ぼっちのホビーBlog[暫定版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにするブログ。

【ボードゲーム】「PERFECT HOTEL(パーフェクト ホテル )」ファーストレビュー:マンダリンオリエンタル?それともフォーシーズンズ?妄想がほとばしる最高のホテルを作るよ!

ども。こんにちは、コモノです。

 

本日は2017ゲームマーケット秋で入手した、コモノが大好きなJUGAME STUDIOの新作「PERFECT HOTEL(パーフェクト ホテル )」のご紹介だぞ。

 

パーフェクトホテルは最高のホテルを目指して手札を積み上げて配置していくセットコレクション系のボードゲーム。サクラハントと時期を同じくして昨年発売されておりますよ。

サクラハントののレビューはコチラ⬇︎

www.comonox.com

 

しかし誠に残念なことにパーフェクトなホテルといいましても、、コモノは泊まったことがありません(無念)。全くの背伸びをして高級ホテルと言われるところに泊まったことがないわけでも無いですが、あぁ若気の至り。ああいうところは背伸びして泊まってもその魅力を堪能できないもんです。宿泊してるこっちが緊張してしまってよく覚えてないのだよね(笑)

f:id:comonox:20180112135356j:plain

もはや妄想幻想の彼方に遠のいた超高級ホテルの夢を見つつ、パーフェクトホテルではホテルを作る側となってプレイをするのです。

そんな若干苦い思ひ出を我が胸に抱きつつも、理想のホテルを実現できるだろうか。憧れをこの手で実現する妄想がいっぱい「PERFECT HOTEL(パーフェクト ホテル )」を本日はご紹介するよー!

 

【目次】

 

〈ゲームの概要〉

プレイヤーはホテルのオーナー。世界で通用するような最高のホテルを建設しますよ。市場をリサーチし、顧客のニーズを確かめながらライバルよりより大きなホテルを建築してお客様を呼ぶことを目指すのです。団体客を呼べば経営的には助かるけれど、サービスの質は若干低下します。どのタイミングでどの部屋を建築していくのかライバルを出し抜きホテル王を目指します!

 

〈開封〉

相変わらず世界観が統一されたデザイン。JUGAME STUDIOのデザインはパッケージからコンポーネント細部まで品の良さが染み通っている感あります。 

f:id:comonox:20180112135427j:plain

PERFECT HOTEL(パーフェクト ホテル )

プレイ人数:2〜4人

プレイ時間:20〜30分

対象年齢 :14歳以上

PERFECT HOTEL(公式HP)

 

JUGAME STUDIOらしくシンプル。軽めのボードゲームだから当たり前かもしれないけれど、このカード中心に構成されたデザインはやはり好きである。

 

・コンポーネント

f:id:comonox:20180112135502j:plainマニュアルは2部(日本語/ 英語)入ってる。

f:id:comonox:20180112135526j:plain

パッと箱を開けた時の印象は「ホテルのデスクに置いてあるようなカード」っぽいデザイン。この辺りからすでにボードゲームへの導入が始まっている感すごい。

 

・スコアトラックと得点ディスク

トラックは二つ折りのもの、ディスクは木製であるよ。

f:id:comonox:20180112135546j:plain

二つ折りのトラックは「真打」や「ワインレーティング」でもおなじみのタイプ。

 

・ライン表示タグ

施設に対するニーズを調査した結果をならべる場所を表すタグ。なんだろうこの材質。触りごごちが超良いよ!形はドアにかけておくアレですな。

f:id:comonox:20180112135613j:plain

施設カードが2枚以上ライン表示タグの下に並んでいれば、建設フェイズで自分のホテルの設備として建設することが可能だよ。

 

・アワードカード

建設したホテルの規模に応じて受賞できるカード。

f:id:comonox:20180112135711j:plain

条件を満たして獲得できれば勝利点が追加されるよ。

 

・施設カード / 団体観光客カード

どちらのカードも自分のホテルの施設に組み込むことが可能。

 

右下のカードが施設カード、黄色い背景のカードが団体旅行客カード。

f:id:comonox:20180112135845j:plain

 

a)団体観光客カード

団体観光客カードは施設に追加して建設アクションで活用できる便利なもの。ただし終了時に手札に残っていたり、施設の建設時に追加すると勝利点がマイナスになるよ。使い所を間違えると痛い。

 

b)施設カード

建設アクションでホテルとして公開できるカード。タグと同じく触りごこちがよろしい。カード類全部がこの触りごごち、高級感が漂うな。この触りごごちだとスリーブに入れて遊ぶのをためらうレベルである。

 

同じ種類の施設カードをつなげて公開し、自分のホテルのフロアとしていく。同じ種類のカードは連続した階に限って「増築」として増やすことは出来るけれど、原則はホテル内の異なるフロアに同じ種類の施設を建設することができないよ。

〈増築時の様子〉

f:id:comonox:20180112212621j:plain

詳しくはルールを参照されたいのだ。

 

〈ゲームの流れ〉

カードゲームなのでセットアップはお手軽。

・セットアップ

ライン表示タグをテーブルに並べて、その上にアワードカードを配置する。施設カードをよくシャッフルしてプレイヤーに2枚づつ配布。残ったカードは伏せて山札にする。

f:id:comonox:20180112212435j:plain

得点トラック上に自分の色のディスクを配置すればゲームの準備は完了だよ。

 

・アクション

手番では以下の2つのアクションから選択して行うことができる。

 

a)リサーチ

現在の市場でどのようなニーズがあるのか調査するよ。

・山札から2枚施設カードを引き手札に加える。

・手札から1枚をライン表示タグの下に並べる(捨て札)

 

施設カードを2枚引いたら、どちらか1枚をライン表示タグの下に並べるのだ。

f:id:comonox:20180112213052j:plain

山札を市場と考え、把握した市場ニーズを手札に加えていくフェーズって事だな。ふむふむふむ。。。

 

b)建設

実際にホテルを建設するアクション。建設する方法は以下の2通りある。

・ライン表示タグのカードから建設

2枚以上並んでいるラインを全て取って建設する。この時に手札に同じ種類の施設がある場合は追加して建設して良い。

・手札から建設

手札にあるカードのみで建設するよ。

 

団体旅行客カードを追加したフロアの図

f:id:comonox:20180112212735j:plain

atenntion!

団体旅行客カードは、どの種類の施設として使用することも出来る。ただしライン表示カードの配下に並べる場合は1つのラインに1枚しか出す事が出来ないので注意だよ。

 

・得点計算

得点計算は各フロアに並ぶ施設の種類毎1セットとして規模(連続したカードの枚数)を比較する。各セットで1番大きな施設を持つプレイヤーのみ得点を得ることが出来るよ。規模の比較時は団体旅行カードの枚数も含めて行うけれど、得点計算時は「−3点」となるのでホテル全体を集計した時の得点を見越しておかなければいけないな。

 

 

〈まとめ〉

セットコレクションとして大きなホテルを作り上げる楽しさが強いかと思いきや、各フロア毎にどの施設を配置すれば他のプレイヤーを出し抜けるのか、地味ながらも頭はかなり使う感じ。ライン表示タグの下に捨て札として出した施設も狙っていないから捨てるという理由だけでもなくて、ラインの捨て札と手札を合わせて一気に大型施設を狙うことも可能なルールだ。また団体旅行カードを効果的にラインに配置する事で、高級ホテルを目指す他のプレイヤーの施設を大衆化させるという手段も取れる(笑)他のプレイヤーがどのタイミングでどの施設を建設しようとしているのかをしっかり見極め団体旅行客カードを適度に差し込みつつ、バランスよく高得点を狙う感じかな。最終計算にはアワードカードもあるので得点計算を意識したホテルが作れれば良いのか!ゲーム時間とかのバランスもあれだと思うけど、10フロアくらい積み上がるようにもう少しラインの施設の種類を増やしたら巨大ホテル感が増すのではないかしら。。。VIPフロアとかあるとホテル王っぽい気もする。ま、VIPフロアなんて足踏み入れた事ないですけどもw。

 

相変わらずのソロぼっちルールの確認しか出来てないので、会社のお昼にみんなとあそんでみよー。高級ホテルのスイート借り切ってパーフェクトホテル会とか、妄想が膨らむな。妄想....w

 

 

 

【PR】

アマゾンでも取り扱いあった。でも在庫切れ。。

パーフェクトホテル(PERFECT HOTEL)

パーフェクトホテル(PERFECT HOTEL)

 

JUGAME STUDIOの作品は個人的に好きなのである。

 

〈おすすめの記事〉

www.comonox.com