ぼっちのホビーBlog[暫定版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにするブログ。

「Spirits of the Forest」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:ミヒャエル・シャハト作「リシュリュー」の意欲的なリメイク。豪華なコンポーネントを惜しむ事なく深夜のダイニングテーブルで愛でるんです。

みなさんこんにちは。コモノです。

 

今日は先日届いたKickstarterのお品「Spirits of the Forest」のご紹介ですよ。 この豪華コンポーネントを堪能するんです。もはやアート作品の様相です。

f:id:comonox:20181118082119j:plain

これを見てシシ神?と思った人は、自分だけではありますまい。(単純)

 

さ、Spirits of the Forest開けるよ!

 

 【目次】

 

〈Spirits of the Forest(森の精霊)って?〉

Spirits of the Forestは今年の1月にKickstarterでプロジェクトが行われたボードゲーム。著名なボードゲーム デザイナーであミヒャエル・シャハトの「リシュリュー」という作品のリメイク作として話題になってたんです。

www.kickstarter.com

画像引用:Spirits of the Forest by Gonzalo Aguirre Bisi — Kickstarter

元になったリシュリューはコチラ

boardgamegeek.com

Kickstarterのページで最初に見かけた時、まずそのコンポーネントの美しさが際立っていた。(10ポチゲージアップ)さらにソロプレイ可能というリシュリューにはないゲームモードが追加されていた。(50ポチゲージアップ)さらに2018年最初のキック案件になりそうだった。(言い訳トークン40ポチ分追加)で、蹴った。って訳よね。(ΦωΦ)フフフ… 

boardgamegeek.com

元となったリシュリューも異なる作品(王と枢機卿カードゲーム)のリメイクで、2回目のリメイクとなる2018年、美麗なコンポーネントを手に入れて再リリースされるのがSpirits of the Forestという訳であるな。リメイクを重ねるゲームというのは、やはり魅力的に見えてしまう。

 

 

〈開封〉

Spirits of the Forest

f:id:comonox:20181118082505j:plain

プレイ人数:1〜4人

対象年齢 :20分

プレイ時間: 14歳以上

コンポーネント全体

今回バックしたのはDelux Edition。そのため、内容物が他のプレッジレベルのものと異なることがあるので注意だよ。リテール版(製品版)には含まれないものも登場する。詳しくはKickstarterページをご確認いただきたいぞ。

f:id:comonox:20181118082615j:plain

この外箱がまず美しい。スリーブケースを外すとマグネットボックス。

f:id:comonox:20181118082717j:plain

はぁぁぁ....森に帰りたい(誰)

ルールブック・シングルプレイヤーカード

ルールブックが1部、拡張ルールブック1部にソロ用のカードが1枚。 

f:id:comonox:20181118082828j:plain

ソロ用カードは、カードというよりミニボード。しっかりした作り。

メタルコイン

シシ神様(違う)が描かれておる。

f:id:comonox:20181118182951j:plain

多分スタートプレイヤーマーカー。多分。

恩恵トークン

ゲーム中に獲得できる精霊のご加護。

f:id:comonox:20181118083548j:plain

得点計算時に各シンボル、アイコンに追加して計算できる。

精霊タイル

f:id:comonox:20181118083125j:plain

ゲームの主役と言っても過言ではない精霊タイル。精霊は全部で9種類いるよ。カードの上部に描かれているのが精霊のシンボルと力の源アイコン。精霊は色ごと9種のシンボルが描かれていて、ゲームではこのシンボルを集めることになる。

f:id:comonox:20181118083355j:plain

緑のタイルなら精霊シンボル2・月アイコン1・太陽アイコン2(恩恵トークン込み)となるわけだな。

プレイヤーストーン

通常盤はジェムストーンなので、写真はデラックス版のもの。精霊タイルに配置しておく事で、あらかじめ獲得の予約(絶対ではない)する事ができるよ。

f:id:comonox:20181118083706j:plain

左端の紫のストーンはKickstarterのアーリーバード(早期予約)特典。すっかり付いてたのを忘れてたけど、なんか高級感があってよろしいです。

 

〈拡張用コンポーネント〉

Spirits of the Forestにはあらかじめ拡張セットが組み込まれてる。製品版ではどうなるか分からないのだけど、Kickstarterでのプレッジではレベルに関係なく遊ぶ事ができるみたい。

f:id:comonox:20181118182927j:plain

季節拡張トークン

ゲームに四季の虚ろいを加える拡張。各段から得る事ができる精霊タイルが減るよ。

f:id:comonox:20181118183324j:plain

願いカード

ゲームの終了時に報酬を得る事が出来るカード拡張。

f:id:comonox:20181118183553j:plain

呪いカード

願いカードとは逆で、達成できなければ罰が待っている拡張カード。

f:id:comonox:20181118183803j:plain

気の精霊と蛍拡張

精霊を追加する拡張。気の精霊は移り気で、蛍を追いかけてしまうらしいですよ。

f:id:comonox:20181118183850j:plain

蛍を除外できるのは恩恵トークンのみ。手に入れられるかどうかが鍵ですな。

  

〈ルールの概要〉

Spirits of the Forestではプレイヤーは手番で以下のルールに沿って精霊タイルを獲得していきますよ。タイルに描かれた精霊と力のシンボルを種類ごとに計算しポイントを得る。ポイントが一番多いプレイヤーが勝者となるよ。 

手番の流れ

精霊タイルが並んだ場の両端(森の終わり)から1枚ないし2枚を獲得することができる。

1・タイルの獲得

f:id:comonox:20181118184537j:plain 

a)精霊シンボルが2個示されたタイルを1枚

b)精霊シンボルが1個示されたタイルを2枚

bの場合は、以下の条件に従うよ。

同じ精霊が描かれていて、森の終わりに配置されているタイルのみ獲得できる(1枚づつ順に獲得するので、同じ列で連続していれば獲得できる)

注)恩恵トークンの確認

恩恵トークンが乗ったタイルを獲得した場合、自分だけ内容を確認し裏向きで手元に置く

2・ストーンの配置

f:id:comonox:20181118185100j:plain

タイルを獲得した後、プレイヤーは自分のストーンを精霊タイルのいずれかに置くことができる。他のプレイヤーのストーンが置いてあるタイルには配置できない。

これを繰り返し、すべてのタイルが取られたら得点計算を行うよ。

得点計算

f:id:comonox:20181118184457j:plain

手元に集めたタイルのアイコンとシンボルを種類ごとに集計する。

・1種類の精霊アイコン(シンボル)を1番多く集めたプレイヤーに5PT

・1枚もタイルを持たない精霊アイコン(シンボル)があれば1種類につき−3PT

精霊は9種類・力のシンボルが3種類ある。それぞれ別々に集計し、ポイントを合計する。恩恵トークンは各アイコン・シンボルに追加して計算するよ。

 

〈ソロプレイ〉

ソロプレイは可視化された情報が制限された配置で、仮想敵に負けないことを求められる。

f:id:comonox:20181118184716j:plain

タイルを得た段の反対側の公開タイルを仮想敵が自動的に取得していく。シンボルの数を見ていれば勝てると思ったんだけど・・・最後の最後で逆転されちゃった。

数手先のリソース把握と、恩恵トークンの確率把握がキモかな。個人的には1人2役でルール確認したプレイの方が楽しかったかも。。。

昔、似たようなルールのトランプゲームがあったような気がするんですよ。もう少し回数遊んでみないと分からないな。

 

〈まとめ〉

シンプルな基本ルールであれこれ確認してましたが、、、これは楽しい!相手の取得したタイルも公開されているのでシンボルのカウントは常に見える状態。なので場からどの精霊を奪っておくべきなのか、また諦めなければならない精霊はどれなのか常に頭を働かせながらタイルを取ってかなければならないよ。

f:id:comonox:20181118185524j:plain

でもプレイ自体はタイル取得とストーン配置なのでとてもシンプル。気軽に遊ぶもいいし、ガチで遊ぶもよし。何よりもこのコンポーネントの美しさはテーブルに広げるとそれだけで満足感高いです。木製タイルの手触りも良いしコンポーネント全体が触ってて気持ちが良いのも◎

 

拡張ルールになるとタイルの配置が変わったりするので見た目にも変化がつくし、願いカードや季節拡張などは戦略性の幅が増すので是非いれて遊んでみたい。

f:id:comonox:20181118185756j:plain

到着までに結構モソモソしちゃったんですけど、これは待った甲斐があったと素直に思えるボードゲーム でした。2人くらいでのんびり遊びたい感じだな!

 

かなり気に入りました!

 

 

【PR】

ニコニコの森もシャハト作なのだね。

セレンゲティ SERENGETI / カードゲーム 日本語説明書付き

セレンゲティ SERENGETI / カードゲーム 日本語説明書付き

 
ニコニコの森 完全日本語版

ニコニコの森 完全日本語版

 
王と枢機卿 日本語版

王と枢機卿 日本語版

 

  

〈おすすめの記事〉

www.comonox.com