ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【ボードゲーム 】「呪われたクリーチャー」ファーストレビュー:墓地の跡地とかに別荘なんか建てちゃダメなんだぞ?ワラワラ沸くクリーチャーにむせび泣く夜。

みなさんこんばんわ。コモノです。

 

そうです、ゲームマーケット直前です。準備はもうよろしいか?

そんな待望のイベント直前なわけですが、ゲムマ以外でも欲しいボドゲがあったりしちゃうわけですよね。どっちを取るのかまた悩ましく。

 

ちょっと前からチラッチラッと目にしていた小箱ボドゲがありました。そのタイトルは「Verflucht!」。狼ゾンビが箱絵に描かれたAMIGOのボーでゲームです。AMIGOのボドゲはファミリー向けというイメージも強く、小箱だとソロで遊べるものもほとんどないので「ふーん、新しいの出たのかな?」くらいの軽い印象しかなくて大して調べもしてなかったのです。ゲームマーケットのまとめがひと段落したので、しばらく見てなかった新作の情報とか気になっていた王道系のボドゲ情報をチェックしてたところ、メビウスから和訳付きで「Verflucht!」がリリースされてるのに気がつきました。

boardgamegeek.com

お、あれだ。どんなやつなん?とツイッターを遡ってみたところ、何名かの方が遊んでるのをアップしてくださってます。カードのデザインも、うん好み。

チビ達と遊べるかな?とプレイ人数のチェック(プレイ人数:3名〜のボドゲはチビ向けには除外中)したところ、そこには「1〜5人」の記載が!

 

f:id:comonox:20180503235223j:plain

マジか、AMIGO神かよ。

ソロで出来るボドゲも増えてきた気もしますが、なかなかカードゲームというライトなジャンルではまだまだ未踏の地ばかり。新作だしカードゲーム(お財布に優しい)し、ここはゲムマ直前に行っとく?行っとくか!という事で入手した。お財布に優しいから、まぁゲムマ直前だけどひとつくらい良かろう・・・

 

今日は若干衝動買いではあるものの、AMIGOの新作「呪われたクリーチャー」をご紹介いたしますよー。

 

【目次】

 

〈呪われたクリーチャーって?〉

メビウスさんのルールによると「旧墓地に別荘たてちゃった領主が沸いてくるクリーチャーに超困っててプレイヤーに助けを求めている」と。あなた方はクリーチャーへの対処の方法を知っていて、浄化にも意欲的と。。。ほほーん。

f:id:comonox:20180504000932j:plain

そうか、エクソシストか(☼ ω ☼) クワッッ!!!

 

ゲームは協力型のカードゲーム。ゲームは山札が尽きる(夜明け)まで場に置かれるクリーチャー達を撃退しつづける総力戦だぞ。途中でクリーチャーの攻撃を撃退できなければ全滅。山札が尽きるまで撃退を続る事が出来れば勝利だな。

 

 

〈開封〉

呪われたクリーチャー(Verflicht!)

f:id:comonox:20180503235441j:plain

プレイ人数:1〜5人

プレイ時間:15分

対象年齢 :10歳以上

オオカミゾンビがイカすな。他のクリーチャーもなかなか良いぞ。

 

コンポーネント

f:id:comonox:20180503235525j:plain

カードゲームなので、カードオンリー(当たり前)。

f:id:comonox:20180503235349j:plain

デザインは結構好きな部類ですな。ワラワラ沸いてくるクリーチャーもちょっと愛着を感じる。

 

〈カード〉

カードの種類も少なくて3種類のみ、潔い。クリーチャーカードとアイテムカードは40枚づつ、それぞれ連番が振られたカードが入っているよ。

 

クリーチャーカード(No.1〜40)

f:id:comonox:20180503235613j:plain

ちょっと可愛らしい感じのクリーチャー達。ポップで良し。

 

アイテムカード(No.1〜40)

f:id:comonox:20180503235641j:plain

No.38は、なにが指先から出ているのか・・・

 

紋章カード

f:id:comonox:20180503235800j:plain

紋章カードはプレイする人数によって使用する数が変わるよ。ソロプレイだと3枚しか使えない。ソロはやはり苦しい。孤独だぞ。

 

 

〈ルール〉

ルールも非常に簡単。細かなところは割愛するとして(毎度すみません)、簡単な流れをご紹介しておくよ。

f:id:comonox:20180503235829j:plain

・クリーチャーカードとアイテムカードをよく混ぜて場に伏せて置く

・紋章カードをプレイヤーの数に応じて並べる

以上で準備完了。

 

クリーチャー撃退するっていう割に準備はとても簡単。やはり実力あるものは全てにおいてシンプルということなのだな?(違います)

 

手番になったらまず山札からカードを1枚めくり、以下のルールに沿ってプレイする。山札は綺麗に重ねるより、乱雑に置いておいたほうが雰囲気あるぞ。 

f:id:comonox:20180503235856j:plain

他のプレイヤーに見えないように引いて、以下の処理へ。 

a)アイテムカードだった場合は手札へ

b)クリーチャーカードだった場合はクリーチャー置き場へ

 

クリーチャーからの攻撃が発生しない(公開されたクリーチャーが5枚以下)、または自身が手札でクリーチャーを撃退しない場合は次のプレイヤーに手番がうつるよ。

 

クリーチャーの撃退

プレイヤーは手番でクリーチャーを攻撃する事ができる。

f:id:comonox:20180504000021j:plain

アイテムカード(複数枚でもOK)のNo.の合計値がクリーチャーのNo.以上であれば撃退成功。アイテムカードとクリーチャーをセットで捨て札にできる。

 

クリーチャーからの攻撃 

手番で山札から引いたクリーチャーは6枚までしか場に公開できない。6枚となった時点でプレイヤーとクリーチャー間で戦闘が発生し、撃退できなかった場合はゲームが終了する。。。

f:id:comonox:20180504000050j:plain

攻撃してくるのは1番No.が大きいクリーチャー1体。

f:id:comonox:20180504000139j:plain

このNo.以上のアイテムカードを出せれば撃退。

f:id:comonox:20180504000223j:plain

ボケッとしてると全然なかったりする・・・

f:id:comonox:20180504000257j:plain

また、2枚以上のクリーチャーが連番となった場合(グループ化)も攻撃が発生する。反撃は戦闘と同じ、クリーチャーのNo.以上のNo.を持つアイテムカードで反撃するよ。

クリーチャーがグループ化した場合の反撃では、手番以外のプレイヤーも反撃に参加する事ができる。(グループ化していないクリーチャーへの攻撃は手番プレイヤーのみ)

グループ化したクリーチャーのNo.は合算して、複数枚のアイテムカードの合計値で撃退することも可能だぞ。写真の場合なら2枚以上、合計11以上でOKだな。詳しくはルールを参照して欲しい。

 

いずれも撃退出来ない場合は紋章カードを使えば大丈夫だけど、紋章カードは限りがある。

f:id:comonox:20180504000453j:plain

ぬぁぁぁぁ......

 

協力型のゲームなので皆んなでクリーチャーを撃退するのだけど、複数名のプレイでは幾つか注意があるよ。

・どのクリーチャーを倒すべきか(倒せるか)相談は可能

・手札のアイテムの数字は他のプレイヤーに非公開

 

ソロぼっちは相談相手なんかいないけどな。(。-з-)チキショ

 

 

〈まとめ〉

BGGのレーティングが5.9とあまり振るわなかったのでちょっと心配してたけど、コモノは結構好きなゲームだった!1〜40の数字の大小で決まるシンプルな戦闘。超簡単なセットアップ。数学得意な方は勝ち筋とかすぐにわかっちゃうのかもしれませんが、カードのデザインも好きだし、どことなく愛嬌のあるモンスター達も可愛い。

f:id:comonox:20180504000543j:plain

小学校くらいの子供とあれこれ言いながら遊ぶのにもちょうど良さそうで、なかなか楽しめそうなボードゲームだと思うぞ。お値段的にもグッドな。

 

AMIGOナーイス( ゚∀゚)o

 

 

【PR】

駿河屋に売ってたぞ。安いな 

画像:駿河屋

 

アマゾンでは並行輸入品が売ってた。

Verflucht!: AMIGO - Kartenspiel

Verflucht!: AMIGO - Kartenspiel

 

その内メビウス扱いのもでるかしらね?

 

 

〈おすすめの記事〉 

www.comonox.com