ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

エバーデール拡張 剣ヶ峰 完全日本語版【ボドゲ紹介】|あぁ剣ヶ峰。つらく厳しい旅路の先に向かってウサギは1人、歩みを止めないのだ...が、でかい動物キタっ(=✧ω✧)キラーン

ども。コモノです。

 

エバーデールの拡張2連チャンで恐縮です。今日は先日発売された剣ヶ峰拡張をいれて遊んでみましたよ!剣ヶ峰拡張は真珠の入り江拡張のような牧歌的な雰囲気とは異なり、厳しい冬山に挑むウサギの旅人が描かれたアートワークが印象的な拡張。気になる人は気になっていたはず!

ウサギの旅人という新しい要素、チラチラ見えかくれする大型動物のコマたちなど気になる要素満載の剣ヶ峰。2夜連続でエバーデールの拡張、ご紹介しちゃいますよ!

真珠の入り江拡張のご紹介はコチラ!

基本セットのご紹介はコチラ!

 

 

エバーデール拡張 剣ヶ峰 完全日本語版

プレイ人数:1〜4人

対象年齢 :14歳以上

プレイ時間:40〜100分

国内発行元:エバーデール拡張 剣ヶ峰 完全日本語版 - ArclightGames Official

Boardgamegeek

boardgamegeek.com

 

 

エバーデール拡張 剣ヶ峰 ってどんなゲーム?

カードをプレイしながら自分の街区に動物を招いたり、建物を建てたりしながら得点を競うエバーデール。その拡張セットの剣ヶ峰は基本セットに新しい要素を追加してより計画的なゲーム展開が必要となる、エバデ上級者向けのセットでございます。(たぶん)

新しい動物コマがたんまり入っており、これまで追加されたコマと置き換える事も可能になるセットで狐っぽいのとかフクロウっぽいコマも入っております。

そして本拡張に出てくる大型コマは通常のワーカー(動物)を置き換える機能を持っていて、なんと鞍をつけて動物コマを乗せる事ができるという仕様。エバーデール好きならこれだけでも遊んでみたくなるセットですな!

メインボードの下部にはかなり大きい峰々へ続く道が増え、新しく登場するウサギの旅人コマが配置されます。季節の移り変わりに旅人は先に足を進め、厳しい自然の洗礼を受けながら新しい地へと遠征をするべく進むのです。

旅の途中に発見したカードも手に入れながら、旅の最後に待つ遠征を成功させるため、より計画的なプレイを求められる事になるのです。

 

剣ヶ峰 のコンポーネント

やはり目を引く大きなボード。旅人が進む道のりを示しています。メインボードにくっつけるとものすごくデカくなるので、それなりのスペースが必要になるのです....

新しく追加された4つの動物コマは山が地にいる生き物たち。対応する色の旅人コマの他、過去のセットに入っていた動物コマの色に対応した旅人コマやカエル大使コマも入っています。お気に入りの動物でプレイすることが可能なのです。

各季節ごとに山札を作る発見カード。大型の動物に出会う事もあれば、新しいイベントとしてリソースを手に入れたり出来る高い効果をプレイヤーにもたらしてくれますよ。なんかドラマチックな感じで見てるだけでもウサギの旅が想像できちゃう内容です。

 

エバーデール拡張 剣ヶ峰のルール・遊び方

準備はルールブックを見ていただくとして、剣ヶ峰は真珠の入り江拡張とは異なり新しいアクションステップなどが追加されます。また最終得点にも影響がある遠征のため地図を獲得をしていくなど、プレイ感全体が変化するタイプの拡張です。ある程度計画的にゲームを進めなければ最終得点には結びつかないため、基本セット・真珠の入り江拡張よりゲームの難易度が少し上がっている拡張です。

手番の流れの変更点

剣ヶ峰の拡張を入れると、次の季節の準備アクションに続けて冒険アクションが追加されるよ。冒険アクションは3つのステップに分かれていて、順番にそれを処理する。

冒険アクション

1.製図

自分の旅人コマがいるエリアにある地図タイルを1つ獲得する。地図タイルの獲得は早い者勝ちで、ゲーム終了時に旅立つ遠征の計画を地図タイルで行うよ。

2.探索

自分の旅人コマがいるエリアから3枚の発見カードを公開し、1枚選んでプレイする。発見カードは大型動物を獲得できたりリソースを追加で得たりと効果の高いカードが入手できるが、自分の手札や街区などに合わせて選ぶ必要があるよ。

3.移動

旅人コマを次のエリアに移動する。新しいエリアに移動した時に、そのエリアの天候カードが公開されていない場合は公開するよ。

天候

各季節のアクションを行う際に、各プレイヤーは自分の旅人コマがいるエリアの天候カードの影響を受けるよ。カードプレイ時に追加でリソースが必要であったり、カードを捨てなければならなかったりと、地味に天候の影響は少なくない。。。

遠征

ゲーム終了時(パスしてゲームから抜けたのち)に遠征を実行するよ。遠征は秋の天候カードの影響を受け、1つづつ地図タイルの条件を満たしながら順番に移動し、移動したタイルに描かれた勝利点を獲得できる。途中で地図タイルの条件を満たすことが出来なければそこで遠征は終了となるよ。

 

ソロプレイはできる?

もちろん剣ヶ峰でもラグワートと対戦することが可能だぞ。ルールの追加・変更点は以下の通り。

  • 発見カード(ウインドロア&ファイヤーピーク)の除外
  • プレイヤーが獲得しなかった地図タイルをラグワートに渡す
  • 街道に配置する地図タイルは各エリア2枚づつ
  • プレイヤーの獲得した発見カードに応じてラグワートに勝利点を与える
  • ゲーム終了時、ラグワートの遠征は自動的に全て成功する

毎回エグいなと思いましたが、今回もエグいよな。

 

エバーデール拡張 剣ヶ峰の感想・まとめ

カエル大使が活躍した真珠の入り江拡張とは異なる展開が楽しめる剣ヶ峰拡張。マルチプレイであれば地図タイルのドラフトの要素も追加されたりと、プレイヤー同士の駆け引きが若干強くなるのです。

地図タイルを使用する遠征はゲーム最後に追加の勝利点をもたらすため、計画的なリソース管理が求めらます。遠征は並んだタイル順で進めていかなければならないので、なるべく先に進められるようにしたいところ。

また天候カードによる影響が各季節のリソース管理を厳しくしてくれるので、悩みどころが増えるんです。。。一番乗りで次のエリアにいき真っ先に地図を手に入れるのか、他のプレイヤーの結果を見て自分の手番で調整を済ませてから先に進むのかなど、考えるところが増えてます。

カードの引き運は相変わらずなものの新しく追加された発見カードの効果が強いので、ゲームから早々に脱落してしまうような事も無いかなと。また大型動物を手に入れるとなんとも言えない満足感が....ヤバい(笑)

初めて遊ぶ時にいきなり追加されると少し戸惑うかもしれませんが、何度かエバーデールを遊びこの世界観が大好きな人にはおすすめ出来る拡張ではないかと!また基本のエバーデールでは少し物足りないなという人も剣ヶ峰を入れて遊ぶことで満足感は上がってくれそうです。(とはいえ重量級ボドゲほどにはならないので遊びやすい感じ)

個人的には剣ヶ峰拡張を入れて遊ぶくらいがちょうど良いなと。カードの引き運には左右されますが大型動物の満足感もあるし、考えどころが色々増えるのは好き。エバーデールのラインナップで一番入手しやすいので、まだ遊んだことがない人は是非!ウサギの旅人コマも可愛いですぞ。

君もルーン王の背に乗ってみたくはないだろうか?

(●ↀωↀ●)!

 

【エバーデール拡張 剣ヶ峰:販売情報】

 

 

おすすめの記事

www.comonox.com