ぼっちのホビーBlog[暫定版]

主にボードゲーム中。ぼっちの時間を豊かにするブログ。

ファーストレビュー

ボードゲームの開封レビュー。主にコンポーネントについての紹介です。

「故宮(Gùgōng)」〈ボードゲーム〉:2019年のポチり染めが届いたよ!紫禁城で山吹色のお菓子を贈り贈られ贈りまくり。え、賄賂でないの?違うの?そうなの?

你们好!コモノだ。 書いててあれだけど、読めん!ごめん。「你们好!」ニーハオを大勢の方に向けて言う時の言葉らしいよ。 今日は古代中国の宮廷を舞台にしたボードゲーム「故宮(Gùgōng)」をご紹介ですよ。「故宮(Gùgōng)」は中国の明の時代、紫禁城を…

「王国の派閥2(Claim2)」〈ボードゲーム〉:王国の派閥にニューキャラが!2人用トリックテイキングの続編が出たよ!

ども。コモノです。 今日は「王国の派閥2」のご紹介です。王国の派閥は2人用トリックテイキングゲームというちょっとニッチなボードゲーム。2段階のフェイズで勝敗を競い、1フェイズ目に手に入れたカードを使って2フェイズで雌雄を決するのです。 前作「王国…

「北海の侵略者(Raiders of the North Sea)」〈ボードゲーム〉:北の海には漢たちがいる。襲う!奪う!飲む!ヴァイキングに捧げる三部作の幕開けをお一人様モードで。KDJ2017ノミネート作だよ。

ども。コモノです。 ちょっと今更感がある気もしますが、それでもご紹介しないわけにはいかないかなと思うボドゲをご紹介。それは昨年完結した「The North Sea Trilogy」の記念すべき第1作「Riders of the North Sea(邦題:北海の侵略者)」だぞ。 boardgam…

「ハイソサエティ(High Society)」〈ボードゲーム〉:オスプレイ版・グリフォンゲームズ版がなぜ手元にあるのか、についての幾つかの弁明。または懺悔。

みなさまこんにちは。コモノです。 1月、何度か血迷った感あったんですが、そういう時に唸ったポチりというのは振り返ってみると「Why?」となるようなならないような結果を招くもの。 特に自分のように「深夜に1人で」が標準スタイルの場合「周囲に持ってい…

「富士-脱出- 日本語版」〈ボードゲーム〉:富士が!富士が燃えている。。あの迫り来る溶岩流から逃げ切れるのか...火曜サスペンス的なドラマをみんなで。

みなさんこんにちは。コモノです。 今日は協力系ボードゲーム「富士-脱出-」のご紹介です。海外でのタイトルは「Fuji」だったんですけど、日本だと確かにそれだけでは分かりづらいところもありそう。それで脱出と付いたんではないかと想像しますが、ゲームと…

「ディクシット:アニバーサリー(Dixit:10th Anniversary)多言語版」〈ボードゲーム〉:ディクシット が10周年!これまでのイラストレーター達が織りなす夢の物語がここに。

ども。コモノです。 今日は名作ボードゲームのディクシット発売10周年を記念して制作された拡張「アニバーサリー(10th Anniversary)」をご紹介です。 カードのデザインで想像が広がるディクシットは、誰しも持っておいて損のない鉄板系ボドゲ。昨年は色々…

「ドミニオン拡張セット:夜想曲(Dominion: Nocturne)」〈ボードゲーム〉:王国に訪れた漆黒の夜、静かに響くノクターン。闇から現れる美し....え、吸血鬼?

みなさんボン・ソワール。コモノだよ。 「夜想曲(Nocturne)」と聞いてみなさんは何を思い浮かべるだろうか。静かに響くピアノの小曲。またはショパン?ドビュッシーだろうか。個人的にはサティが好きだが、いずれも若かりし頃にちろっと聴いていただけなの…

「アーカム・ノワール:事件簿1 完全日本語版」<ボードゲーム>:珍しい1人用ボドゲですよ。だからね、1人で何とかしないといけないんです。1人で、あの、グロいのとか恐怖にね....(涙目

みなさんこんばんわ。コモノです。 仮にこの記事をお読みになるのが真昼間だったとしても、このゲームの紹介は「こんばんわ...」と言いたくなるのです。だから昼間ざっくり読んだら夜にもう一度、1人でこの記事をもう一度読むのです。 ただし、このゲームは…

「ヌースフィヨルド(Nusfjord) 日本語版」〈ボードゲーム〉:深夜のダイニング。フィヨルドに囲まれた美しい静かな村で、ニシン御殿の夢を見るひと時。

ども。コモノでございます。 今日はウヴェ・ローゼンベルクの新作ボードゲーム「ヌースフィヨルド 日本語版」のご紹介です。ウヴェ様のワーカープレイスメント、久しぶりだな! 舞台はノルウェーの静かな漁村。今は過疎が進み人口わずか100人程度となってし…

「ビザンツ日本語版(Byzanz)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:今日は競り。マーケットで良い買い物をして、良い1日をおくる平穏な日々(切望)。

みなさまこんにちは。コモノです。 今日は「ビザンツ日本語版(Byzanz)」のご紹介です。昨年の春にニューゲームズオーダーさんから発売された往年の名作だそうですぞ。こちらのブログに発売までの経緯が簡潔にまとめられてますが、2008年のゲームなのですな…

「Ton Ton(トントン)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:あのバースト系トリックテイキングの朧ニンジャスターがリメイクですと?ニンニン、ニンジャァァがトントコトコトントンになった日。

ども。コモノです。 今日はトントン(Ton Ton)のご紹介です。ん、顔文字じゃん?って思った人は◯ちゃんねるの見過ぎですな。反省してください。 2017年のゲムマ秋で、コモノは1つのボードゲームをポチりました。(正確には事前購入)そのゲームの名は「朧ニ…

「ペーパーテイルズ日本語版 / 拡張:禁域への門」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:あの名作「ヴォーパルス」のリメイク!拡張も一緒にポチったのでまとめてご紹介するよ!

ども。コモノです。 昨年のゲムマ秋に合わせてEngamesさんが再販をアナウンスしていたペーパーテイルズですが、しっかりちゃっかりポチってました。そして待望のソロプレイ対応となる拡張「禁域への門」もご一緒に.... 残念ながらゲムマ当日の受け取りは叶わ…

「パンデミック:ローマの落日 (Pandemic: Fall of Rome)」〈ボードゲーム〉:帝政ローマ終焉への階段をパンデミックのシステムで。僕は最後のローマを守り抜くことができるだろうか....

みなさま。 新年あけましておめでとうございます。コモノです。 今年もぼっちのホビーBlogをよろしくお願いいたします。 今年最初のレビューは、昨年末に日本語版がリリースされたばかりの新作「パンデミック:ローマの落日 (Pandemic: Fall of Rome)」でっ…

「インヴィクタス・ザ・キング/将軍(Invictus)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:Weberson Santiagoのアートワークに一目惚れしたインヴィクタス。夢の騎士団VS侍軍団が遂に!

みなさんこんにちは。コモノです。 サンタはみなさんのところにやって来ましたか?もちろん、コモノのところには来ませんでした( ・ὢ・ )。おっかしーなー、、良い子にしてたんだけど、なんで? と、そんな悲しいクリスマスが終わると一気に年末感が増し後は正…

「知略悪略 日本語版」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:とるべきか、とらざるべきか。謀を巡らせる楽しさ満点。トリックテイキングって面白いな!

みなさんこんにちは。コモノです。 トリックテイキング、好きなんですけど余り上手になれないまま本年も残すところあとわずかとなりました。そんな中で先日のゲムマで購入した知略悪略です。 会社でちょっと試しに遊んでみたところ、、、 めっちゃ楽しかった…

「傭兵隊長 新版(condottiere)完全日本語版」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:コンポーネントが刷新!ルール調整が入ったコンドッティエーレ開けちゃいます!

ども。コモノです。 ぶっちゃけ最近ソロできるボドゲ少なくね?っていうご指摘に怯えている毎日ですが、ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。 コンポーネントに目移りしたり、会社のメンバーと遊んだら面白そう!とゲムマで爆買いしたボドゲ紹介を年…

「リチュアル(RITUAL)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:狂気の召喚術。アレを呼び起こし世界を破滅させるために仲間を裏切るというジレンマを貴方に。

こんにちは、コモノです。 今日はタクティカルゲームズさんのゲームマーケット2018秋新作の「リチュアル」をご紹介しますよ。リチュアルは「囚人のジレンマ」をベースにしたカードゲーム。最初にこの囚人のジレンマという言葉を聞いた時に「は?」ってなりま…

「ニュートン 日本語版」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:学徒の道を極め、偉大なる人々の仲間入りを果たそう!手にした青いリンゴは一体どんな味なのか。(ΦωΦ)フフフ…

ども。コモノです。 もう12月も半ばに差し掛かってます。早ぇぇ... 師でもなんでもないんで、師走の忙しさは勘弁願いたいところなんですがどうやら世間はそんな事を許さ無いらしく。全てを投げ出して芝浜とか聴きに行きたい衝動と日々戦っております。 さて…

「横濱紳商伝デュエル」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:文明開化真っ盛りの横濱が舞台!2人の商人についての小さな物語をデュエる。

みなさんこんにちは。コモノです。 みなさまは「横濱紳商伝」というボードゲームをご存知でしょうか。OKAZU Brandさんというサークルからリリースされ、全世界で高い評価を得ているボードゲームです。 boardgamegeek.com ボードゲームの情報サイトとしては世…

「100% BEEF SHOWDOWN(100%ビーフ ショーダウン)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:肉・肉・肉。あぁお肉。お肉と書いてシアワセと読む。全てのお肉好きに贈る幸福なショウダウン。

みなさまこんにちは。コモノです。 今日はお肉好き必見のボードゲーム「100%ビーフ ショーダウン」のご紹介ですよ。JUGAME STUDIOさん2018ゲームマーケット秋の新作は、お肉の仕入れをテーマにしたゲーム。ステーキハウスのシェフとなり良いお肉を目利きしな…

「トリックと怪人(オインクゲームズ版)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:2017秋ゲームマーケット話題作がオインクゲームズからリリース!オインクサイズのトリックと怪人、開けちゃいますよ!

ども。コモノです。 2018年春に行われたゲームマーケットでいくつか直前で買い逃してしまったボドゲがあります。中には手を伸ばしたその先で、ワンタッチの差でラスト1個が購入されてしまうなど、これまたなんとも悔しい思いをしたボドゲもあるのだよね。 今…

「SANTIAGO de COMPOSTELA(サンティアゴ)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:聖地巡礼。気高き旅路で出会う人々が、マイ巡礼の価値を高めるというfactumについて。

ども、コモノです。 今日からしばらくニュースとゲームマーケットで獲得したアイテムの入り乱れたレビューが続きます。今年ゲムマで購入できた作品はどれもかなり自分に刺さるものばかり。早くルールを読んで会社に持って行って遊びたい!となっている訳であ…

「パンデミック:10周年記念版 日本語版」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:パンデミック誕生10周年!エマージェンシーキット風パンデミックの記念版開けちゃうよ!

ども。コモノです。 みなさん、心は既に週末のゲームマーケットにトリップされてる頃かと思います。世間は3連休なので前日からボドゲカフェあたりでどっぷり楽しんでる方もいるんでしょうなぁ・・・ ま、今日もゲムマ1日目の明日も仕事だけどな....( ゚皿゚)キー…

「スピリッツ・オブ・ザ・フォレスト(Spirits of the Forest)」〈ボードゲーム〉:ミヒャエル・シャハト作「リシュリュー」の意欲的なリメイク。豪華なコンポーネントを惜しむ事なく深夜のダイニングテーブルで愛でるんです。

みなさんこんにちは。コモノです。 今日は先日届いたKickstarterのお品「スピリッツ・オブ・ザ・フォレスト(Spirits of the Forest)」のご紹介ですよ。 深夜にこの豪華コンポーネントを堪能するんです。もはやアート作品の様相です。 これを見てシシ神?と…

「世界の七不思議デュエル (7 Wonders: Duel) 多言語版」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:みなさん、世界の七不思議デュエルのお時間です。2人用ボードゲームの名作ですよ。

みなさんこんにちは。コモノです。 今日は2人用名作ボードゲーム「世界の七不思議デュエル (7 Wonders: Duel)」のご紹介ですよ。この年末、しかもゲムマ直前にあえて名作枠の紹介を突っ込むのはアレです。書くネタがみつからない名作だからです。 2人用ボー…

「南北戦線(バトルライン台湾版)」ファーストレビュー:バトルラインに台湾版があるだ、と...?思わずポチったその魅力について、言い訳をつらつら書く。

ども。コモノです。 今日はバトルライン台湾版「南北戦線」のご紹介だぞ。バトルラインは2人用のカードゲームでボドゲデザイナー界の巨匠ライナー・クニツィアの作品。初版は2000年なので、もう20年弱愛され続けている名作なのである。もしご存じない方は以…

「Architects of the West Kingdom」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:The West Kingdom Trilogyの第1弾!今回は西の王国で物語が始まるよ!

みなさんこんにちは。コモノです。 かのThe North Sea Saga(北海三部作)の次なるシリーズ第1作目となる作品、今年のエッセンに合わせて発表された「Architects of the West Kingdom」が海を越えてはるばる我が家にも届きました。待ってた! 相変わらず好み…

「リーフ(Reef) 完全日本語版」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:深夜のダイニングでレッツダイビング。僕らが目指すのは、あの碧いサンゴ礁(妄想)。

みなさんこんにちは。コモノです。 今日はアズールと同じパブリッシャーNext move Gamesから発売された新作「リーフ」の完全日本語版をご紹介しますよ。国内はアークライトから流通してます。 「リーフ完全日本語版」は、ボードに出来上がっていくサンゴ礁の…

「パームアイランド(Palm Island)」ファーストレビュー〈ボードゲーム〉:手のひらで黙々とデッキを改造しながら島を造るよ。カードを倒して回して裏返して。あ、石が1個足りない..(;ーωー;)

ども。コモノです。 昨年Kickstarterで衝動的にポチったボードゲームがありました。それが今日ご紹介する「パームアイランド(Palm Island)」です。 www.kickstarter.com パームアイランドは1〜2人用のデッキ変換型カードゲーム。2人用ってなってますが基本…

アナクロニー 拡張「エグゾスーツコマンダーパック日本語版」レビュー&エラッタ情報〈ボードゲーム 〉:憧れの外骨格スーツ!圧倒的な終末観を堪能するには、この拡張は必須かも?

ども。コモノです。 今日はアナクロニー 日本語版拡張「エグゾスーツコマンダーパック日本語版」の開封レビューと、アナクロニーで公開されているエラッタ情報などをまとめますよ。 アナクロニー 日本語版基本セットの開封レビューはコチラ www.comonox.com…