイテムのページへ移動して、Downloadリンク内の「OVERVIEW OF THE CARDS OF〜」からカードデザインが確認できるぞ。

en.libellud.com

Dixit 5 Daydreams | Libellud

Dixit 7 Revelations | Libellud

 

その他、6〜12名で遊べるパーティールール、チームを組んでプレイするチーム戦ルールなんかも付属している。もちろん基本ルールでも遊べるところは嬉しい。ルール自体はとてもシンプルで、カードと言葉だけで紡がれるボードゲームのディクシットは家族で遊ぶのも友人と遊ぶのもとてもお勧めのボードゲームだな。カードを眺めているだけでなんだかとても頭が良くなったような気分になるのも非常に満足度が高い(笑)

なお、コモノが会社の同僚たちと遊んだ時は、6人(コモノ以外は全員ボードゲーム初めて)で遊んで1時間では終わらなかったのでボックスに書いてある30分はとってもスピーディになれた人が遊んだ時間ではないかと思うぞ。むしろ語り部になったときのワードセレクトや、当たった外れたと相手の気持ちを推し量りながらコミュニケーションを取ることが楽しいゲームだから時間をあまり気にしない時に遊ぶのをオススメしたい。時間がかかったらかかったで何とも言えない密な時間が過ごせると思う。

 

2017年初詣のおみくじは大吉だったコモノだが、レベレイションズの示す啓示がどのようなモノであるかも確認すべきだな。ディクシット:オデッセイの箱にはデイドリームとレベレイションズを入れて置くことにしよう。

 

ディクシット(Dixit)をまだ遊んだことがないという人は是非プレイして見て欲しい。なお、ディクシットはあなたの好きな人達と遊んだら良いぞ。きっと良いことが起こると思う(笑)

 

 

 〈PR〉

Amazonで買えちゃうよ。

ディクシット 日本語版

ディクシット 日本語版

 
ディクシット:オデッセィ(DiXit ODYSSEY) 多言語版

ディクシット:オデッセィ(DiXit ODYSSEY) 多言語版

 

 

 

 〈おすすめの記事〉

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com