ぼっちのホビーBlog[暫定版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにするブログ。

「アズール(AZUL)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:ドイツ年間ゲーム大賞2018受賞 / シュピール'17スカウトアクション3位の人気作!日本版じゃないけど開けちゃいます!

ども。コモノです。

 

今年のお正月、年始ポチり初めを華麗に飾った話題作が海を超えてやってきました。そのボードゲームの名は「アズール(AZUL)」。今日はそのアズールを一足早くご紹介しちゃいますよ。

f:id:comonox:20180122084142j:plain

アズールは世界最大のボードゲームイベント「シュピール'17」人気投票(スカウトアクション)堂々の3位に輝いた実力作。

シュピール'17スカウトアクション結果はコチラ!

世界中のボードゲーマーがシュピールに注目している中、スカウトアクション上位になったボードゲームは世界中で売れまくる事になるわけでしてアズールも例外ではありませんでした。

 

2018/10月追記

アズール、2018年ドイツ年間ゲーム大賞/ ドイツゲーム賞のダブルクラウン受賞!!

www.comonox.com

 

〈ポチり小噺〉

昨年末まではどこの国でもプレミア価格で取引されていました。さりとてプレミア価格で購入することは基本避けるポリシーのもとポチるにポチれず、悶々としながら年が明けたお正月。USアマゾンの入荷タイミングで偶然ポチることが出来たのです。ポチり初めには実にふさわしいお買い物(気のせい)に満足しながらのんびり届くのを待っていたところ、先日お届けした通りホビージャパンから日本語版の発売がアナウンスされました。

www.comonox.com

その後の混乱っぷりといったら昨年末のテラフォーミング・マーズショックにも引けを取らないバタバタっぷり(笑)。ボードゲームが特定の方の遊びから、広く裾野を広げているよい事例かなと。

 

そんなわけで今回のアズールは海外版です。日本語版発売を前に、さくっと開封レビューをお届けいたしますよ!

 

【目次】

 

〈ゲームの概要〉

プレイヤーはタイル職人。ポルトガル王の招きによってエヴォラ宮殿の壁を美しいタイルで飾ることを競いますよ。ゲームはタイルを一定のルールに沿って自分のボードに配置していくタイルプレイスメント。自分の手元にタイルを獲得してから壁に配置する2ステップをうまくコントロールし、配置したタイルの列に応じて得点を得ていくよ。美しいタイルに目を奪われつつ、配置するタイルに無駄が出ないようエヴォラ宮殿の壁を飾りつくすのだ。

プレイ手順の動画ありました。

youtu.be

このお姉さんがラテン系?なのでちょっとAzulっぽいんである。素敵である。惚れる。 

 

〈開封〉

アズール(AZUL) 

f:id:comonox:20180122084717j:plain

プレイ人数:2〜4人

プレイ時間:30分〜45分

対象年齢 :8歳以上

やはりまずはこの外箱です。あぁぁ。待ってた。

 

右下のPlan B Gamesのロゴも可愛い。裏面も今回は見ちゃう。

注:2018/10月現在、販売元がNext Move Games(関連会社ね)に変更されてるよ!

f:id:comonox:20180122084925j:plain

いちどルールを目にした後だと、この背面の説明だけでゲームできちゃうな。得点計算が細かいけどルールはシンプルです。

 

コンポーネント全体

もう華麗とか美麗とかって話です。パズル系といえるのかはあれだけど、持ってるだけで結構満足するレベル(ダメなやつ)

f:id:comonox:20180122085130j:plain

得点マーカーに使うキューブが小さいので、それだけは無くさない様に注意だな。

ルールブック

箱を開けた直後に飛び込んでくるルールブック。青で統一されたこの感じがまた憎い。

f:id:comonox:20180122085552j:plain

書いてあるルールは比較的シンプルなもの。公開されている和訳があるので輸入版も遊ぶのには困らないよ。翻訳してくださった方には感謝しかない。

boardgamegeek.com

ファクトリーディスプレイタイル

ゲーム中、タイルが補充されるファクトリーディスプレイ。輸入品だからなのかちょっと曲がってラップされてました。

f:id:comonox:20180122085347j:plain

幸いタイルそのものは曲がってなかったのでセーフ。そんなにギュウギュウしなくてもいいのにね。この丸いファクトリーディスプレイタイルは内箱の底にぴったり収まる窪みが用意されている。ファーストプレイヤーマーカーもなくしがちなコンポーネントなのだけど一緒にしまう事が可能。

注:ファーストプレイヤーマーカーは現行だとタイルになってますよ

f:id:comonox:20180122090538j:plain

左右それぞれに5枚/4枚と仕舞っておけるのは便利!

プレイヤーボード

美しいタイルを廃位していくボード。

f:id:comonox:20180122085850j:plain

左の階段状のエリアがパターンエリア。ファクトリーディスプレイから一度パターンエリアにタイルを取り、そこから右のタイルエリアに配置する。上段はスコアトラック。

タイル類

思っていた大きさより一回り小さかったタイル。

f:id:comonox:20180122090135j:plain

でも触った感じは少し重みが感じられる。いい感じであるな。左下のキューブは得点計算用。

タイルバッグ

タイルをごそっと放り込んでおくバッグ。

f:id:comonox:20180122090254j:plain

ちいさなタイルがガサガサ入っていると、それだけでなんか幸せ感ある。

 

〈セットアップ〉

アズールはゲームの準備も結構簡単だぞ。

1)プレイヤーボードの準備

プレイヤーボードを一枚づつ配り、左上の「0」の位置にスコアトラックマーカーのキューブをおくよ。

f:id:comonox:20180122090912j:plain

2)ファクトリーディスプレイタイルの配置

プレイする人数に応じてファクトリーディスプレイタイルを中央に配置する。写真は2名プレイの準備なので5枚のタイルを配置。

f:id:comonox:20180122090740j:plain

ファクトリーディスプレイタイルの配置枚数は以下の通り。

2人プレイ:5枚

3人プレイ:7枚

4人プレイ:9枚

 

3)タイルの準備

5種類(各20個)のタイルをタイルバッグに入れ、よく混ぜる。

f:id:comonox:20180122091518j:plain

その後、スタートプレイヤーになった人がファクトリーディスプレイタイル状に4個づつタイルを配置していく。

f:id:comonox:20180122091553j:plain

これで準備完了!

 

〈まとめ〉

ごめんなさい。ここまで準備してまたしても寝落ちしました。この時期の寝落ちは命に関わります。みんなも気をつけよう。

プレイの手順もとてもシンプルで、ざっくりまとめると以下の流れで進むよ。

A・タイルの取得(パターンエリアへの配置)

B・タイルの配置(タイルエリアへの配置)

C・次ラウンドの準備

Aのタイルの取得フェーズはファクトリーディスプレイとディスプレイ中央からタイルがなくなるまで繰り返し続くよ。Bのタイル配置は全員が一緒に行う。

タイル配置時に得点計算を同時に行い、スコアトラックで管理する。タイルの取得時にはマイナス点を発生させるペナルティがあり、タイルの配置には順番に応じてコンボボーナスみたいな計算が発生する。先を見越しながらマイナスを抑えタイルの配置をうまくコントロールしていく悩ましさがありそうね(寝落ちたからよくわかってない)。。

 

並べていくだけでも美しく、見ていて飽きないアートワークはとても満足感が高い。タイル配置系の悩ましさ?はちょっと苦手な部類かもしれないけど、これなら上手く出来なくてもなんだか許せると思う!(笑)

Plan B Gamesではジョーカータイルというオプションも出してるんだけど、これ日本でも売ってくれないかなー。各サイトの予約は復活したり途切れたりを繰り返しているようなので予約できない人も出そうだけど、発売日当日に店頭分販売分が出ないかしら。気になる人は是非手にとって遊んでみると良いと思うぞ。

 

 

【PR】

いまなら日本語版が入手可能です。

アズール 日本語版

アズール 日本語版

 

駿河屋でもお取り扱い中。

画像:駿河屋

 

〈おすすめの記事〉 

www.comonox.com