ぼっちのホビーBlog[暫定版]

ぼっちの時間を豊かにするブログ。主にボードゲーム中。

【ボードゲーム】海の男たちの織りなす物語を、深夜の卓上で。「New Bedford / ニューベッドフォード」ファーストレビュー!

ども。コモノです。

 

夏ですね。夏といえば海。皆さん海でちゃんとはしゃぎましたか?スイカ割りやらビーチバレーやら、夏の海といえばあんなことやこんなことやウフフなこととかやキャーキャー!なこととか、皆さんいろいろ思い出が詰まっているのだろうね。コモノは海!どころか高校生1年の夏にプールに浸かったのを最後にマジ泳いでないのでそんな夏の思い出なんて無縁だ。悔しいとかじゃないからな?

 

若かりし頃から自他ともに認める超インドア生活満喫系のコモノ、「夏の海」というのは全て妄想で楽しむ癖がしみついている。キャッキャウフフ的な妄想に明け暮れた夢を抱き見えないものに突き進んでいた20代にその才能が開花したおかげで、夏の思い出(虚)には事欠かない。そんな妄想生活の中、海といえば港。港といえば海の男たち。海の男といったらやはり尊敬すべきカッチョいい存在だ。海賊に憧れちゃったり船長って響きにうっとりするのはアラフォーヲッさんの現在もあまり変わらない。パイレーツオブカリビアンとかワクワクするしな。

 

今日ご紹介する「New Bedford」はそんな海の男たちの行き交う港町が舞台。捕鯨で得た金で街を発展させ、勝利を目指すボードゲゲームだぞ。

f:id:comonox:20170828093734j:plain

18世紀の頃、港街の産業で重要な位置を占めた海の狩猟「捕鯨」。とらえたクジラを売り、自分の建物をたて街を発展させていく。コモノも昨年のEssen Spiel 2016のリストで見かけてからというものの、ずっとずっと気になっていたボドゲなのだ。

続きを読む

【欲しいモノ】後で買えばいっか。が通じないボドゲ事情。「宝石の煌き/Splendor」をようやく買えたので拡張も予約するって話。

やほー。コモノです。

 

皆さんはボードゲームは、計画的にお買い求めされていると思う。そう、それが普通の大人たちだな。みんなゲームするために生きている訳ではないし、月々の食費とか光熱費をボードゲーム買うのにあててしまったりはしないと思う。もちろんコモノだってそうである(大嘘)。

 

しかし今日このブログに書こうと思っているのは、そんな一般的な大人の趣味の嗜み方をしていたら、肝心のボードゲーム本体が買えなくなってしまうこともあるかもよ?というお話だ。ちなみにボードゲーム界隈に潜む百戦錬磨の方なら「え?そんなん当たり前っしょ?今すぐ買っとけ?」って仰る話かと思う(言われた事ないけど)。そのくらいよくあるある話なのだな。 

不肖コモノ、ボードゲームを始めて1年余り。この「買い逃してしまうかもしれない恐怖」は未だにドキドキするのも事実。ボードゲームビギナーの皆様に向けて、そんな事もあるんだよ!って話を書き留めておこうと思った次第だ。

 

今日ご紹介がてら取り上げるボードゲームは「宝石の煌き/Splendor」だ。ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品でベテランからビギナーまで幅広く人気があるボードゲーム。ネットでもこのゲームを悪く言っている人をあまり見かけないし、おすすめする声もたくさん溢れている。だからきっと程よく悩ましいヤツに違いないとコモノは睨んでいるのだよ。きっと「いい塩梅」ってヤツだと思うぞ。箱のインパクトもなかなかあるので、ボードゲームをネットで調べた事がある人は記憶に残っている人もいるのではなかろうか。 

 

画像出典:駿河屋

 

 

続きを読む

【ボドゲまとめ】GenConって、え?ジェンコン?ずっとゲンコンって読んでた..今年の「Gen Con」(終わってますけど)プレビューからソロプレイ可能なボードゲームをご紹介するよ。

こんにちは、コモノです。

 

もう終わっちゃったんですけど.....GenConってイベントが、つい先日までアメリカで開催されていました。(2017年は8/ - 8/20)

 

Gen Con LLC | Gen Con 50

 

GenConは北米最大のテーブルトップゲーム(ボードゲームやTRPGのことね)コンベンション。もちろん新作やら人気作やらが各社からお披露目され、あんなゲームやこんなゲームもこの時期になると色々な情報が飛び交う注目のイベントです。ドイツ・エッセンで行われるシュピールと双璧をなす(なすのかな?)ような世界的なイベントっぽいのだな!

 

今日はBGGのGen Con(ジェンコンだぞ)2017プレビューから、恒例のソロプレイに対応したボードゲームをいくつかピックアップしてご紹介いたしますよ。

Gen Con 2017 Preview | BoardGameGeek

来年国内販売されるかは全く不明だけど、紹介しておいたら少しは可能性あがらないかしら・・・(あがらないかw)

 

ほとんどコモノの備忘録だから、セレクトは偏っているのをご承知おきいただきたい。

では気楽にいってみよー。

続きを読む

【プレイレビュー】ルーンバウンド第3版:ぼっちのための冒険譚vol.2「テリノスの大地に流れるのは冒険者の涙か、あるいは竜の血か。(マーガスの再来編:アクト2)」

やっほー。コモノだ。

 

今日はルーンバウンド第3版プレイレビューの後編、ぼっちのための冒険譚vol.2「テリノスの大地に流れるのは冒険者の涙か、あるいは竜の血か。(マーガスの再来編:アクト2)」をお送りするよ!相変わらずタイトル長くてすみません。前編に続き後編はシナリオラストに向かってのレビューをお届けする。前編と同じくネタバレが要所にあるので、お嫌な方はそっと目を閉じて読んでほしい。

 

さて前編ではローレルの成長が目まぐるしく、かたや勇者の誉高かったホーソーン卿はほとんど見せ場がなく、冒険はアクト2(時間トラック2周目)に突入したぞ。

 

旅立ちの時を記した前編はコチラ。

www.comonox.com

 

ホーソーン卿の巻き返しはあるのか?このままローレルが勇者の栄光を手に入れるのか?コモノ的にはもう少し盛り上げたい!盛り上げたいのだがどうにもならないホーソーン卿に、憐憫の情も湧いてきている。

 

さ、ラストに向かって後半戦。

レッツラゴー(゚∀゚*)゚

 

 

〈それぞれの旅路・マーガスの復活〉

アクト2になった時に、処理をしなければならないイベントがある。

それが。

f:id:comonox:20170820090054j:plain

ドラゴンロード、マーガスの復活だ!

続きを読む

【プレイレビュー】ルーンバウンド第3版:ぼっちのための冒険譚vol.1「コモノ、テリノスの大地に勃つ。(マーガスの再来編:アクト1)」

やぁ、コモノだ。

 

巷ではドラクエ大流行り中だな。すっかり大人になった今でも遊んで見たいなと思うんだが、子供心に思っていた大人の姿と、今の自分はギャップありまくりの今日この頃だ。それでもふっかつのじゅもんを久しぶりに唱えてみたいので、ドラクエは遊びたい。

ただドラクエに心惹かれるものの、ボードゲームにハマり中のコモノとしてはそんなに優先順位が上がってこない。ドラクエをもってしてもその座を譲らないボドゲってなんなんだろうね?しかもボードゲームではかなり亜流のぼっちプレイが多いのに、相変わらずコモノの心は深夜のダイニングテーブルにあるぞ。

 

今日は先日開封した「ルーンバウンド第3版」冒険譚の第1弾。ようやく先日マーガスの再来を遊ぶことができたのでプレイレビューをお届けするよ。ドイツゲームとはまた違った趣で楽しさ満点のRPGアドベンチャー、ドラクエ好きなら楽しめると思う。

 

www.comonox.com

本来は「プレイ人数:2人〜」となっているルーンバウンド第3版、今回も一人二役というイレギュラープレイでお送りする。感想としてはアリなのだが、邪魔をしあったり殴りかかったりというお楽しみプレイは出来ないのでその点はお読みいただいた方のご判断にお任せしたいぞ。

 

ではレッツスタートッ(゚∀゚)!

 

〈冒険の準備〉

下準備はファーストレビューを参考にしていただくとして、一人二役なのでプレイするヒーローを2名選ぶ。今回はマーガスを倒すのが目的なのだけど、誰が相性がいいのか全く見当がつかない。そんな時は「とにかくボコって推す」が信条なので、ファーストレビューでもご紹介したこの二人をチョイスして遊ぶよ!

 

・深紅の森のローレル

孤高のエルフ、戦闘のスペシャリストの模様。

f:id:comonox:20170819205515j:plain

かっちょよい。

 

・ホーソーン卿 

自身が伝説になろうとしているかのような勇者。

f:id:comonox:20170819205531j:plain

ミニチュアが超好み。

 

この二人が競ってマーガスを倒すために冒険に出るのだ。肉弾戦ならホーソーン卿めちゃ強いのだが、スキルの幅はローレルがちょっと有利。プレイヤーVSプレイヤーは今回選択せずに遊ぶつもりなので、個々が経験を積みながらマーガスをぶっ倒しに行く感じだな。

 

カード類のセットではシナリオ専用のカードがあるので注意が必要だぞ。選択したシナリオの物語カード、アドベンチャーカードを通常のカードに加えよくシャッフルしてまとめる。ボード状にアドベンチャーマーカーなどのマーカー類を配置したら準備は完了だ。(超ざっくり)

f:id:comonox:20170819095824j:plain

テリノスの地に不吉な声が轟く夜、いざ冒険の旅が始まるのだ!

 

【目次】

  • 〈冒険の準備〉
    • ・深紅の森のローレル
    • ・ホーソーン卿 
  • 〈冒険の始まり〉
    • ・ローレルの旅(探索アドベンチャー➡︎移動➡︎調査)
    • ・ホーソーン卿の旅(移動➡︎戦闘アドベンチャー)
    • ・ローレルの旅②(移動➡︎戦闘アドベンチャー)
    • ・ホーソーン卿の旅②(移動➡︎休息➡︎お買い物)
    • ・物語カード
    • ・ローレルの旅③(移動➡︎アドベンチャー)
    • ・ホーソーン卿の旅③(移動➡︎探索アドベンチャー)
    • ・ローレルの旅④(移動➡︎探索アドベンチャー)
    • ・ホーソーン卿の旅④(移動➡︎戦闘アドベンチャー)
    • ・ローレルの旅⑤(移動➡︎特別クエスト調査×2回)
    • ・ホーソーン卿の旅⑤(移動➡︎クエスト)
    • ・アドベンチャートークンの復活
    • ・ローレルの旅⑥(移動➡︎探索アドベンチャー➡︎移動➡︎調査➡︎戦闘アドベンチャー)
    • ・ホーソーン卿の旅⑥(移動➡︎交流アドベンチャー)
    • ローレルの旅⑦(移動➡︎戦闘アドベンチャー)
    • ・ホーソーン卿⑦(移動➡︎移動➡︎移動)
    • ・アクト1の終了
  • 〈まとめ〉
続きを読む

【ボードゲーム】「Massive Darkness」ファーストレビュー:後編 いささか冷静さを取り戻しつつ、巨大な暗闇に思いを馳せるオトナな夜。

やぁやぁコモノだ。

先日はちょっとテンションがおかしかったな。反省している。年甲斐もなくミニチュアに「うっひゃぁぁぁぁl!」とかなっててゴメン。

 

Massive Darknessファーストレビュー前編はコチラ

www.comonox.com

 

深夜に書いた記事を振り返って見たら少しだけ頬が赤くなったので、今日はちょっと冷静だ。もはや過去記事なんて全て見返した日には、どこか遠くに旅に出る事になろうかと思うのでお許しいただきたい。ま、そんなにいきなり変わることは出来ないから相変わらずかもしれないが、たまには真面目な記事も書いて見ようとふと思ったので、一応記しておくぞ。いつになるかは定かではないがオトナな文章ってやつを書いてやるからちょっと待っておくがよろしいな。(今日ではない)

 

先日の「Massive Darkness」ファーストレビュー前編の続きを今日はお届けしたいと思う。ストレッチゴールのご紹介までたどり着くことが出来ずに終わった前編。なんとか3部作にならないよう、今日は残りの追加ボックスについてサクサクご紹介していく予定だぞ。残すはストレッチゴールのみなので、今日はほとんどミニチュアのご紹介になるな。ゲームの中でやはり気分を盛り上げてくれるミニチュアだが、コモノの子供時代にあったメタルミニチュアよりも最近のミニチュアは精度も高くて表情もなんだか優れたアイテムになってきている気がするな。

 

少しだけ控えめに、ただやっぱりテンション上がってきちゃったのでいつもの調子で「Massive Darkness」ファーストレビュー後編をお届けするよ!

 

ヒャッッハー!!!

 

〈KIckstarter Exclusive〉 

「Exclusive」は限定の、とか限られた、って意味らしい。ようはKickstarterでバッカーズ限定としてくっついてくるオマケみたいなモノだ。Massive Darknessはこのオマケミニチュアがかなりカッチョいいのだよ!

 

こちらがKickstarter特典のボスモンスター達だ。全部で7体もいる。 

f:id:comonox:20170813234753j:plain

もうどれが出てきても死ぬな(笑)。

続きを読む

【ボードゲーム】遂にあの「Massive Darkness」が届いたよ!豪華なミニチュアにテンションがヤバい事になっているファーストレビュー:前編がこちら

ども、コモノっす。

 

遂にぃぃぃぃぃ 

届いたよっっ(◎д◎))!!

 

昨年の夏、夢にうなされたかのようにポチったコモノ人生初のKickstarter案件。このゲームがなければ、和訳もないボドゲには手を出していなかったに違いない罪作りなボードゲームに出会いました。

www.comonox.com

「巨大な暗闇」という人生そのもののようなタイトルを持ち、ダンジョンとモンスターという男子の浪漫(震え)要素が満載で70体を超えるミニチュア達が冒険者を待つという、もはや萌えしか感じられない贅沢な設定。1年という長き期間を経てもなおコモノの熱が冷める事はなく、到着をずっと心待ちにしていたボードゲーム、その名は「Massive Darkness」

 

〈Massive Darkness〉

www.kickstarter.com

 

今日は遂にみなさまにその開封レビューをお届けできることがコモノは嬉しくてなりません。 箱を開け、ミニチュアでハァハァ言いながら検品がてら、巨大の闇の中をみなさまへチラとお披露目いたしますぞ!

 

【目次】

  • 〈開封!〉
    • ・コアボックス
  • 〈コンポーネント〉
    • ・ダンジョンタイル
    • ・トークン類
    • ・プレイヤーボード(ヒーローダッシュボード)
    • ・カスタムダイス
    • ・カード類
    • ・クラスシートパッド
  • 〈ミニチュア類〉
  • 〈前編まとめ〉
  • 〈おすすめの記事〉
続きを読む

【欲しいモノ】終わりなき欲望との戦い。夏空に散るのは恋ではなく財布なのだ。「パンデミック:レガシーシーズン2」他、気になる予約情報!

やぁやぁ、コモノだ。

 

夏は好きではない。暑くてだるくてもともと無いやる気なんか全て吹っ飛ぶほどに気持ちが後ろ向きになるのだ。そういう夏だからこそ、室内にこもって遊ぶアイテムに意識が向きがちな今日この頃だが、またしてもコモノの心をウワッさウワッさ揺さぶる新作の情報が流れてきたぞ。 

 

そう、あの大人気シリーズ「パンデミック・レガシー」のシーズン2国内発売のアナウンスだ。来ちゃったな、遂に。今回は黄箱と黒箱だ。

パンデミック・レガシーは一度遊んだらもう2度と遊べないという中々ぶっ飛んだ仕様だが、もはやボードゲームというよりも一つのドラマを体験する熱いプレイで多くの人を虜にしている名作。その待望のシーズン2が遂に国内発売される!

続きを読む

【ボードゲーム】「グレート・ウェスタン・トレイル日本語版」キチャッター!牛と汽車コマ、その他3匹のオッさんが頑張る。

やぁ、コモノです。

 

欲しい欲しいわめき散らしておきながら、たいしてボドゲをポチれていないのは間違いなく財布が寂しいからです。夏なのにね。

さて、今日はアレクサンダー・プフィシュター作「グレート・ウェスタン・トレイル日本語版」が届いたので開封レビューをお届けするよ!

 

最初このボードゲームを見かけた時の感想は、、、

f:id:comonox:20170807142508j:plain

「おっさんが3人もいるやん。もっさいのぅ」

でした。ごめんなさい。ごめなさい。ごめんなさい。

 

だってさー、色気とか無いじゃん。おっさんじゃん。自分がおっさんになってからというもの、おっさんが近くにいると自らのおっさん化が激しくなるかもしれないじゃん?それって、辛い・・・・(。-з-)

 

ということで、全く初見では興味を持っていなかったので大して調べもしなかったコモノ。しかし全く別の角度からこのゲームに光があたりました。それはボードゲームデザイナー「アレクサンダー・プフィシュター」です。そう、グレート・ウェスタン・トレイル(GWT)のデザイナーは、あのA・プフィシュターだったのですよ!(◎-◎;)!!  

続きを読む

【プレイレビュー】こっそりPAX拡張(PAX:Nocturnus)ポチッちゃったので遊ぶ件。PAX:Nocturnusプレイするよ!

みなさま、Bonum vesperum.

コモノだ。

 

はじめてラテン語書いた。今日は以前ご紹介したPAXの拡張「Nocturnus」のご紹介だぞ。ラテン語とか書いちゃうと、ちょっと頭が良くなった気がするな。

f:id:comonox:20170804084637j:plain

左の袋に入っているのが今回の拡張セットだよ。カードとマニュアルだけのシンプル構成だな。

 

前回のPAX開封レビューはこちらだぞ。

www.comonox.com

 

なんで突然ラテン語かというと、拡張の名前になっている「Nocturnus」がラテン語なのだ。これまでのコモノの人生でラテン語なんて意識したことは殆どなかったけど、「こんばんわ」のラテン語が知りたくて調べてたら意外にも知ってるような言葉があった。例えば。

 

メメント・モリ(死を想え)とかな。

※中二病の弊害です。ぇぇ。。。

続きを読む

【ニュース】気になる夏のセール&ショップ情報。あのボードゲームが!あのボドゲが!初めてボドゲ買うなら今かもしれない件。

ども。コモノです。

 

先日に続き欲しいモノシリーズ第2弾です。ええ。

別にボドゲレビューをサボってるわけではないんです。ええ。

 

だってねー。セールとかですよ。セール。Amazonとか駿河屋ならいつもの事なのであれですけど、ボードゲームマニアではない方はなかなか利用しないと思われるボードゲーム専門店のECサイトがセールなんです。ビギナーからすると敷居が高いイメージの専門店、意外とそんな事ないんだよってお伝えしたい訳です。

 

コモノ、今日は過去にすごろくやさんのセールを逃した思い出(苦すぎる・・・)を胸に、たまにお世話になる2ショップのセールから個人的にオススメかつ、コモノが狙っているボードゲームをご紹介。過去このブログでとりあげたゲームも入っているので、過去記事も参考になれば此れ幸いに候。。。

 

どちらのお店も初めてでも安心してお買い物できると思うぞ!

 

 

〈テンデイズゲームズ〉

shop.tendays.jp

開店7周年記念セール

店頭セール:8月4日(金)~8月6日(日)
通販セール:8月7日(月)夜~8月10日(木)開店前まで

続きを読む

【欲しいモノ】8月のポチる夜。または遠くから聞こえる夏祭りの太鼓に踊るコモノの夜。

やっほー、コモノだ。

 

夏まっさかり、気分はどん詰まり、財布は厚みはただのお飾りみたいな8月がやってきたぞ。もはや3回韻を踏む事すらただのヲサンであるが、妙なテンションにでもならないと色々ままならない感満載の夏だな。

 

今日は最近あんまり書いてなかった、欲しいモノシリーズの夏バージョンだ。昨年書いていた記事に登場したボドゲもなんだかんだで手に入れてしまったので、ここで書いておけば来年の今頃までには手中に納めることになるかと思う。かれこれボードゲームを始めて1年あまり、なんでこんなに物欲が途切れず、かつ未だに欲しい欲しい病が治らないのか。その謎を解くにはきっと飽きるまで買い続け、遊び続けないとダメなんだろうという真実に気がついた。(ダメなやつ)

 

まだぼっちプレイが殆どだと言うのに・・・

 

そんなぼっちでも遊べそうなこの夏のセレクション、8月にポチる予定も含めて今日はお届けしておくよ!みんなも躊躇うなよ?

 

ではレッツラゴー。

 

〈グレート・ウェスタントレイル日本語版〉

8/5発売予定で現在絶賛駿河屋さんで予約中。とにかく安いのである。

 

予約:グレート・ウエスタン・トレイル 日本語版 (Great Western Trail)

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:75~150分
対象年齢 :12歳以上
デザイナー:Alexander Pfister

 

プレイ人数が2名からになっているので、通常ならお買い物優先順位としては下がるのだけど、GWTはポチる。絶対ポチる。なぜかと言えば!

続きを読む