ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【ボードゲーム】ローマを退け平和を我らに!カードの配分が悩ましすぎるPAX〈パックス〉ファーストレビュー!

みなさまコンニチハ。コモノです。

 

最近なかなかブログ書く暇取れません。忙しいのもアレですが体調があまりすぐれない所に寝不足が重なっていて、遊ぶことも書くことも出来てなかった感じです。体調をしっかり整えてしっかり遊ぶためにも昼間仕事をサボって すこし早めに仕事を切り上げたり、もうちょっとうまく時間を使えるようになりたいなと思う今日この頃です。あ、プレミアムフライデーって、なんでしたっっけね。。。体調にはみなさんお気をつけくださいませ。

 

そんなわけで重い系のボードゲームレビューは色々頑張れない感じなので、今日はちょっとマイナーなカードゲームPAX〈パックス〉のファーストレビューをお届けするよ。

f:id:comonox:20170221120538j:plain

プレイヤーはローマ帝国から逃亡した奴隷。反乱軍を組織しローマの弱体化を狙うのであるよ。スパルタカスの反乱がモチーフになっているみたい。

 

そう、スパルタカス。剣闘士ですよ、剣闘士!

ローマ帝国モノといえば剣闘士、映画でも色々ありますが何故だかこの設定をコモノはこよなく愛しております。いいねー、ローマ帝国の時代って(謎)

 

そんだけ持ち上げといてなんですけども、PAX〈パックス〉にはスパルタカス、出てきません。。。ま、雰囲気を味わえばいいじゃない? 妄想大事よ?

 

・・・やっぱり弱ってるのか、テンション上げて書いたつもりが、空元気で空回ってる感否めない。( ºωº )チーン…

 

 

今日は頑張って書くのはヤメておこう・・・これ以上スベったらメンタルも立ち直れなくなりそうだ。

 

さてパックス、BoardGameGeekでは6.8の高評価。

boardgamegeek.com

 

ゲームは場にプレイしていくカードの勢力を比べて、より強大なセットを作り上げたほうが勝つというシンプルなシステム。だけど手札のアクションが実に悩ましくカードの引き運と相まって絶妙なモゾモゾ感が生まれる感じでした(コモノ的感想)。シンプルながらも悩ましい個人的にとても刺さった感あります。

 

いつもだと「開封レビューをお届けするよ!」ってなるところですが面白そうだったので開けながらそのまま遊んじゃったので、簡単ではありますがプレイレビューもお届けしますよー!

 

〈開封〉

外箱はこんな感じ。ハードカバーの本と同じくらいの大きさだな。

f:id:comonox:20170221121507j:plain

PAX - Bernd Eisenstein - Ludografie(Irongames公式HP)

プレイ人数:1~4人(2セットあればで最大8人まで遊べるよ!)
プレイ時間:30分
対象年齢 :10歳以上

 

カードゲームだからコンポーネントはシンプル。

f:id:comonox:20170221120937j:plain

ちょっと派手においてみたw

カードのデザインは割と好きな感じ。地味なんだけど癖になる系とでも言うのか。

 

 

〈カード類〉

支払いに必要なお金やプレイサマリーもカードになっているので、カードだけで完結。

 

・影響力カード7種

f:id:comonox:20170221121832j:plain

ローマとの覇権を争うのはこの7つの影響力。

 

上段左から「土地→艦隊→軍隊」

下段左から「富→宗教→元老院→陰謀」

 

陰謀っていう影響力が設定されてるのはなんともローマ帝国っぽい。ソロプレイでは出てこないのだけど、複数のプレイヤーで遊ぶ時、陰謀をうまく利用して、奴隷軍を裏切りローマを勝たせるという戦法が存在する。

 あぁ、ローマだねぇ。。。w

 

それぞれのカードには能力が備わっていて、どの影響力を集めていくのかでゲームの運びが少しづつ変わってくるよ。

 

「富」

f:id:comonox:20170221122455j:plain

左肩にあるブドウのマークは「シンボル」と呼ばれるのだけど、3つのブドウのシンボルを得ている場合はカードを購入する際に1アウレウス安く買える。

 

「元老院」

f:id:comonox:20170221122754j:plain

このハゲたおっさん元老院のカードをプレイしたターンは収入が1アレウレス増える。プレイした枚数に関係なく1枚以上プレイしてればそのターンの収入が増えるのは嬉しい。おっさんいい仕事すんな。

 

「陰謀」

f:id:comonox:20170221124516j:plain

陰謀のカードが持つシンボルの数だけ、軍隊と艦隊を持つことができる。土地と同じ効果があるけど、陰謀はそれ以外に「最高の陰謀家」カードを呼び込む事ができる。ゲームの勝敗判定でローマが勝った時は、最高の陰謀家カードを持っているプレイヤーが勝者となるよ。陰謀ってローマに奴隷軍の情報を売り渡すって事だよな。。。

 

「宗教」

f:id:comonox:20170221125412j:plain

カードを引くアクションの時、プレイしている宗教シンボルの数に応じて予めカードを見ながら次のアクションを検討する事が出来る。シンボルが3つ以上あれば、カードを2枚同時に引いて1枚を山札に戻し、残り1枚を引いて手札に加えるカードを選ぶ事ができる。シンボルが6つ以上で3枚同時に引く事ができるよ。

書くと「何のことやら?」なのだけど、このカードを引いた時に発生する3つのアクションがとても重要なので、かなりお役にたつ効果なのだ。

 

「軍隊」と、「艦隊」はそれぞれ最後の得点計算時に、3つのシンボルごとに追加シンボル1を得る事ができる。

 

 

〈セットアップ〉

並べただけだとちょっと寂しい感じ。

f:id:comonox:20170221130045j:plain

ソロプレイでは影響力カードの山札から30枚をのぞいてゲームを開始するよ。軍隊カードは3枚配置。初期手札は2枚とし、5アウレウスもってゲームスタート。

 

 

〈プレイの流れ〉

大まかに説明すると以下の流れをカードの山札が尽きるまで繰り返すよ。

a)カードを1枚づつ、3回引く

 ・手札に加える

 ・山札の一番下に加える

 ・軍団カードの列に加える

 

同じターンで同じアクションは行う事が出来ない点に注意。

 

b)カードを購入する

いずれかの軍団カードに配置された列を全て買う事ができる。もちろん買わなくても良い。支払いはカードの下側に金貨(アウレウス)が描かれているので、そのコストをアウレウスでお支払いする必要があるよ。

 

c)カードのプレイと収入の獲得

場にカードをプレイする。プレイするカード1枚目は無料、2枚目は1アウレウスと、プレイする枚数に応じてアウレウスを支払わなくてはならないよ。プレイが終わったら収入の獲得。収入は「そのターンにプレイしたカードかつ、場にプレイ済みのカード枚数が一番多い列」の数のアウレウスを得る事が出来る。

f:id:comonox:20170221131056j:plain

写真下段にある艦隊と陰謀が今回プレイしたカード。

カードの枚数は一番左の森カード(5枚)が多いのだけど、プレイしたのは艦隊と陰謀の2影響。そのうちで一番カードが多い艦隊(2枚)と同等のアウレウスがこのターンの収入になる。 

 

〈プレイ!〉

f:id:comonox:20170221131420j:plain

パックスはアウレウスを集めても勝敗に影響がないんだけど、なんか集めたくなっちゃうのは性分ですかね?

 

ソロプレイではいくつかの追加ルールが設定されていた。

・5ゲーム制で全ゲームで7つの影響力全てを場に出さなければならない

・1ゲーム/3影響力以上での勝利必須(以降1影響力づつゲームごとに増加)

・第3ゲーム以降、初期手札が1枚づつ増加する

などなど・・・

 

簡単に言ってしまえばカードを並べてシンボルの数を多く獲得した人が勝利を得るゲームなのだけどシンプルなのに悩みが深い点、とても気に入ったのです。

 

・同一シンボル同一影響力なのに、購入コストが違う点

・毎回除外するカード次第で山札から引けるカードが異なる点

・ソロプレイのハードル感がちょうどよく、良いところで負ける点(笑)

 

山札から引くカードは3つのアクションを通しながら手札・場(ディスプレイと呼ぶらしい)・山札に配分されていき、うっかりすると他勢力を拡大することになり兼ねない。慎重にカードの種類と場に出ているカード、それぞれのシンボル数とにらめっこしながらウンウン悩めること請け合いだと思う。コモノは初めてプレイしている割にはスイスイ進んでいた。並んでいくカードもなんか充実してて、良い感じで1ゲーム目を終了する予定でいた。

f:id:comonox:20170221132630j:plain

この充実したディスプレイの枚数、負ける気がしない。

勝敗を確認するためにローマ軍のディスプレイをチェック。伏せられていた軍団カードを公開しローマのディスプレイに加える。

f:id:comonox:20170221132802j:plain

ぱっと見でコモノのディスプレイの方が枚数が多いので、勝っちゃったなー!と思っていたんだけども・・・・

 

まさかの敗北!!!

 

 富のシンボル数で、まさかの逆転敗北を喫する事になりました。。。。

f:id:comonox:20170221132925j:plain

なんてこったー!!!

Σ(*゚д゚ノ)...ァァァァァ!!

伏せられてたカードをオープンにするまで勝つ気満々でいたので、最後の最後でやられちゃいました。ぐぬー。。。

 

 

〈まとめ〉

パックス、軽めなんだけどプレイした後の感じがとても満足感あるボードゲームでした。並べたカードも綺麗で遊んでいて気分が良い感じ。今まではコモノ大好きのテンデイズゲームズさんで取り扱いがあったのだけど、さすがに古いボードゲーム(2011年)のためかずっと在庫切れの状態が続いていて購入することができなかった。(コモノはオークションで手に入れたよ)ソロプレイに対応している点、ローマ帝国を題材にしている点などツボを刺激するフレーバーがちりばめられていて気になってしょうがなかったのだけど、さっきみたらテンデイズゲームズさんのページからアイテムごと消えてた。販売終了になっちゃったのだろうか。

 

仮想のローマ帝国VS奴隷軍(プレイヤー)なので協力型ゲームかと思わせて置きながら、陰謀カードでの策略や純粋に勢力争いで相手より影響力を発揮するようなカードプレイを求められたりと、ソロじゃない複数人プレイではかなり駆け引きが熱い予感のあるゲームでした。こういうゲーム好きだなー!

 

国内では手に入れる事が難しくなってしまったようですが、もし見かけたりプレイする機会があるなら是非おすすめしたいカードゲームだよ!

 

とりあえず、もう1度プレイだな。。。負けたし(笑)

 

 

〈販売情報のおまけ〉

Irongamesの海外ページではまだ購入することも可能(海外発送してくれるんだろうか・・・)のようなので、英語が読める人はそれもアリかと。

www.irongames.de

 

〈PR〉 

国内は駿河屋さんで中古を見かけました。コンディションとかは不明ですが、すでにプレミア価格ですな・・・・ 

 

〈おすすめの記事〉

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com

www.comonox.com