ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

【ニュース】2022年発売の新製品情報も!ダーウィンと同じ足跡をたどる「種の起源 第2版」や、古代インカの皇帝の座を競う「タワンティン・スウユ」が出るよ!

ども。コモノなのです。

 

うずうず何をポチろうか迷っていたらば、早くも2022年リリースのボドゲ情報が届いてしまいましたよ。大変です。欲しいものを片っぱしからポチポチしないと(ダメなやつ)ボドゲの情報に流されていってしまいそう。

悩んでいる暇はない。明日はボドゲと共に来る。そんな心持ちで新年最初に我が家に届くかもしれない段ボールの中身を、もう吟味する必要が出てきたのです。

うー、どっちも興味あるな!

 

 

種の起源 ボードゲーム 第2版

https://arclightgames.jp/wp-content/uploads/2021/12/adea0708bcb7be175673a99f1889d6cb-575x575.jpg

画像引用:種の起源 ボードゲーム 第2版 完全日本語版 | ArclightGames Official

ダーウィンの進化論が生まれた地ガラパゴスを舞台に、同じく生物の進化のあらましを明らかにしようとするボードゲームが「種の起源」です。箱絵がもはやすでに欲しくなるヤツですわ。

ゲームとしては捻った感じではなく、ごく素直なタイルプレイスメント&マネジメント系のボドゲですが、ガラパゴスで調査を行い新たな生物を発見し、各島々を渡るという設定が進化論につながる調査してる感を爆上げしてくれる「種の起源」です。フレーバー的にはもう二重丸案件。ふぉぉ...Kickstarterでプロジェクトやってる時から気になってたタイトルなので日本語版発売が待ち遠しい。発売日は2022/1/20ですよ!

 

予約も始まったらリンク追記しますよ!

予約も受付開始!

上記リンクがうまく動かなければ楽天はコチラから

[rakuten:mintplus:10023827:detail]

 

タワンティン・スウユ 完全日本語版

https://arclightgames.jp/wp-content/uploads/2021/12/Slide1-575x575.jpg

画像引用:タワンティン・スウユ 完全日本語版 | ArclightGames Official

国内では少し前に数奇ゲームズで取り扱われていたタワンティン・スウユがアークライトから日本語版でリリースされます。テーマは古代インカ皇帝の後継者争い。デザイナーはアナクロニーやテケンでおなじみデヴィッド・タージです。少し変わったワーカープレイスメントと評判のタイトルなのですよね。まごうことなきヘビー系ですが、タージは各種ゲームにソロルールを提供するデザイナーとしても有名なので、そういった意味でも気になってしまいます。来年なだけに、入手することもちょっと現実的に考えてみても良いかも知れない。

 

こちらも予約始まったらリンク追加しますよ!

各所で予約が始まったよ!

上記リンクがうまく動かなければ楽天はコチラから

 

師走のボドゲ新作まとめ

年内にリリースされそうなボドゲはほぼほぼ出揃った感じあるので、先日から迷ってるタバヌシやらサポテカの検討にもそろそろ決着をつけ、来年の計画を早く始めないとだな。にしても、非常に大量のタイトルがリリースされているのでめっちゃ迷うよな。セルフサンタシステム、発動待ったなし。

心迷わせる新作紹介記事

www.comonox.com

 

 

悩ましき新作ボドゲタイトルの数々はコチラ