ぼっちのホビーBlog[暫定版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにするブログ。

「ノートルダム17(Notre Dame)」〈ボードゲーム〉:今月の名作を嗜もうコーナーはあのステファン・フェルド作「ノートルダム」。ドラフトの名作は深夜に鐘を鳴らすのだ。

 

めっちゃひっそりとではありますが、名作ボードゲームを定期的に嗜む計画を立てつつ毎月1作品はなんとか手に取ろうと目論んでおります。もう評判はネットのみを当てにしながら(それしかない)自分に合いそうな名作を手に取っていく所存。これまでの名作を嗜もう枠ではコンコルディアや王と枢機卿をご紹介してきましたが、やはりどうしてなかなかのハマり具合。やっぱ名作って呼ばれるのは面白いんだと思うのよ。

名作枠シリーズ⬇︎ 

www.comonox.com

今日ピックアップするのはアレアから出ているステファン・フェルドの作品「ノートルダム」で、初版は2007年。もう10年以上前の作品ながらファンも多いボードゲームですな。2017年に10周年記念版が出ていて(ノートルダム17)、現在購入できるのもこのバージョン。

ノートルダム17(Notre Dame)/ alea / Stefan Feld

画像:Amazon

記念版には10周年のロゴが絵の右上にあるのが目印で、「ノートルダム」の人物カード拡張と、同じくアレアからでている「ブルゴーニュ」で使用する拡張が同梱されているよ。国内はメビウスゲームズから和訳付きで流通してますな。

アレアのボックスデザインは品がいいといいますか、、、なんかめっちゃ名作ボードゲーム感強い。勝手にユーロ系のボードゲームの代表!みたいなイメージが付いちゃってるのはなんなんでしょう。それが好きなところの1つでもあるのだけど。この箱持ってるだけでなんか幸せな気分になりますな!

手に持っているだけで幸せ感漂うドラフトの名作、ゲーマーズゲームとも評される「ノートルダム」をご紹介したいと思いますっ!

 

〈開封〉

ノートルダム17(Notre Dame)

f:id:comonox:20190814110547j:plain

プレイ人数:2〜5人

対象年齢 :10歳以上

プレイ時間:45〜75分

Boardgamegeek

boardgamegeek.com

ノートルダムとは?

プレイヤーは名家の家長であり、ノートルダム寺院の周辺にある街区を担当するよ。手札のカードに記載されたアクションを駆使しながら、一族の名声を高め影響力を手に入れるのだ。折しもパリではペストの脅威にさらされており、疫病には気をつけなければならない。街区内に住む住人の健康には注意が必要なのだ。

ゲームの最後に最も名声を手に入れたプレイヤーが勝利しますよ。

コンポーネント全体

f:id:comonox:20190814110606j:plain

割とこざっぱりしているコンポーネント。アレアはなぜだかタイルがフニフニしているのが毎度気になる。もっとこう「ガチっ」ときて欲しい。タイルはガチッとしてて欲しい。欲しくない?

プレイボード

f:id:comonox:20190814110636j:plain

ノートルダムといえば、この独特の形をしたプレイボード。この1枚のボードが個人ボードを兼ねている。参加する人数によってボードの形が美しく変化するよ。 

ノートルダムタイル

f:id:comonox:20190814110703j:plain

参加人数に応じてノートルダムタイルを選択するよ。

3人プレイ時

f:id:comonox:20190814110801j:plain

4人プレイ時

f:id:comonox:20190814110841j:plain

5人プレイ時

f:id:comonox:20190814110856j:plain

人数が増えるとまるで花が開くようにマップが広がっていく。このマップを考案した人(フェルド氏?)って、天才では。。。(=✧ω✧=)?

カード

ノートルダムは個人ボードに目が行きがちなのだけど、このカードのデザインも良いのだ。特に人物カードは雰囲気があってとても良いよ。

アクションカード

f:id:comonox:20190814131445j:plain

各プレイヤー9枚づつ。基本は建物(1枚だけ人)に紐づく効果を得ることが出来る。

人物カード

全ラウンド共通して登場する茶色のカードと3つのピリオドことに出てくる灰色のカードがあるよ。どれも当時の職業を表しているみたいでめっちゃ雰囲気良し。

f:id:comonox:20190814131637j:plain

茶色の人物カード

f:id:comonox:20190814131952j:plain

灰色の人物カード

この他に10周年記念版には拡張として灰色カードを差し替えて遊ぶ人物カードが入っているよ。

f:id:comonox:20190814132116j:plain

カードの効果はアイコンで示されているので、よく見れば判別はできると思う。

トークン・マーカー類

f:id:comonox:20190814132515j:plain

大使マーカーは各プレイヤーごとに4枚。アクションカードの背面の色と揃えてプレイヤーに配るよ。

馬車コマと大使トークン・影響マーカーもそれぞれの色に分かれている。

f:id:comonox:20190814132740j:plain

注)大使トークンは表向きで配置するのが正しいよ 

勝利点マーカーとコインマーカーは数が多いのだけど、小さくてちょっと取りづらい感じ。どちらも代用可能なので、なんか別のでもいいかもしれない。

f:id:comonox:20190814132957j:plain

そしてスタートプレイヤーに渡されるスタートPマーカーがコチラ。

f:id:comonox:20190814133124j:plain

ノートルダムの鐘つき男。塔の上から覗き込んでいるのだけど、何を?って思っちゃうんですがね...彼がユゴーの「ノートルダムのせむし男」なんだとしたら、アレを覗き込んでるのかもしれないよ?

 

 

〈ノートルダムの遊び方〉

ノートルダムの1番の特徴とも言えるのが可変型のモジューラボード。プレイする人数によってセットアップが変わります。中央に鎮座するのがゲームタイトルともなっているノートルダム大聖堂だぞ。

セットアップ

難しくはないけれど、ちょっと細かいので準備は丁寧に行おう。

基本の準備

f:id:comonox:20190814133618j:plain

注)大使トークンを表にするのは忘れないようにしましょう(忘れてる)

  • 人数に応じたノートルダムタイルを中央に配置
  • 各プレイヤーはプレイボードを1枚受け取る
  • ノートルダム周辺にプレイボードを配置
  • 金貨・名声トークンをボード脇に配置
  • 友人コマ・馬車・影響マーカー4個を受け取る
  • 残りの影響マーカーはストックとする
  • 4枚の大使トークンを裏向きにして混ぜ、自分の街区の角にある市場に裏向きで配置
  • その後、大使トークンを表に返す
  •  9枚のアクションカードを受け取り、よく混ぜて裏向きの山札にして手元に置く
  • 金貨3枚を受け取り、ネズミマーカーを港のペストトラック「0」に配置
人物カードの準備
  1. 茶色の人物カードをよく混ぜて裏向きにボードの横に配置
  2. 灰色(裏面にA/B/Cと記載)の人物カードをABCそれぞれに分けてシャッフル
  3. 下からC▶︎B▶︎Aの順に伏せて重ね、茶色の人物カードの横に伏せて配置する

スタートプレイヤーにスタPマーカーを渡せばゲームの準備は整ったのだ。

ゲームの流れ

ゲーム全体はA/B/Cの3つのピリオドに区切られる。各ピリオドは更に3つのラウンドで構成されるよ。ゲーム全体を通して9ラウンドで争われる。また、各ラウンドは以下の5つのフェイズから構成されるよ。

フェイズ1:人物カードの配置

f:id:comonox:20190814133800j:plain

茶色2枚/灰色1枚の人物カードを公開して配置するよ。フェイズ4で1枚雇用できる。

フェイズ2:アクションカードの選択

f:id:comonox:20190814133819j:plain

フェイズ2でノートルダムをゲーマーズゲーム足らしめるドラフトが行われるよ!

  1. 手札から3枚のアクションカードを手に持つ
  2. 1枚選択して手元に伏せ、残った2枚を左隣のプレイヤーに渡す
  3. 渡された2枚のうち1枚を選択して手元に伏せる
  4. 残った1枚を左隣のプレイヤーに渡す
フェイズ3:アクションカードのプレイ

f:id:comonox:20190814133846j:plain

スタートプレイヤーから順に時計回りで1枚づつアクションカードをプレイする。1巡したら2回目のアクションを行うよ。2回目のアクションカードをプレイするとき、残った3枚目のカードを下に重ねて見えないように出す。そして1枚目、2枚目合わせて捨て札にするよ。プレイされなかった3枚目を他のプレイヤーに見えないようにして捨て札にするのだ。

フェイズ4:人物の雇用

f:id:comonox:20190814133907j:plain

スタートプレイヤーから順に1人を雇用して、その能力を行使できる。賃金は1金が基本だよ。雇用せずにパスしてもよい。プレイヤーはラウンド中、1人だけ雇用する事が出来るよ。

フェイズ5:ペストの判定

f:id:comonox:20190814133930j:plain

このラウンドで公開された人物カードの一番下のネズミの数を数えるよ。その数から各自の病院エリアに置かれた影響マーカーの数を引いた数値分、ペストトラックでマーカーを進める。

ラウンドの終了

公開された3枚の人物カードをそれぞれの山札の下に戻し、スタートプレイヤーは左隣のプレイヤーに交代するよ。

各ピリオド(3ラウンド)終了時

各ピリオドの終了時には以下の処理を行うよ。

  • ノートルダムタイルに置かれたマーカーによる処理
  • 茶色の人物カードをよくシャッフルし、あらためて山札として配置
  • 手札を各プレイヤーの色ごとに分けて、新たな山札とする

全9ラウンド終了後、名声トークンを最も多く獲得したプレイヤーが勝利するよ。

 

アクション

アクションカードは全部で9種類。これがフェイズ2のドラフトでプレイヤー間を行き来する。他のプレイヤーがどんな手を狙っているかはボードを見ればある程度推測がつくためこのドラフトで相手が有利になるカードを渡さない(いわゆるカット)事だってできる。この辺りの駆け引きがノートルダムをゲーマーズゲームと言わしめるところみたい。

f:id:comonox:20190814134306j:plain

 

アクションカードをプレイするには手持ちの影響マーカーを必ず同じエリアに配置する必要がある。影響マーカーは最初4つしか持っていないので、うまく増やしつつアクションカードをプレイする必要があるよ。ペストも無視できず、思うように増やせないので悩ましい。なお、手元にあるマーカーが尽きた場合は配置済みのエリアからマーカーを移動させることが出来る。

人物カード

f:id:comonox:20190814134559j:plain

人物カードは全部で茶色6種/灰色9種類ある。灰色の人物は各ピリオドに3枚しか登場しない。人物カードを雇うには1コインが必要。しかし得られる効果は結構でかいのだ。街の有力者には擦り寄っておいて損はないということだな。

 

〈ハウスルール〉

Boardgamegeekに世界のソロ好きが作成したソロルールがアップされてました!しかも2つもバリエーションがあるよ。

SoloPlay_NotreDame_v1.pdf

Solo variant in English translation

うむ。ぼちぼち楽しんでみたいと思うのだ。

 

 

〈まとめ〉

f:id:comonox:20190814134823j:plain

ゲームは14世紀末、疫病に怯えるパリ・ノートルダム街区が舞台。プレイヤーはペストの蔓延を抑えつつも、ノートルダムで名声を得るため尽力する。時には有力な人物の協力を得ながら、時にはドラフトでは他のプレイヤーの思惑をカットしたりリソース管理や勝利点の獲得に悩み苦しんだりするわけだ。

いわゆるゲーマーズゲームと言われる延々悩みの尽きないゲーム性の評価も高いと。。。このレビューのためにいつものように深夜に色々調べつつコンポーネントを弄りつつ書いてきた訳ですけど、気がついたら3時間くらい経ってた。

つまりすぐに遊びたくなった訳です。(無理)

絶対好きなやつ。コレ絶対好きだ。

 あぁぁぁぁぁぁぁぁ.....もうコピーロボット実用化しかなくない?ないよね?

f:id:comonox:20190814135024j:plain

やることはシンプルなのに悩みが深いというのは、良いゲームに共通しているところか。フレーバーも好みだし、セットアップの手軽さやルールの把握のし易さなど遊びやすいところも良いですな!

 

あとは誰かと遊ぶだけなのだけどもー。

あとは誰かと遊ぶだけなのだけどもー。

あとは誰かと遊ぶだけなのだけどもー。

 

 暇が欲しいです。

 

〈追伸〉

本作がテーマに据えているパリのノートルダム大聖堂は今年2019年4月に大火災に見舞われてしまい、建物の一部(中央の尖塔)が焼失するという悲しい出来事にあっています。大聖堂は半世紀以上パリを見守ってきたカトリックの貴婦人。大聖堂の修復も無事終わると良いですなー。

 

 

【PR】

買えるけど、日本語訳ついてないのもあるから注意だぞ。

ノートルダム17(Notre Dame)/ alea / Stefan Feld

ノートルダム17(Notre Dame)/ alea / Stefan Feld

 

 

 

〈おすすめの記事〉

www.comonox.com