ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにしたいブログ。

アーク・ノヴァ(Ark Nova)新たなる方舟 日本語版【ボドゲ紹介】|2021スカウトアクション1位の注目作!噂のキメラなボドゲは繊細でこまやかな調和を成し遂げた、まさに新しい方舟だった件。

ども。コモノです。

 

今日は「アーク・ノヴァ 新たなる方舟 日本語版」のご紹介です!昨年のドイツエッセンで行われたシュピール21のスカウトアクション(人気投票)で堂々たる1位となったビッグゲーム。国内ではテンデイズゲームズから日本語版がリリースされましたが、すでに遊んだ方々の高評価を見るたびにウズウズしていた注目作です。

f:id:comonox:20220221003422j:plain

いろいろなボドゲの面白いところをうまく組み合わせたようなメカニクスを持っているという評判だったアーク・ノヴァ。しかも結構好きなボドゲ(テラフォとか)のいいとこ取りみたいなんですよね。と、聞けばそれはもう遊んでみたいと思うわけでございますよ。とっても気になるアーク・ノヴァでしたが、ようやく遊ぶことができたので今日こそはご紹介したいと思います!さぁ動物園、作っちゃうぜっ(・∀・)!!

 

 

アーク・ノヴァ 新たなる方舟 日本語版

f:id:comonox:20220221001741j:plain

プレイ人数:1〜4人

対象年齢 :14歳以上

プレイ時間:90〜150分

国内発行元:テンデイズゲームズ

Boardgamegeek

boardgamegeek.com

アーク・ノヴァ:エラッタ情報(2022/02/25時点)

カードテキストに一部エラッタがあるようです。交換対応などもあるみたいなので続報を待ちましょう。

 

アーク・ノヴァ 新たなる方舟ってどんなゲーム?

アーク・ノヴァは動物園の魅力向上と世界の動物の保護、そのどちらについても評価を集めていくボードゲーム。人々の癒しや学びの場としての魅力と、学術的な保全活動を併せ持つ新しい高度に管理された動物園を運営するボドゲなのです。

f:id:comonox:20220221002909j:plain

ゲームの開始時の手元には、動物園の設営地となるなにも配置されていないマップがあります。自分の手番で5種類あるアクションから1つをプレイしながら、徐々に動物園を創り上げて行きます。それぞれのアクションも非常にわかりやすく、1手1手しっかりと自分の行動の結果が積み上がりながらゲームが進行します。

多彩な動物たちと行動展示

世界各地から集められたさまざまな動物たちが住まう新しい動物園。絶滅危惧種もいればみんなに人気のポピュラーな動物もいるし、動物好きな方や動物園が好きな方はカードを見ているだけでもかなり幸せな気分に浸れること間違いないですな!

f:id:comonox:20220221003130j:plain

動物たちは特定の条件が揃わないと園内に配置することができません。水場や岩場へ接合されている建物や、特定の機能を持った建物にしか配置できない動物も多く、自然の状態に近づけた行動展示と呼ばれるような、動物の生態を見せていく設営を意識した配置が必要なのも、このゲームの特徴です。

自分の思う動物園をデザインする楽しみ

動物園に行くと、最初にコレを見て、次にあれを見て...など園を回るプランを立てる人もいるかと思います。アーク・ノヴァは自分の動物園をどんな順路にするか最初から考えていける楽しみがあります。

f:id:comonox:20220221002815j:plain

手元に引いたカードによるという制約はあるものの、鳥類中心の展示にしたり、珍しい動物をキーに展示をしたり、自分なりのこだわりを手元に再現していくという、勝敗とはまた違った楽しみ方も出来ます。

動物園の運営と保全活動

自分が管理する新しい動物園は、世界の大学や諸外国の動物園と提携することができます。提携を進めることで特定の地域の珍しい動物を配置できたり、学術研究目的でしか扱うことができない動物を配置できたりと、現実ではなかなか実現されない展示をアーク・ノヴァでは再現することができますよ。またそういった学術目的での保全活動へ参加し保全点を集めることが出来ます。動物たちへの興味・関心を高めて訴求点をあつめつつ世界の動物の保全活動にも貢献するという動物園本来の働きを意識することが出来るのもアーク・ノヴァの魅力です。

 

アーク・ノヴァのコンポーネント

f:id:comonox:20220221001855j:plain

割とタイル類が細かくて散らかりそうなイメージなのですが、なんと閉まっておけるトレイが付属しています。そこにタイル類はうまく収納することが可能なので、ゲームのセットアップも非常に簡単でした。これはかなりありがたい仕様。メインボードは横長でかなり長いです。そのため配置できるテーブルは結構幅が必要になりそう。

動物カード

f:id:comonox:20220221002008j:plain

160種類以上の動物が登場するので、見ているだけで非常に楽しいですな。プレイする前はイラストの方が良かったかなぁ・・・なんて思ってましたが全部イラスト化するのはそれはそれで大変そうだしね。遊んでみると意外とそこは気にならなくなっていたので、同じように思う方がいてもそれは最初だけかもしれません。

 

アーク・ノヴァのルール・遊び方

f:id:comonox:20220221002047j:plain

セットアップはプレイ人数によっていいくつか異なる点があります。細かな点はルールブックを確認しながら間違わないようにしましょう。主に保全計画カードの枚数や、訴求点の初期配置が変更になるよ。またゲームの進行、アクションの詳細はちょっと細かい処理が入るので、慣れるまではルールブックをしっかり読みながら処理を行うと良いと思います。カード効果の処理なども明確化のための小冊子が付属するので、初めて遊ぶ時は間違う前提で流れを掴みながら、2回3回と遊ぶと楽しさが増すと思います。本当にざっくりと流れだけご紹介しますよ。

プレイヤーボードの選択

最初は「マップA」と描かれたシートを使用するように推奨されています。マップは全部で「A」「0」「1〜8」という3つの難易度に分かれており、1〜はじまるナンバリングマップは固有マップとなっています。

f:id:comonox:20220221002947j:plain

慣れてきたら固有のマップを使用して地形に合わせたプレイも楽しめるようになっているので、リプレイもかなり楽しいと思うよ。

ゲームの終了条件

ゲームが終了する条件は訴求点トラックと保全トラック上でいずれかのプレイヤーのトークンが同じエリアにある、またはすれ違うと各プレイヤーが残り1手番を行なって得点計算に入ります。独特なのが得点の計算方法で、それぞれのトークンが最終的に置かれた位置の差分が得点になるため、理想としてはすれ違ったトークンの差が大きいことが望ましいのです。この辺りを意識して最後にいかに1点、また1点と小さく積み上げる攻防が発生するのです。

手番の流れ

アーク・ノヴァの特徴としてラウンドのような大きな区切りが存在しないという点があります。その代わりにアクション内で進む休憩トラックが一定の位置まで進むとさまざまなリセット処理が行われ、その時点の状況に応じた収入が入ります。全体的にインタラクションが薄めのゲーム進行なのだけど、この休憩のタイミングなどでちょっともどかしいことになるのもアーク・ノヴァの特徴です。

休憩

手番ごと1アクションを行いますが、決算のような処理をする「休憩」と呼ばれる処理が一つの目安になるルールです。休憩トラックは全員共通なので、どのタイミングで休憩が発生するかをうまく把握してゲームを進める必要が出てくるのですな。休憩では以下の処理を順番に行いますよ。

  1. 手札上限の適用:手札を上限(基本は3枚)まで減らす
  2. アクションカード上のトークンを除去
  3. 協会ボードの整理:なくなったトークンの補充と協会スタッフの帰還
  4. ディスプレイの整理:動物カードを2枚捨て札にして順に詰め、新しくカードを補充
  5. 収入の獲得
  6. 休憩トラックのリセット

なお、ソロプレイでは休憩トラックは使用せずに、ソロプレイ用のボード上で管理することになります。

5種類のアクション

f:id:comonox:20220221002200j:plain

アクションはそれぞれ以下の処理を行いますが、そのカードが配置されている位置によって効果に強弱がつきます。左(弱:1)から右(強:5)となっていて5段階あるのです。どのタイミングでどのアクションを行うべきか、手元のディスプレイと睨めっこしながらプレイを行いますよ。

カードアクション

アクションの値に応じてカードを山札から引ける

動物アクション

アクションの値によってプレイできる動物カードの枚数がことなります

建設アクション

アクションの値以下の大きさの建物を建てることができます

協会アクション

アクションの値以下の協会アクションのみプレイが可能です

後援者アクション

アクションの値以下の後援者カードのみプレイすることが可能です

X-トークンアクション

5種類の基本アクションを行うことができない、またはしたくない場合にX-トークンを得ることができます

ざっくり流れを書くだけでも結構細かくなってしまった印象はありますが、実際に何度か手を動かしてみれば結構慣れるのは早いと思います。

 

ソロプレイはできる?

f:id:comonox:20220221002231j:plain

アーク・ノヴァはソロプレイに対応しております!しかも基本的なルールに変更がないので、カードのコンボを検討したりマップごとの特性を確認したりするのもうってつけ。ゲームが終了に向かっていく流れもかなりスムーズになっているので、ソロで遊んでももたついたり物足りなかったりするところが少なめなのも良いです。

f:id:comonox:20220221002314j:plain

ルールの確認を1人でするのであれば、ワンプレイしっかりとソロで動かしてみればかなり慣れることが出来ると思いますよ!

 

アーク・ノヴァ 新たなる方舟の感想・まとめ

早速ルール確認がてらソロプレイで遊んでみました。Twitterではあまり悪い印象を口にしている方をほとんど見かけることがなかったアーク・ノヴァ。その理由は遊んでみたらよくわかった気がします。

動物園を作るの、めちゃ楽しい!

今回ソロプレイで仕上げました動物園をご紹介しましょう。

f:id:comonox:20220221002342j:plain

まず最初にインドクジャクがご来園のお出迎えいたします。そして売店・展示室を併設した休憩スペースを最初に配置。

f:id:comonox:20220221002410j:plain

当園は自然との共生をテーマにした造りを意識しておりまして、左手奥に進みますと絶滅危惧種であるニシメガネザルのエリアを設置いたしました。展示室右手からふれあい動物広場を園の中央に向かって配置し、可愛らしい動物たちと触れ合う機会を持っていただくとともに、絶滅の危機から救われたマンガリッツァに触れていただくことも出来ます。

f:id:comonox:20220221002444j:plain

自然のままの様子を残したエリアを抜けていただくと右手には希少な爬虫類を展示したエリア、そして当園のメインコンテンツ大型鳥類館では希少なインドハゲワシ・クロハゲワシを観察することが出来ます。主にアジアの希少な動物を中心に展示をしている関係もあり、アジア圏にある動物園と提携しこれらの環境保全計画にも積極的に参加している動物園です。

f:id:comonox:20220221002515j:plain

という、気がつけば流れでできてしまったアジアの希少な動物がみれる動物園ができちゃいました。いや楽しいなコレ。

 

今回のソロプレイではサイなどの大型動物を配置できなかった点がちょっと心残りとなりましたが、それ以外で大きくつまづくことなく割とやりたいことが伸び伸び出来るプレイ感だったのが印象的。あまり資金面などでカツカツともならず、終わった後の気持ちよさはかなり好印象です。これは流行るわ....

f:id:comonox:20220221002707j:plain

実際に得点を伸ばすことにフォーカスした場合は、もう少しシビアにアクションの順番を検討しなければならなかったり、ディスプレイにあるカードもしっかり吟味して提携するエリアを検討したりと、こまかな部分にこだわらないと訴求点も保全点も伸びないというシビアさがあります。得点を伸ばすためには手番の中でのタイミングの取り方と言いますか、アクションの組み立てを計画的にしなければならないというゲーム性もしっかりあります。保全点はうっかりすると伸びないので、この点はしっかり意識したプレイは必須。

f:id:comonox:20220221002602j:plain

いわゆる人気ゲームのいいとこ取りと言われるアーク・ノヴァですが、プレイ中そこまで「このゲームに似てるな」みたいな感覚にはなりませんでした。あえて言うなら最近遊んだテラフォ系のコンボはあるといえばあるかも。園のなかの建物配置は確かにパズルなのでオーディンとかね、思い出したりもしますがめっちゃ似てんじゃん!って言う感じでもありません。これはこれで動物園を作り上げる楽しさの方が強いと思います。

f:id:comonox:20220221002737j:plain

手札の中でやってみたいこと、こうだと良いな!と思うことが結構進められる印象があったので、辛く苦しく思い通りにならないという重ゲーにありがちな感じはありません。しかし表向き気持ち良い!と感じることに注力するだけでは最後の得点を伸ばすことができない仕組みが、アーク・ノヴァのゲームを面白くしてくれます。重量級ゲームを遊んだことがないと言う方が、その楽しさを感じやすいゲームじゃないかなと思います。これはリプレイしたくなりますよ!

 

はぁぁぁ....他、どんな動物いるんだろ。

いろいろな方針を立ててプレイできそうな期待感が尽きないアーク・ノヴァ。新たなる方舟というサブタイトル、遊んだ後はさらに刺さるわ...

 

アーク・ノヴァ良いな!(●ↀωↀ●)✧

 

 

 

【アーク・ノヴァ:販売・再販情報】

 

おすすめの記事

www.comonox.com