ぼっちのホビーBlog[暫定版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにするブログ。

「シノミリア」〈ボードゲーム〉:繊細に、大胆に。破滅の穴を跳び越えるのは誰だ?大人のゲームってこういうのっすよね。期待のシノミリア開けちゃいます!

ども。コモノです。

 

今日は大塚健吾さんの新作「シノミリア」のご紹介ですよ。少し前にクラウドファンディングを募っていて、ちゃっかり出資したのでゲムマ前に入手したのだ。

f:id:comonox:20190519204327j:plain

事前にネットでちょろっと見かけていたカードデザインに一目惚れ。それでクラファン情報をキャッチしてサクッと出資したわけだけど、いま振り返るとめっちゃマーケティングの罠にすっぽり落ちた消費者行動。これがシノミリアの罠か。

最初の罠は思えばこの頃だ...

昨年末のゲームマーケット直前に流れたこのツイートが全ての始まり。

それから今年に入ってのクラウドファンディングスタート。アダルティなキャッチフォト。

https://static.camp-fire.jp/uploads/editor_uploaded_image/image/134275/IMGP6304.jpg

画像引用:心底“ざわ‥ざわ‥”するボードゲーム『シノミリア』プロジェクト - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

すべてのオッさんたちが「こんな風に歳をとりたかった」的な模範を示すメインフォトを見たときにはもう自動人形のように出資ボタン押したわ。押した。 

https://static.camp-fire.jp/uploads/project_version/image/213697/top2.png?ixlib=rails-2.1.4&auto=format&w=1024

画像引用:心底“ざわ‥ざわ‥”するボードゲーム『シノミリア』プロジェクト - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

カッコよすぎですね。ずるいっすね。

という事で、一瞬でも渋いおじさまになりきって遊びたいシノミリア。今日は開封しちゃいますよー。

 

 

〈開封〉

シノミリア

f:id:comonox:20190519204408j:plain

プレイ人数:2人

対象年齢 :8歳〜

プレイ時間:15分

shinomiria.com

コンポーネント全体

f:id:comonox:20190519204346j:plain

ツイッターでもちょこちょこつぶやきを見かけるけれど、まず受け取った時の重さにビビる。重い。箱の大きさに対しての重さがヤバイ。アダルトなやばさだけでなくて物理的にもヤバかった。雰囲気上がる!良いな。

カード

ギャンブルというのはその人の全てを賭けるようなものだ。それを代弁するのがこのカード。ただの数字の羅列だが、単純かつシンプルな中に命は宿るのだぞ。緑と橙の2種類。

f:id:comonox:20190519204436j:plain

そのほかにチェンジカードが各色1枚づつとスタートプレイヤーカード。

チップ

f:id:comonox:20190519204501j:plain

命の重さの代弁者がチップだ。勝敗で重さが変わる。積み上げることができれば成功。失えば敗北。ギャンブルの醍醐味はこのチップの重さに比例したプレッシャーだ。1枚の重さはかなりある。重ねた時の音も良いよ!

 

隅々までこだわりが感じられるコンポーネントがたまらない。

 

 

〈シノミリアの遊び方〉

f:id:comonox:20190519204910j:plain

太陽と月。隠と陽。相反するものが支配するのは心。

ルールもシンプルだ。全てを賭けるプレイを始めるまでのリードタイムは短い方がいい。人生の時間なんて僅かだからな。ただし、複雑ではないけど細かなルールがある。それらは恐らく全て正しく行われてシノミリアの楽しさが生きる気がする。最初はルールをしっかり読みながら遊ぶとよいぞ。ざっくり流れを書いておくので参考にしてほしい。

セットアップ

  • カードの色(緑・橙)をそれぞれ選びカードセットを受け取る
  • チップを15枚づつ受け取る
  • 2人の間にスタートプレイヤーカードを置く
  • コイントスを行う(太陽と月)
  • トスに勝利したプレイヤーにスタートプレイヤーカードを向け手番を始める

勝利条件

ゲーム終了時にチップをより多く獲得していたプレイヤーの勝ち。終了条件は以下のいずれかだぞ。

  • チップ獲得処理を行なったのち、チップの手持ちがゼロになる
  • 手持ちのカードの残りが2枚となった時

ラウンドの終了条件

ゲームはラウンド制。1ラウンドが終了する条件は2つある。いずれかを満たせばそのラウンドが終了するよ。

  • 合計9枚のチップが場に積まれた時
  • お互いが連続してパスした時

ラウンド終了時の処理

ラウンドが終了した時の処理は以下の通りだ。

  • 公開したカードが0〜8の場合、数字が見える状態で捨て札にし手元に並べる
  • 公開したカードが9の場合、手札に戻す
  • チェンジカードを太陽の面に戻す
  • スタートプレイヤーカードをラウンドの勝者に向ける

ラウンドの勝利条件

伏せたカードを公開し、積まれたチップの合計数がカードの数字により近いプレイヤーがチップを総取りする。さらに追加で相手から2枚のチップを確実に奪うことが出来る。いくつか条件があって、ラウンド終了時のチップの手持ち枚数や場に積まれたチップの面(月)の枚数に応じて追加で奪える。細かい処理はルールを読むのだ。

手番の流れ

f:id:comonox:20190519205037j:plain

プレイの流れもシンプルだ。両者がまず手札から1枚選び、場に伏せる。

スタートプレイヤーから手番を始める。以下のいずれかのアクションを選択する

  • チップを場に積む(アクション)

   ▶︎太陽か月の面を選んでチップを積む

  • カードを変える(アクション)

   ▶︎相手に1枚チップを渡し、場に伏せたカードと手札を入れ替える。

    チェンジカードを裏返す

  • パスする(アクションではない)

   ▶︎パスを宣言、または指でテーブルを2回叩く

f:id:comonox:20190519204608j:plain

手番でいかに相手を動揺させ、チップを積ませるか、または降りさせるか。妄想するだけで鼻血でそう。

 

〈お試しプレイ〉

本来はスーツ着用。雰囲気のいいバーか、または誰もいない廃倉庫みたいなところで遊ぶのが正しい(そんな事ない)

しかし付き合ってくれる相手も皆無なので、まずは会社に持ってったぞ。ちょっと慌ただしかったが、早速1プレイだけ遊んでみた。

f:id:comonox:20190519204716j:plain

結果、負けました。。。( °꒫° )?

華麗に勝利をもぎ取るつもりが、負けちゃったwww

f:id:comonox:20190519204752j:plain

ま、まぁルール確認だから。インスト負けだけどさ、アレだから。ルール確認だから。あと雰囲気がさ会社のお昼休みだから。スーツ着てなかったし。

ぐぬぅ...次こそは・・・

シノミリアの好きなところ

  • デザインがよい
  • カードの手触りがよい
  • チップの重さが絶妙
  • 1回遊んだ後、すぐにもう1回遊びたくなった
  • 負けたらその後もカード出す手順の妄想が止まらない
  • 負けたくない感ある(負けたけど)

f:id:comonox:20190519204833j:plain

2人用だったので、隅っこで遊んでたけど興味を持った他の同僚が寄ってきたので、次回また遊ぶ事は確定したよ。一緒に遊んでくれたメンバーも「これ、面白いっすね!」と好印象。駆け引きは確かに駆け引きなのだけど、カードを出しチップを積み、どこでパスを始めるか、チェンジカードを使うかに悩ましい。めっちゃ悩ましい。黙々と遊んでしまいました。絶対再戦してやるわ・・・

 

また、シノミリアにはBGMがある。オフィシャルBGMって何。

youtu.be

クラウドファンディングで追加支援しとけばフル版が手に入ったらしい。うむ...仕方ない。探すか、ってんでちょっと探してみた。

youtu.be

結構ハマるんじゃない?PVの中でもギャンブルしてるおっさん出てくるしな。古き良きアメリカ〜ってんじゃないけど、ダメな大人の巣窟に美女のボーカルとか良いよね。

なお、オフィシャルでプレイ動画が公開されている。めっちゃ楽しそうである。

youtu.be

シノミリアはプレイ中、頭の中に思い浮かんだ言葉を全て口にすると面白いってどっかに書いてあった。次はやってみよう。楽しいに違いない(笑)

 

〈予約情報〉

 シノミリアはまだ市場では購入できない。直近で入手するには今週末のゲームマーケット2019春の会場だ。行ける人は予約だ。

gamemarket.jp

ゲームマーケット後の販売については現時点ではよく判らない。作者の大塚健吾さんのツイッターで情報をチェックするのだぞ。

twitter.com

後日、一般で購入可能になったらリンクは追加するよ!

 

 

〈おすすめの記事〉 

www.comonox.com